SCP-609
評価: +8+x
platonicsolid.jpg

参照用に造られたSCP-609-1の変則的性質を持たないレプリカ

アイテム番号: SCP-609

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-609は、研究施設5のロッカーの内部の個別の遮光性容器に格納されることになっています。全ての人員は、明晰で集中した精神を保証するため、SCP-609-1の数を確認する前に94-Wegner-Gyatsoプロトコルを遂行しなければなりません。SCP-609-1の実体を発見したエージェントは、対象が格納されるまで直ちに視覚的コンタクトを遮断してください。██/██/██更新:SCP-609の保管場所を移動しました。現在は保管サイト32にて不透明な閉鎖されたビンに収納されています。

SCP-609-1の制御は皮肉過程理論1により著しく困難であるため、レベル2以上のクリアランスを持つ訓練を受けた研究者にのみ実験目的での視認が許可されます。

SCP-609-Aは第5研究施設の11番保管ロッカーにて保管されます。SCP-609-A文書の全体、または一部閲覧には、主任研究員の許可が必要となります。

説明: SCP-609は、直径57.15mmのアメリカン・プール式の同一の緑のビリヤードボールの集まりで、概念の非物質的顕現としてのみ存在すると信じられています。SCP-609から投射された実体は、SCP-609-1と呼ばれ、物理法則を超越しています。SCP-609-1はダメージを受けず、肉眼以外では検出不可能で、熱を伝導しません。その代り触ると常に冷たく感じます。

SCP-609-1は思考によって操作することができます。知恵のある生物がユーザーとしてSCP-609-1と直接視覚的にコンタクトしている時、移動、運動、複製、そして思い浮かべた場所への瞬間移動をユーザーの思考に従って行います。ユーザーは、SCP-609-1の外観を変更することができず、また実体を消すことができません。

SCP-609付属の文章(SCP-609-A、下記で記述)によると、SCP-609はプラトンのイデア論を完全に体現して存在しているようです。研究者の推測によると、SCP-609-1とSCP-609-1の概念そのものが一致しているため視覚化を通じてSCP-609を操作することができ、SCP-609-1が不変不滅のイデアの顕現であるためSCP-609-1が破損ないし切断されることはありません。

もし多数の観測者がSCP-609-1を同時に活性化させようとするなら、SCP-609-1の追加の実体が各観測者毎に現れます。この思考活性化による複製の結果、SCP-609は財団管理の下で激増しました。現在の概算については文章609-Aを参照してください。

観測者の視覚外のエリアにSCP-609-1が移転もしくは生成された時、SCP-609の完全な封じ込めを再確立するために回収ミッションが必要となります。SCP-609-1が回収された場所は以下の通りです:

  • 研究施設5のキッチン
  • 研究施設5の2階バスルーム
  • 研究員█████████のアパートのテレビの上
  • SCP-████が最近発見されたパサデナの倉庫
  • テレビシリーズ[編集済]のセット。封じ込め違反は収録中に起きました。事件の映像記録は没収され、全ての目撃者に記憶処理が施されました。
  • 補助研究者██████の前頭葉
  • 研究者██████████の乳房組織
  • 地球の月(現在回復及び回収不能)

SCP-609はそのパッケージであると考えられる黄色の箱と共に回収されました。箱には大きな文字で"ワンダーテインメント博士の存在論的6番ボール"と書かれています。ただし同じ製造会社から回収された他の製品と比較するとその活字は異なります。タイトルの下に小さく胸より上のプラトンの絵が"これは確かに実在する!"という吹き出しとともに描かれており、また身元不明のニヤニヤ笑いの女性が"因果律を受け入れなさい!"と叫ぶ絵も描かれています。緑のビリヤードボールがセロハン窓を通して中に見えます。

次の文章が背部に印刷されています:

やあ子供たち!君たちの体験が十分に信用置けるものか、本当は君たちの空想が現実で君たちを取り巻く環境が嘘の罠で張り巡らされてるのではないか、そう不思議に思ったことはないかい?そんな疑問はどうでもいい2 !この存在論の6番ボールによって、君はとてもホットで新たな玩具を想像から作り出せるんだ。出来ないことなど何もない

  • 浮きます!思いの力で大気の中に送ろう!
  • 飛びます!特に動かずにただ浮いてるだけだと思いましたか?もっとサルトルたれ3
  • どこにでも行けます!現実じゃ行くのが困難な場所を好きなだけ思い浮かべなさい。存在論の6番ボールはそこにあります!
  • 最高で最多の基本種類の現実を持っています!その形式を共有する他のすべての物体はこの根本的真理の不完全な影です!

君は作ったか?それとも君は作られたか?本末はデカルトしている!4これがサイコ―な玩具じゃないと思うなら、それはヒュームが冗談を言っているに違いない5

注意:使用するには組み立てが必要です。存在論的6番ボールの物理的なもしくは知的な誤用によって引き起こされた、負傷、事故、あるいは存在に関する吐き気について、ワンダーテインメント博士は一切の責務を負いません。ワンダーテインメント博士は独我論を支持しませんし、存在論的6番ボールの使用によってもたらされる不吉な含意はワンダーテインメント博士と共有する見方ではありません。存在論的6番ボールは宇宙時間に含まれません。存在論的6番ボールは忘れることも無知になることもできません。

著作権登録日、小売りステッカー、その他の識別情報はパッケージ上で存在しません。箱はSCP-609-1を含むようには意図されてないようです;セロハン窓を通して見える物体は、ビリヤードを意図してデザインされた折込チラシです。代わりに、SCP-609-Aと呼ばれる物体が封入されています。

SCP-609-Aは「ワンダーテインメント博士の存在論的6番ボール組立ガイド」というタイトルの、精神汚染災害を引き起こす32ページの小冊子です。最初のページは免責事項からなります:

注意:存在論的6番ボールを組み立てるか操作する前に、指示および警告を確実にすべて読んで下さい。不十分な、改変された、あるいは不適当な存在論的6番ボールの組み立ては、望まれない事態を引き起こす可能性があります。存在論的6番ボールによって、あらゆる物から隔離される、混乱する、孤独に陥る、または存在論的6番ボールだけが唯一確かな存在であると感じだしたら、すぐに遊ぶのをやめて休憩を取ってください。存在論的6番ボールそのもの、存在論的6番ボールに含まれる質料、または存在論的6番ボールの存在についての知識を所持することによって、存在論的6番ボールがもたらす偶然な、あるいは形而上的であるがゆえに必然な結果に関わるすべての責務を貴方自身が負うことを、また存在論的6番ボールが永続的に貴方の存在の本質的な一部分となることを、それぞれ承諾したものとします。

楽しんでね

残りのページは、注意深く指図された考えによってSCP-609-1を「組み立てる」ことについての包括的な指示で構成されています。イラスト無しの6ポイントの文字サイズで印刷されており、小冊子は、外観、構築、物理的性質および振る舞い、その文化的重要性および象徴主義、その他の特性について、アメリカカリフォルニア州で1970年代頃に作られたビリヤードボールを徹底的に、詳細に記述します。まるで深刻な精神的苦悩の状態にある誰かによって関連付けられたかのように。

SCP-609-Aを全部読破した被験者は、集中することでSCP-609-1を生成する能力を実証しました。健忘症の治療はこの結果を逆にすることにおいて効果がありませんが、被験者の精神からこの能力についての知識を消し去ることができ、普通ならば、誰かが被験者に能力(例えば、ビリヤード台、球体、緑色、または6番)について通知したり思い出させたりしない限りは除去することができます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。