SCP-569
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-569

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-569は生物科学研究サイト-66に収容されています。収容されているSCP-569の個体は、研究下でない時は 1 m3の鋼鉄製の枠箱で密閉され、氷水浴槽に浸されることになっています。もし収容が破られたなら、攻撃的な個体はエアロゾル化させた液体窒素を使用することで無効化されることになっています。無抵抗の個体は収納枠箱に集められ、枠箱に戻されることになっています。

SCP-569によって負傷した人員は、影響を受けた表皮の切除によって治療されるでしょう。ひどく影響を受けた人員は解雇されます。興奮したSCP-569によって生産された物質は、粉にされ、サイト建設に利用されることになっています。

説明: SCP-569は生きていて、身体から離され、浮いている、46の人間の顔の集合に見えます。全ての顔は同じで、40代後半の禿げた男性のようです。分析により、SCP-569はシラコーガ大理石から彫刻されて居ることが判明しました。他に異常な材料は存在しません。

SCP-569は通常平均10mくらいの高さを散漫的に集まりあてもなく浮かびます。それぞれ、はっきりとした喜びから相当な苦悩まで、複数ある同一の表情にランダムに変化します。変化に対するパターンや明確な理由は見つけられないかもしれません。それらは単なるランダムであると仮定されています。さらに、SCP-569は温度の差異に反応を見せます。摂氏4℃以下では不活性となります。

SCp-569attack.jpg
興奮状態のSCP-569の個体、壁に向かって材料を発射している

もしSCP-569を人間が襲うか、その視界で突然移動し向かってきていると知覚するか、または突然大きな音がすぐ近くでした場合、影響を受けた個体は変形します。さらには興奮状態になり音や攻撃の原因を破壊しようとします。この変形の目撃者は表面が次第に薄れて、人間の頭蓋骨の形になったと言っています。そして目標にカラフルな材料スプレーを一般的な方面で発射します。この材料は有色大理石に急速に固まり、目標を重く、尖った殻で覆うでしょう。

SCP-569から生産された大理石は、SCP-569を構成するシラコーガ大理石と化学的に類似していますが、様々な色を出すために単純な色素が含まれています。さらに色のついた部分は、大理石の固形板と融合しています。継ぎ目、割れ目、あるいはそれらに類似する構造欠陥は定着後存在しません。SCP-569は目標が完全に包み込まれるまで、この材料を目標に発射し続けます(材料は目標の表面に分子レベルで融合します)。この時点で個体は穏やかな集団に戻り、あてもなく浮くことを再開します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。