SCP-598-JP
評価: +46+x

アイテム番号: SCP-598-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-598-JPはカバーストーリー「再開発」を用いて、民間人の立ち入りを防いでください。SCP-598-JPに繋がるすべての道路には最低1名の警備員を配置してください。研究目的でSCP-598-JPに立ち入る場合には、極力現金を所持しないでください。必要最低限の現金を所持してください。窃盗の前科があるDクラス職員を決して実験に用いないでください。

説明: SCP-598-JPは██県██市に所在する商店街と広場、およびその内部で生活する人型実体(以下、SCP-598-JP-1)です。SCP-598-JPに侵入した人間は、SCP-598-JP内で販売している商品(以下、商品)を「珍しいもの」「ここにしか売っていないもの」であると感じ、購買意欲を強く刺激されます。実際、商品はSCP-598-JP以外では販売されていないものがほとんどですが、非常に高価です。これまで商品自体に異常性は認められていません。

商品を購入した人間は、SCP-598-JPを出た直後、不必要なものを買ってしまったことに対する気分の落ち込みなどを感じますが、一週間程度の間隔で定期的にSCP-598-JPへ向かい、商品を購入するようになります。これは説得や軽度の拘束によって制止することが可能であり、一度制止すれば影響からは解放されます。適切な対処を行わない場合、最終的に購入者は全財産を商品の購入に費やし、窃盗や強盗などの犯罪行為に至ります。

SCP-598-JP-1がSCP-598-JPの外部へ移動することはありません。また、商品を運搬する卸業者などの存在は今まで確認されておらず、すべての商品はSCP-598-JPの各商店・移動販売車内で生成されていると考えられています。

以下はSCP-598-JPで確認された商品の一部です。完全なリストは文書598-JP-いを参照してください。

商品名 概要 価格 販売場所
キラキラ包丁 セラミックナイフに電極とLED電球が埋め込まれており、 食品を切ると電解質と反応して七色に発光する。 19800円 金物店
焼き芋(ソーダ味) 未知の方法によってサツマイモに炭酸飲料が浸透された焼き芋。Dクラス職員に摂食させたところ、「芋の味と炭酸が合わず、美味ではない」との回答が得られた。 800円 広場前 移動販売車
ひみつペン ブラックライトを当てると七色に発光するボールペン。未知のインクが充填されており、成分は分析中。 680円 文房具店
「生命の始まり」特別盤 動物の交尾のシーンのみを撮影したDVD。特典ディスクとみられるものが付属している。 238000円 ビデオ販売店
「██もん」ペン 「██もん」というキャラクターのキーホルダーが取り付けられているサインペン。SCP-598-JPのマスコットキャラクターであるとみられ、関連商品が多数確認された。 1000円 文房具店
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。