SCP-609-JP
評価: +49+x
touya_hibiki.jpg

リハーサル中のエージェント・██。

アイテム番号: SCP-609-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-609-JPは一般からの買い上げにより現在財団の管理下にあり、完全に一般市民の侵入を防いでいます。決まった日程に発生する「ライブイベント」時に出現する機材を用いて、SCP-609-JP内302号室(以下SCP-609-JP-1と呼称)にて演奏を行います。ギターに1名、ベースに1名、ドラムに1名、場合によりキーボードに1名の、演奏チーム[Sacrifice Curse Prayer]1によってプロトコル[デッドエンド]が実行され、「ライブイベント」を成功に導きます。楽曲は、SCP-609-JP-2の提供する曲目リストから選択されますが、「ライブイベント」中にSCP-609-JP-2がランダムに曲目を決定する点に注意し、ライブ終了まで演奏を続けてください。どんな理由であれ、この「ライブイベント」を停止することは許可されていません。

説明: SCP-609-JPは、東京都渋谷区██に存在するライブハウス「ブロークン」です。SCP-609-JPは一般的なライブハウスと一切変わりませんが、定期的に発生する「ライブイベント」時に限り、SCP-609-JP内、302号室(以下SCP-609-JP-1と呼称)が特異性を発揮します。SCP-609-JP-1は平時において通常の防音室と変わらない構造ですが、「ライブイベント」が発生すると、SCP-609-JP-1内がSCP-609-JPの外観上サイズを遥かに超えた巨大なライブホールに姿を変えます。これらはほぼ毎回、出現する機材、照明等が変化し、決まった形状や構造、デザインは現れませんが、観客が存在していない、あるいは不可視であるという点のみどの顕現時においても一貫しています。

「ライブイベント」発生時、SCP-609-JP-1内マイク前に、凹みだらけのギターアンプから乱雑にギターのネックが生え揃った頭部を持つ、白いジャンプスーツの男性が一人必ず出現します。これをSCP-609-JP-2と呼称します。SCP-609-JP-2に発声器官の存在は確認されていませんが、アンプの奥からディストーションを掛けたように酷く歪んだ声を出し、人間に対して一方的なコミュニケーションを行います。

「ライブイベント」は決まって月末、16:00より必ず発生し、リハーサルを挟んでから19:00に演奏が開始され、アンコール等が発生した場合は遅くとも22:00に終了します。これらはSCP-609-JP-2の行動によって多少の差異がありますが、タイムラインはおおよそ上記の通りです。
「ライブイベント」が完全に終了すると、SCP-609-JP-1内に居た人間は自然とSCP-609-JPへと転送されます。転送先は定まっていませんが、大抵の場合SCP-609-JP-1近辺、及びSCP-609-JP-1内に出現する場合が多いようです。転送された者は、「ライブホールがフェードアウトするように消えていく」と証言していますが、これらを映像に収めようとすると、極端な映像ノイズが発生し記録することが出来ません。

20██/██/██のインタビュー以後、「ライブイベント」が何らかの理由で中止、失敗した場合、内部に存在していたあらゆる存在の取り込みが発生するようになりました。現在までに██名の職員が行方不明となっています。これに加え、周囲██kmに存在する全ての音楽に関わる物品が瞬間的に演奏不可能な形に破壊されます。これらは軽音楽器に限らず、どのような楽器であれ影響が出ると判明しています。下記は影響の出た物品の抜粋です。

これらの破壊の起こる範囲は正確には不明ですが、二度の意図せぬ失敗により同区内を超え、████区全土にまで影響が及んだことから、「ライブイベント」の停止は人類の文化活動の一側面に致命的な影響をもたらす可能性が危惧されています。以下は現在の特異性を発現する直前に行われたインタビュー記録です。

インタビュー後出現した曲目リストには、SCP-609-JP-2が作曲したと思われる楽曲が表記されていました。これらは全ての曲目において音楽に対する嫌悪や憎悪の込められた歌詞が含まれていますが、音楽のジャンルにおいて言うなら、「ロック」というジャンルからは決して外れず、整った出来の楽曲が記載されています。また、このリストは「ライブイベント」が終了する度にSCP-609-JP-1内に内容を変えて出現しています。

なお、この曲目リストには全ページに渡り「次のライブにはお前らも必ず参加してくれよな!」というSCP-609-JP-2の直筆と思われる表記がありました。

補遺:「ライブイベント」の無視が行われた後、防音室に戻ったSCP-609-JP-1に、メッセージの刻まれたギターが出現しました。メッセージは以下の通りです。

一度ステージに上がっちまったら、途中で降りるなんてこたぁ許されねェのさ [解読不能な文字列]4

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。