SCP-566-JP
評価: +48+x
SCP-566-JP.jpg

岐阜県で回収されたSCP-566-JP。

アイテム番号: SCP-566-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-566-JPはサイト-8181の冷蔵機能を備えた低危険物収容ロッカーに保存してください。

日本全国のレジスターに設置された装置と注文伝票の監視システムにより、新たなSCP-566-JPの入荷及び購入記録は直ちに担当職員に通達されます。担当職員は該当する売り場に対してカバーストーリー「販売差止め-ストーリーパターン1〜23」を通達し、担当エージェントを向かわせてください。

SCP-566-JPはその構造上複数の人間に影響を及ぼす可能性があります。担当エージェントは販売されたSCP-566-JPを回収した後、個数の確認を怠らないよう注意し、欠けていた場合は全て追跡してください。

説明: SCP-566-JPは未知の手段によって全国のサービスエリアや土産物店に複数個配置される、「おばあちゃんのふるさとらんぐ・どぅ・しゃ」という文字と、老婆が囲炉裏でラングドシャを焼いているイラストが印刷された36枚の個包装のラングドシャが入った箱です。背面には一般的なものと同様の原材料、賞味期限、内容量が記載されており、製造会社の欄には「如来観光食品 加工食品流通課」の文字が印刷されています。この企業は公式には存在が確認されておらず、現在も捜索中です。商品の配送ルートから同企業を追跡する試みはこれまで成功していません。

旅行先でSCP-566-JPを認識した旅行者は、高い確率でSCP-566-JPを土産物として購入します。この反応は財団が指定する各種の強制力や認識災害に繋がる異常なミーム的能力によるものではなく、観光学的見地に基づいた値段、品質、内容量のバランス及び個包装やパッケージ・イメージングなどの商業的手段による、SCP-566-JPの観光土産としての価値の高さに由来する魅力によるものであることが確認済みです。

SCP-566-JPの異常性は、購入者からSCP-566-JPを分配され、それを摂食しかつ購入者の旅行に同行していなかった人間に発現します。この反応は購入者から分配されてさえいれば完全に摂食しなくても発生し、例えば1枚のラングドシャを分割して食べたり、胃内部に残留した未消化のラングドシャを摂食した場合、SCP-566-JPの影響下になります。購入者自身、一緒に旅行した家族などが摂食しても影響はなく、通常の食品と同じ反応を示します。

SCP-566-JPを摂食した人間は、摂食後すぐにSCP-566-JPの販売されていた地域を突き止めようとします。摂食からおよそ10時間以内に、摂食者はその土地に向けてなんらかの手段で出発し、そこに滞在するようになります。接触者を該当の土地に行かせないようにする実験では、一ヶ月以内に全ての摂食者が発狂するという結果に終わっています。

その土地に滞在し、時間が経過するにつれて摂食者はその土地に愛着を感じるようになり、3日以上滞在した場合ほぼ必ずその土地に移住します。移住した人物のそれからの行動は特に限定されないようですが、移住先への極めて高い執着心と無根拠な信頼が強く現れるようです。

SCP-566-JPはそれが配置される地域によってわずかに異なったものが発見されており、最も多い「ホワイトチョコレート味」とは別にこれまでに15種類の異なるパッケージが確認されています。

SCP-566-JPが回収された場所 味、及び備考
沖縄県石垣島川平湾沿いのコンビニエンスストア 塩味。
鹿児島県庁内売店 紫芋味。沖縄県においても同様の製品を回収。
愛知県刈谷市ハイウェイオアシス内直売所 八丁味噌味。付近のSAで同様の商品を数点確認。
愛知県JR名古屋駅 赤福味。中のクリームにこしあんが使用されている。
宮崎県の道の駅「おおすみ弥五郎伝説の里」内売店 薩摩黒豚味。原材料に豚の油を使用しているとの記載。
都内デパートにて開催されたご当地グルメフェアー内 野沢菜味・海ぶどう味・サクランボ味。ダンボール█箱を収容。
長野県茅野駅前ビルの売店 八ヶ岳爽やか森林風味。内容物は通常の味と完全に同一。
近畿地方全域 塩バニラ味。
北海道旭山動物園内売店「くまや」。 いくら丼味。「丼」の文字が強調されている。
奈良県近鉄奈良駅内の売店。 抹茶黒蜜味。食べやすいように5個ずつの小箱に分割されていた。
熊本県八代郡宮原SA売店 いきなり団子味。老婆が██とみられるキャラクターのコスプレをしながらラングドシャを焼いている。
東京都成田国際空港売店 ホワイトチョコレート味。ただし原材料に米粉を使用。
千葉県浦安市東京██████内売店「エンポーリアム」 塩バニラ味。老婆が████とみられる被り物を被ってラングドシャを焼いている。
サイト-8181休憩室 みかん味。休憩室に「愛媛に旅行に行って来ました。皆さんで食べてください」とのメモとともに放置。監視カメラの映像は謎のノイズにより解析不可。
栃木県佐野市「さのやすらぎの湯」内売店。 いちご味。内部の個包装に栃木県出身の芸人████がギャグを交えつつ栃木県の特産物を紹介するコラムが印刷されている。所属事務所に問い合わせたところそのような仕事を受注した記録はなかった。

補遺-インタビューログ

対象: SCP-566-JPの影響を受けて青森県██に移住した男性。対象の勤務する会社の同僚が出張の際SCP-566-JPを購入したことで、同社の同僚24名、掃除のアルバイトの女性1名が同地域に移住。対象は移住のための資金を得るために持ち家と土地、車2台、幾つかの宝石と指輪を売却、これにより彼は妻と離婚している。

インタビュアー:エージェント・ 黒津地

<録音開始>

エージェント・黒津地: こんにちは、よいお天気ですね。こちらの…荒れ…ええと…いや…畑、では、何をなさっているのでしょうか?

対象: マンゴーを埋めているのさ。きっと元気に育つだろう。

エージェント・黒津地: マンゴー……ですか。こちらでの生活は長いのでしょうか?

対象: これでも2週間前まではサラリーマンなんてやってたんだけれどね、ある日なんでかふと土の匂いがなつかしくなったんだ。ここに来たという同僚の話を思い出してね、有給をとってふらっと来てみたらどうだい、アッと言う間にこの土地の虜になってしまった。すぐに会社に退職届を叩きつけて、向こうで持っていた家も全部売っぱらって、ここに土地を買ったんだ。

エージェント・黒津地:…結構でございますな。以前の職場の方や、その、家族の方々には反対されなかったのですか?

対象:そりゃあヨメとムスコには大反対されたさ!“何を馬鹿なことを言ってるの!まだローンだって…”って目を釣り上げてね。…いつまで経ってもそんな俗物めいたことを考えているから、アイツらはあんなところに残ったんだろうなぁ。ゴミゴミした街、ギュウギュウ詰めの人…ハハッ、それに比べてここはどうだい!決して豊かではないが、ここには自由がある!青い大空と、肥沃な大地、夢が、希望があるじゃないか!ウフフ、そこンところがわかってない、だからあんなところにしがみついちゃってんだよなぁ、アイツらは…

エージェント・黒津地:……左様ですか。……ありがとうございました。…それと、勅使河原さん[同様に移住した人間]のお家を教えていただけませんか?少し伺いたいことがあるので…

対象:……さあね。ちょっと分からないな。この辺にはまだ詳しく無いんだ。

エージェント・黒津地:はぁ、そうですか。ありがとうございました…あと、ここでマンゴーを作るのはやめた方がよろしいかと思いますよ。

対象:いやいや、大丈夫さ!この土地の土は栄養がたっぷりだからね!ちょっと寒いけど、元気な土さえあれば、なんだって育つよ!それにマンゴーも宮崎県から取り寄せた最高級のものを埋めてる!大丈夫、大丈夫さ!…絶対にね!!田舎、最高!


<録音終了>

終了報告書: その後のエージェント・黒津地の調査で、対象の耕していた畑に死体となった勅使河原氏が埋められているのが発見されました。金品及び通帳が強奪されており、土地を購入する資金に足りない分を埋め合わせたと見られています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。