SCP-598
評価: 0+x
SCP-598
SCP-598の収容域は色のついたカメラレンズと画像編集ソフトによって感性範囲から変色しました。無加工のSCP-598の写真は禁止されています。

アイテム番号: SCP-598

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-598はBehrブランドの"真珠色"のペンキでしっかりと塗られた5×5×5の部屋に収容されています。床も同様です。部屋全体を照らせるように天井に3つの照明が設置されます。この照明は毎日24時間点灯させ、停電が生じた場合は予備電源で点灯させます。部屋は毎日、カビまたは染みがないか検査され、発見された場合は即座に除去します。

SCP-598の部屋の外には常に2名のレベル2警備員を配置します。レベル2アクセスのすべての職員は監督のもと、SCP-598と制限なく接触することができます。すべての被験者は接触の前後に検査を受け、その後不定期に精神分析を受けます。

監督官からの許可がない限り、ナイフ、メス、鏡、皮すき、カメラといった道具は制限されます。

説明: SCP-598は部屋全体を覆う黄色の知的な影です。ペンキやクレヨンなどでのSCP-598を複製する試みは失敗しました。実験を通してSCP-598の特性と色調や濃淡(光の濃淡の違いは、暗闇を除いて、SCPの感性に影響を与えません)との関係はないが、色(光源に色のついたフィルタを覆うと影響は解消されます)に依存することが判明しました。

SCP-598は近くの環境の視聴覚刺激を処理することは出来ますが、話せないし、自主的に動くこともできません、また通常の感覚でコミュニケーションを取ることもできません。しかし、SCP-598はテレパシーがあり、精神的な会話を長時間することができ、音楽、芸術、科学といった話題を楽しみます。SCP財団に対してわずかながらの興味を示しますが、これは現在の環境からであり、悪意ある理由からではありません。

SCP-598は肉体を持った有機体ではないので、生きるのに動く、成長する、食べる、眠る、排泄を必要としません。コンピュータ、ビデオ録画、鏡等でSCP-598の色を正確に複写するとSCP-598になります。

SCP-598の4m以内で短波ラジオを流すと興味深い現象が発生します。SCPは圏外の局を取り上げ、別の雑音を放送します。

現在、下記のものが記録されています:

  • 狼のような遠吠え
  • 鯨の歌
  • 蛙の鳴き声、昆虫の音で何度も中断されます
  • 発生源不明の低いハミング
  • 調子の高いチャーピング、蝙蝠の鳴き声を人間の可聴域にした音

SCP-598はこの音をどこから発生しているのか分かっていないようですが、部屋に置かれたラジオと合わせた周波を楽しみます。音は無作為に変化し、何時間も続きます。

補遺:

███████████博士によりSCP-598のサンプルをSCP-085に紹介する提案がされました。監督官とすべての関係者からの承認は未定です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。