SCP-606-JP
評価: +52+x
A%E6%8B%B7%E5%95%8F%E6%95%99%E4%BC%9A%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg

SCP-606-JP屋内の様子

アイテム番号: SCP-606-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-606-JPの敷地は、対人センサー付きのフェンスで覆われています。センサーの感知範囲に部外者が侵入した場合、カバーストーリー「補修工事」を用いて退去させて下さい。

実験許可の可否は、研究主任に一任されます。SCP-606-JP-1との接触は、Dクラス職員にのみ許可します。他クラス職員は、単独で屋内に入らないで下さい。
 
過失等の不測の事態により、被験者以外の職員がSCP-606-JP-1に遭遇した場合、絶対に提案を了承してはいけません。警備員は直ちに屋内に突入して、SCP-606-JP-1との会話を中断させて下さい。

※201█/█/██追記、現在SCP-606-JP-1は出現できない状態ですが、収容及び経過観察は続行して下さい。

説明: SCP-606-JPは██県██市郊外の緑地帯に存在する、キリスト教の教会堂と推測される建造物です。サイズは約30×23×12m、身廊と翼廊が交差して十字架を模しているいわゆるバシリカ型で、その他の建築要素もおおむねキリスト教会堂の建築様式に則っています。正面玄関口にラテン語で”聖カタリナ告解教会”と記されていますが、市役所や日本キリスト教協会などいかなる組織にも記録はなく、現地調査や周辺住民への聴取でも詳細は判明していません。
 
SCP-606-JPに入った人間(以下、入場者)が以下の条件を全て満たした場合、キリスト教の修道女のような服装をした人型実体(以下、SCP-606-JP-1)が出現します。外見上の年齢は20代、人種は白人とアジア系の混血に近く、目撃者の多くが「美しい、優しそう、神々しい」といった肯定的な感想を述べます。名前を尋ねた場合”シスター・カタリナ”と名乗ります。
 
SCP-606-JP-1出現条件:

1. 入場者が殺人罪、過失致死罪、強姦罪を犯したことがある(検証中、条件を満たす罪状が他にも存在する可能性あり)。
 
2. 入場者が単独である(出現中に第三者が屋内へ侵入した場合、SCP-606-JP-1は一時消失)。
 
3. SCP-606-JP-2(後述)内に入場者がいない。

 
SCP-606-JP-1は入場者に好意的な態度で接し、会話を交わしながら告解室に向かって歩きます。入場者は無自覚の状態で、その後を追うことになります。
 
告解室に入ると、SCP-606-JP-1は入場者の過去の犯罪を正確に言い当てます。そして、この教会で償いをすれば、被害者に与えた損害を現実改変的な手段で回復しようと提案します。明らかに物理法則から逸脱した内容ですが、入場者はその真偽を疑う様子を見せません。
 
提案を拒否した場合、SCP-606-JP-1は気が変わったらまた来るよう言い残して一時消失します。了承した場合、入場者はSCP-606-JP-1と共に転移させられます。
 
転移先は、約10×10×5mの石壁の部屋(以下、SCP-606-JP‐2)です。GPSがエラーを示すため、位置は不明です。内部には中世ヨーロッパで用いられた様々な拷問具が並んでいます。入場者は衣服を脱がされ、いずれかの拷問具に拘束された状態で現れます。
 
そして、SCP-606-JP-1は数十秒をかけて身体的特徴を変化させます。断片的な映像や、入場者の証言を統合すると”全身の筋肉が盛り上がり、ごわごわした黒い体毛に覆われ、身長は2.5mにまで伸び、額からは山羊のような角が生え、口は耳まで裂け、目は血のような赤”になり”修道女の服装だけは元のまま”と表現できます。
 
変化が終了すると、SCP-606-JP-1は入場者を拷問し始めます。SCP-606-JP-2内では、入場者が死亡することはありません。致命傷を負った場合、即座に完治し、別の拷問具に拘束された状態になります。そして、SCP-606-JP-1は拷問を続行します。入場者が中断を懇願した場合、心臓が消失した死体となってSCP-606-JPの祭壇に再転移されます。
 
どの程度の期間耐え続ければ償ったと認められるのか、本当に現実改変に類する現象が起きるのか否かは、未だ”償い”を完了した例がないため不明です。
 
現在SCP-606-JP-1はインシデント-606-JP(追加欄参照)の結果、出現できない状態です。
 
発見者のコメント: 諜報局監査部の要請で削除インシデント-606-JPを受け再開示されました

《インタビューログを元に編集》
 
咲沼博士(当SCP事案研究主任): どうやってあの教会を見つけたの?
 
エージェント・蒼井(SCP-606-JP発見者): 何、ただの偶然だよ。休暇中に、趣味の写真撮影のために緑地帯に入り込んだら、木々の間から突然現れたんだ。尖り屋根の十字架に西日が差す様が、実に荘厳でね。何枚か撮っている内に、中がどうなっているのか気になってきて……見ると、玄関扉は開いているし、ちょっとだけのつもりで覗いてみたんだ。

中はがらんとして、人影はなかった。派手ではないが重厚な装飾に、ステンドグラスから差し込む光。祈りの家の神聖な雰囲気に、思わず気圧された。興味本位で入る場所じゃないなと思って、引き返そうとしたら……声を掛けられたんだ。
 
「聖カタリナ告解教会へようこそ」ってな。
 
絶対に、一瞬前まで、そこには誰もいなかったのに。まるで、最初からいたかのようにシスター・カタリナ……ああ、SCP-606-JP-1だっけ。彼女が、祭壇の前に立っていた。覗きを謝る俺に、彼女は「教会は万人に開かれております」と言って微笑んだ。綺麗で、優しそうな人だったな。どことなく、あいつに似て……いや、何でもない。
 
趣味のことを話すと、快く案内してくれて……どういう流れでそうなったかは、よく覚えていないんだが……気が付くと、小さな部屋で彼女と差し向かいになっていた。そこが告解室、いわゆる懺悔を行う場所だとは、後で宗教関係に詳しい後輩から教えられたが。
 
そこで彼女は、俺の昔のあやまちを言い当てたんだ。
 
咲沼博士: あなたのあやまちとは?
 
エージェント・蒼井: すまない、それは言えない。監査部の機密に抵触する。まあ、当時の上司や、理事連中でもなきゃ知るはずがないことだとは言っておくよ。
 
彼女はこう続けた。「神は七度悔い改める者を、七度お許しになります。ここで償いをなさい。さすれば、神は……」俺のあやまちを帳消しにしてくれる、と。
 
咲沼博士: あやまちを帳消し……何かの例え?
 
エージェント・蒼井: いいや、文字通りの意味だ。その、例えばの話だが、人を殺したことがあるとしたら、被害者を生き返らせてくれるらしい。
 
咲沼博士: ……それを信じたの?
  
エージェント・蒼井: ああ、信じた。神様はともかく、現実改変が絵空事でないことは知っている。いや、知らなくたって、信じたと思う。彼女は真実を告げている。少なくとも、そう確信させるだけの何かが、その言葉にはあった。
 
咲沼博士: ”償い”というのは、具体的にどんなことを?
  
エージェント・蒼井: すまない、それは聞きそびれた。そこで、急に恐ろしくなって、教会を飛び出してしまって……。ぐずぐずしてると、彼女の提案を受け入れてしまいそうでな。

  
調査ログ‐606‐JP(抜粋): 全文は中央資料室██‐████区画に保管
 
第1次調査: 日付201█/█/██

目的: 予備調査。
手段: Dクラス職員3名を潜入させる。
結果: 6時間に渡って内部に滞在させるも、SCP-606-JP-1は出現せず。

第2次調査: 日付201█/█/██

目的: 発見時の状況から、入場者が単独でないとSCP-606-JP-1が出現しない、入場者の犯罪歴も出現条件に含まれるという仮説の検証。
手段: それぞれ犯罪歴の異なるDクラス職員を一名ずつ潜入させる。
結果: D-6192(罪状、詐欺罪)、出現せず。D-0592(罪状、強盗傷害罪)、出現せず。D-2986(罪状、殺人罪)、潜入直後、背後に突如SCP-606-JP-1が出現。

SCP-606-JP-1、D‐2986に話しかける。D‐2986、驚きつつも会話に応じる。 SCP-606-JP-1とD‐2986、天気などの当たり障りのない会話をしながら、告解室に移動。

SCP-606-JP-1とD‐2986、告解室に入室。SCP-606-JP-1、D‐2986の犯罪歴を指摘。“償い”をすれば、被害者を蘇生させようと提案。D‐2986が拒否すると、気が変わったらまた来るようにと告げ、SCP-606-JP-1消失。D‐2986、拒否した理由については「嘘を吐いているとは、微塵も考えなかった。断ったのは、どうせ1ヶ月あんたらの実験に付き合えば釈放してもらえるから」と述べた。

第3次調査: 日付201█/█/██

目的: SCP-606-JP-1出現条件の絞込み。
手段: それぞれ犯罪歴の異なるDクラス職員を潜入させる。SCP-606-JP-1の提案は拒否するよう、あらかじめ指示。
結果: D-3915(罪状、放火罪)、出現せず。D-7522(罪状、国家反逆罪)、出現せず。D-6130(罪状、麻薬取締法違反)、出現せず。D-2827(罪状、危険運転過失致死罪)、出現。D-8834(罪状、強姦罪)、出現。
 
〈中略〉
 
SCP-606-JP-1、D-8834の犯罪歴を指摘。“償い”をすれば、被害者が心身に負ったダメージを完治させようと提案。D-8834、指示に逆らい了承しようとしたため、警備員が突入。直後、SCP-606-JP-1消失。D-8834の処分は見送り。
 
研究主任のコメント: 入場者が1人でないと出現しないというのは、懺悔のスタイルに則っているのかもしれないわね。あれは司祭と信者が1対1で行うものだし。それにしても、出現条件の基準は何なのかしら。殺人、過失致死、強姦……強いて、共通点を挙げれば……人の努力では、償いようがないことかしらね。
 
付記: 咲沼博士、次回の調査から、被験者にSCP-606-JP-1の提案を了承させることを倫理委員会に申請。倫理委員会、了承時の反応を確認する手段が他にないという博士の主張を受け、申請を受理。

第4次調査: 日付201█/█/██

目的: SCP-606-JP-1の提案を了承した場合に見せる反応の確認。
手段: D‐2986(第2次調査に参加済み)を潜入させる。SCP-606-JP-1の提案を了承するよう、あらかじめ指示。
結果: 潜入直後、SCP-606-JP-1が出現。
 
〈中略〉
 
D‐2986が提案を了承すると、直後に両者共に消失。GPS、位置エラー。通信機、一瞬のノイズを経て、石組みの壁を撮影し始める。床が間近に写っており、画面の端にはDクラス職員支給制服が落ちている。識別票からD‐2986の物と確認。共に床に放置されていると推測。
 
《音声ログを元に編集》
 
咲沼博士: D‐2986、D‐2986、応答して。
 
D‐2986: な、何が起こった!? 何処なんだ、ここはよ!?
 
咲沼博士: 通信機を落としたの? 早く付け直して。
 
D‐2986: [じゃらじゃらという金属音]ば、馬鹿野郎、そんなことしてる場合じゃねえよ! 早く助け……。
 
咲沼博士: 落ち着いて。GPSは位置エラーよ。他に何らかの情報がないと、救助に向かえないわ。
 
D‐2986: わ、分かったよ、くそっ。窓のない部屋だ。いや、窓どころかドアもねえ。一体、どうやって入ったんだ? 気味の悪ィモンが一杯ある。顔が付いた棺桶だの、刺がびっしり生えた椅子だの、真っ赤に焼けた石が入った壺だの……魔女狩りかっつーの。いや、そんなことより、俺のことだよ! 素っ裸にされて、まな板の化物みてえな物に磔にされてんだよ! は、早く助けに……。 
 
※映像の壁に、SCP-606-JP-1のものらしき影が映る。
 
SCP-606-JP-1: 贖罪の間へようこそ。
 
D‐2986: あっ、このアマ、これはてめえの仕業か!? 一体何のつもり……。
 
SCP-606-JP-1: 信じております。あなたはきっと、神の試練に耐えて下さると。それでは……。
 
D‐2986: 聞いてんのか、早くこの鎖を……え? あ、え?
 
※振動と共に、SCP-606-JP-1の影が変形し始める。
 
未知の音声、後に変化後のSCP-606-JP-1と判明: 汝、罪ニ相応シキ、罰ヲ受ケヨ。
 
D‐2986: う、うわああ、ば、化物――っ!?
 
咲沼博士: D‐2986、状況を……。
 
D‐2986: な、何だそいつは!? まさか、そんな、や、やめろ、やめてく[悲鳴と共に何かが焼ける音]
 
※数分に渡って、D‐2986の悲鳴と何かが焼ける音が続く。
 
D‐2986: [嗚咽混じりに]も、もう、やめてくれぇ。
 
SCP-606-JP-1: 償イハ、マダ、済ンデオラヌ。
 
D‐2986: ギ、ギブだギブアップ! 命令されて仕方なく言っただけだ!
 
SCP-606-JP-1: ████(D‐2986の被害者)ヲ、生キ返ラセタクハナイノカ。
 
D‐2986: あんな女、殺されて当然だ! [不適切な表現]の癖に逆らいやがって! 俺は悪くな[呻き声と共に沈黙]。
 
SCP-606-JP-1: 汝、許シヲ得ル、資格ナシ。
 
《通信中断》
 
※ほぼ同時に、D‐2986の死体が祭壇上に出現。不明な手段により心臓が抉り出されていた。加えて、十数カ所に重度の火傷、熱した金属の拷問具が用いられたと推測。

第5次調査: 日付201█/█/██

目的: ”償い”を完了した場合に起きる現象の調査。
手段: D-8834(第3次調査に参加済み)を潜入させる。内蔵型のヘルスメーターを埋め込み手術済み。選抜理由・自身の犯罪を悔いており、なおかつ健康状態も良好。
結果: 〈前略〉
 
通信機、一瞬のノイズを経て、滑車や鎖が吊るされた天井を撮影し始める。
 
〈中略〉
 
D-8834、約4時間に渡って拷問されるも、継続を希望。ヘルスメーターは深刻な数値を表示。
  
《音声ログを元に編集》
 
D‐8834: ああ、私は、死ぬのか……。でも、これで、償える……。私に汚された少女達が、救われる……。
 
※ヘルスメーター、D‐8834の心拍停止を確認。数秒後、ヘルスメーターの全数値が正常値に戻る。
 
D‐8834: え? な、何が起き[悲鳴]。
 
咲沼博士: あら、ヘルスメーターの故障だったのかしら? D‐8834、何があったの?
 
D‐8834: け、怪我が治ってる! それに、いつの間にか刺付きの椅子に座らされて[呻き声]。
 
SCP-606-JP-1: 汝ノ罪ハ、アマリニ重イ。一度ノ死デハ、償エヌ。
 
D‐8834: なっ!?
 
SCP-606-JP-1: 耐エヨ、罪ガ許サレル、ソノ時マデ。
 
D‐8834: [悲鳴]も、もう無理、無理だよおおおおっ! やめてく[呻き声と共に沈黙]。
 
SCP-606-JP-1: 汝、許シヲ得ル、資格ナシ。
 
《通信中断》
 
※ ほぼ同時に〈中略〉加えて、背中から足裏にかけて無数の刺し傷。1回目の心拍停止時点までD‐8834は鞭による拷問を受けていたが、その痕は存在しなかった。
 
研究主任のコメント: 悔い改めているDクラスなんて滅多にいないし、今後の実験大丈夫かしら。

第6次調査: 日付201█/█/██

目的: 第5次調査の継続。
手段: D-8834と同条件のDクラス職員を潜入させる。
結果: 条件に適合する人材を確保できるまで延期。
研究主任のコメント: この際、やり遂げなきゃ終了だって脅して[倫理委員会の要請により以下削除]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。