SCP-57577-JP-J
評価: +26+x

定めるは 詠う習わし 五七五 七七続き 遊む戯れ
 
中程に 孕む危険を 含めたり 故にこの位置 みちの標に
 
人手にぞ 渡る事無く 封じ込め 虎の巻なる 轍の縛め

57577.jpg

平安の 希に無くした 季語の句が 国境なく 末広がり 平成の 鶯鳥が 今昔 櫻の枝に 雅な調べ

口任せ 流行り広がる その噂 三千世界 糸遊手繰る
隠れ部屋 集い番人 明け鳥 万の地にぞ 立ち番光り
目を見張り 逃したまうな あやかしの ねずみ算式 天井知らず
腐草の 罷り出でるは 諸人を 疾く殺めては 虚ろい任せ
家人には 病魔騙りて 念押しに 忘れな草の 知らぬが仏
 
その品の 喚起を模して 語りけり 以下に記すは 真の記録
瞭然の 奇々怪々を 眼前に 妖術変化 やまと撫子
鬼憑かれ 祓い退け 無意味なる 忘らるるひと たちの刃に
椿花 有無を云わさず 転び落ち 咎有り為せる 屍山血河を
孤し場所 座敷牢屋の 鉄格子 用心棒に 金棒持たせ
御座にぞ 八一八一の 要石 那由多の時を 苔の生すまで
然れども 身を尽くしても 人の世に 障る口数 鐘の音鳴らし
手の平に 巣食い洩れるが 顛末に 中のくらいに 留め続ける
 
橙の 益荒男達に 試し斬り 話し言葉よ 右に一列
決まり云う 三十一の 色数多 気になるべきは 見え知る文字と
ここりさま 誰ぞ嘯く 好きな儘 過ごす日々にぞ 数の縛め
口遊む 禁忌になりて 模す人よ 三一文字の 流行やまいに
無辜人の 落葉積り 篝火の 骨の増えるは 白衣の君ぞ
 
殿に 強く記すは 老婆心 災いを識り 糧とするべし
ひんがしの 楼閣並び 界隈に 究め寺小屋 掌にて
細れ水 溜まりを帯びて 水流となり 濁流猛り 天逆鉾
学びとを 介して走る かまいたち 鶯女 いろはの武士へ
備えるは 聞かざる真似て 唖の君 古兵の 疾風圧し獲り
匕首に 鍔せり合いが ちはやぶる 血塗る瑕にぞ 沈むくれなゐ
根の國に 諸人たちを 送るべく 鯨幕にぞ 死路の旅かな
出でる里 残し者にぞ 伝わるは 虚ろ出任せ 千尋に響く
 
水泡に 帰るが如く 散りし種 振り袖逢うは 随に流れ
枝分かれ 四方に乱れて 限りなく 押しては返す 根無し草かな
さるお方 隙間風にぞ 首を振り いずこか娑婆に 怪の源
慙愧むけ おもむき品を 蒐めたる 隠居暴いて早馬の足
人攫み 玻璃の鏡に 映せども 御免被る 無花果の花
日ノ本の 龍の島にぞ 隠れたる 春告鳥が 一二三の禍根
目を凝らし 忍ぶ黒衣に 命じたる 虎の巻にぞ 従いたまえ

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。