SCP-579
評価: +5+x

アイテム番号: SCP-579

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-579は目下のところサイト-62C(収容に関与していない人には不要と考えられています)にあり、収容所は主要サイトであるサイト-██から約80㎞の位置にあります。サイトはSCP-579の居所と収容スタッフの住居といった建物からなります。SCP-579は[データ削除済]で造られた30m×30m×30mのユニットに箱詰められており、電磁石を用いて永久に活動を停止させられています。サイト-██は、全ての通知と報告がなされることになっている最高司令部の強硬路線が敷かれています。スタッフは2つのチーム(それぞれ17人のレベル1職員、3人のレベル2職員、1人のレベル4職員からなります)が隔週で交替しています。

全ての機器はそれらの継続的機能が確実に働いているか30分ごとに調査されます。どんなに些細な特性の変化も直ちに最高司令部に報告されることになっています。機能の中央範囲から0.2%を超えて記録した、または機能の失効やエラーを表示した全ての機器や電子装置は、アクション326-Israfilが自動遂行されます。最高司令部への定期報告書は一時間ごとに作成されることになっています。報告書が予定時刻の7分以内に受理されない場合、アクション10-Israfil-Aが実行されます。

上で厳密に記された概要以外のいかなるSCP-579に関わる措置も、絶対になされることがありません。

説明: [データ削除済]

補遺 [579-001]:

アクション10-Israfil-A: ドア、窓、その他サイト-██から脱出可能な全てを封鎖し、サイトの中もしくは外へ人員が移動するのを予防してください。アクション10-Israfil-Bに必要なチームと資源は、準備され所定の位置に移動されることになっています。

報告書が正しい時刻に最高司令部に受理されるならば、または機器や電子装置が通常状態に戻ったならば、最高司令部は"警戒解除"(“All-Clear”)声明を発令します。アクション10-Israfil-A発動後7分以内にそのような声明が受理されなければ、アクション10-Israfil-Bを実行します。いついかなる時もSCP-579の近くの機器や電子装置が著しいエラーや通常機能からの逸脱を見せ始めたら、ただちにアクション10-Israfil-Bは実行されなければなりません。

"警戒解除"声明が発令した場合、更に異常なく72時間が経過するまでサイトの封鎖は継続され、アクション10-Israfil-Bチームは待機しなければなりません。

アクション10-Israfil-B: サイト-62の出入り口(SCP-004)は破壊されなければなりません。サイト内の人員、施設関係なくこれは遂行されなければなりません。出入り口の残骸――もしくは破壊が不可能であった場合は出入り口自体――はSCP-579と同様の措置が取られることになります。その後、最高司令部は更なる指令を出します。

補遺 [579-002]:

アクション10-Israfil-Bが成功した場合、SCP-579に関する全ての封印された文章はアクションに関わった全ての人員に対し公開されます。文章の範囲内での手続きの概要は、(必要に応じて非常事態計画と共に)追従される事になっています。アクション10-Israfil-Bの強制執行に成功した場合でさえ、1年以内に概算した場所で[データ削除済]が発生するので注意してください。

SCP-███、いかなる反財団組織や公共団体、そして[データ削除済]がSCP-579のいかなる能力についてでも言及したなら、ただちにアクション10-Israfil-Aが計画通り実行されることを推奨します。

アクション10-Israfil-Bに失敗した場合、もうそれ以上必要な行動はありません。[データ削除済]

補遺 [579-タイムライン]:

出来事 0: SCP-579が発見される。出現地点は[データ削除済]

出来事 1: SCP-579の最初の評価が着手される。[データ削除済]

出来事 2: SCP-579が不注意にも出現地点から取り除かれる。[データ削除済]

出来事 3: [データ削除済]

出来事 4: [データ削除済]

出来事 5: [データ削除済]

出来事 6: [データ削除済]

出来事 7: [データ削除済]

出来事 8: SCP-579の収容に成功。[データ削除済]

出来事 9: SCP-579がサイト-04に移される。[データ削除済]

出来事 10: 収容に失敗。サイト-04は喪失。[データ削除済]

出来事 11: SCP-579の収容に成功。[データ削除済]

出来事 12: SCP-579がサイト-31に移される。[データ削除済]

出来事 13: 収容に失敗。サイト-31は喪失。[データ削除済]

出来事 14: SCP-579の収容に成功。[データ削除済]

出来事 15: SCP-579がサイト-26に移される。[データ削除済]

出来事 16: 収容に失敗。サイト-26は喪失。[データ削除済]

出来事 17: SCP-579の収容に成功。[データ削除済]

出来事 18: SCP-579の破壊が試みられる。失敗。[データ削除済]

出来事 19: SCP-579の破壊が試みられる。失敗。[データ削除済]

出来事 20: SCP-579の破壊が試みられる。失敗。[データ削除済]

出来事 21: SCP-579の破壊が試みられる。失敗。[データ削除済]

出来事 22: 収容に失敗。[データ削除済]

出来事 23: [データ削除済]

出来事 24: [データ削除済]

出来事 25: SCP-579の収容に成功。[データ削除済]

出来事 26: SCP-579が出現地点付近に移される。[データ削除済]

出来事 27: SCP-579を出現地点へ戻す試み。失敗。[データ削除済]

出来事 28: SCP-579を出現地点へ戻す試み。失敗。[データ削除済]

出来事 29: SCP-579を出現地点へ戻す試み。失敗。[データ削除済]

出来事 30: SCP-579を出現地点へ戻す試み。失敗し、出現地点が失われる。[データ削除済]

出来事 31: 収容に失敗。[データ削除済]

出来事 32: [データ削除済]

出来事 33: [データ削除済]

出来事 34: [データ削除済]

出来事 35: [データ削除済]

出来事 36: SCP-579の収容に成功。[データ削除済]

出来事 37: SCP-579がサイト-██に移される。[データ削除済]

出来事 38: SCP-579は以前は気付かれなかった変化を経験、[データ削除済]と関係してるものと思われる。収容手順に起因していないと固く信じられているが、収容は継続。[データ削除済]

出来事 39: 最高司令部はサイト-██の封鎖を発令。[データ削除済]

出来事 40: エージェント███-█が現在の収容計画を発案。[データ削除済]

出来事 41: サイト-62Cが構成される。[データ削除済]

出来事 42: SCP-579がサイト-██に移され[データ削除済]

出来事 43: 最高司令部はSCP-579の収容に不要な全ての情報を封印。SCP-579に関わる情報漏えい防止のためのエージェントの終了は不要とみなされ、そのような7名のエージェントは残される。将来起こるだろうSCP-579関連の出来事に備え、前述のエージェントはアドバイザーとして雇われる。[データ削除済]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。