SCP-604-JP
評価: +11+x

アイテム番号: SCP-604-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-604-JPは対電磁加工済みの保管室に保管されます。当該保管室にはセキュリティクリアランスレベル3以下の職員が立ち入る事は禁止されています。Dクラス職員以外によるSCP-604-JP-1の閲覧はいかなる理由があっても許可されません。

説明: SCP-604-JPは、不明なメーカー製のUSBメモリです。外見上は一般的なUSBメモリとの差異はなく、また一般的なUSBメモリと同様にコンピュータに接続する事が可能ですが、20██年現在の技術では不可能な大容量1を有しています。

内部にはおよそ████TBのデータ(以下SCP-604-JP-1)が記録されています。SCP-604-JP-1自体は意味を成さない膨大な文字列であることが判明しています。確認された限り、SCP-604-JP-1は認識災害を引き起こします。SCP-604-JP-1により引き起こされる認識災害は確認された例としては

  • 頭部を不要な存在であると認識し、可及的速やかにいかなる手段を用いても自らの頭部を除去しようと試みるようになる
  • 血液を不浄なものとの認識を得、自分の体内から少しでも多くの血液を排出しようと試みるようになる
  • 口から食物を体内に取り入れるのは不可能であるという認識を得、口以外の場所から食物を取り入れようとするようになる。当然不可能であるため最終的には餓死する

など、ほぼすべてが致命的な事態を引き起こすものである事が判明しています。なお、これらの認識災害には記憶処理は無効である事が判明しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。