SCP-610
評価: +18+x
610.jpg
感染者と感染環境:生物・非生物の区別無く感染されている

アイテム番号: SCP-610

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-610は広大な"感染"区域のため封じ込めは不可能です。エリアごと隔離することだけが有効だと確認されており、ロシア政府の協力によって軍事作戦を装い周辺区域を封鎖しています。

この境界線付近でSCP-610と一致する性質をもつ有機体を発見した場合、必ず定められた手順に従って処理を行ってください。距離をとりながら小火器を使用して静止させ、次に可能な限り遠くから火炎放射器と弾丸にて焼却処理を行うことが必要です。SCP-610に"感染"した有機体に接触したあらゆる生物は、処理するべきものとしてみなし、ただちに火炎放射器などで終了し火葬します。SCP-610に"感染"された生物から3m以内に近づいたあらゆる人は、チームの他の人員に接触させずにただちにその場を離れさせ、遠隔機器によって"感染"されているかどうかを診断し、診断結果に従って適切に処理してください。

現在知られているところでは、SCP-610の"感染"は物理的接触を中心に拡大していると推測されます。無人機によって重度"感染"区域から、有機体にさらされた微粒子を含む空気のサンプルを採取することは、SCP-610の拡散という結果を招きます。この詳細な実験の結果により、肺組織や肝臓組織を直接する場合を除いて、はっきりとした症例が現れるまで数日を要することが判明しました。有機体の急速な成長率のために、施設を侵害されるリスクを2時間負ったとしても最初に露出してから24時間以内に実験環境を焼却することが必要だということを、これらの詳細な実験は明らかにしました。この種の急速な成長は人体の他に有機物がある環境でのみ発生すると考えられ、現在の状況で発生する可能性は微小です。

これらの奇怪な特性は、[データ削除済]の失敗と連動する感染源の可能性についての一連の懸念を上昇させました。この時点では無力化する方法として焦土作戦が残されています。また、空気や水による感染は状況が変わらない限り存在しません。

説明: SCP-610に関する最初の報告は、ロシア政府から直接非公式チャンネルよりもたらされました。これらの報告は主に該当地域における農夫達の失踪で構成され、地方警察の失踪がそれに続きます(地元警察に関する記述はありません)。最終的にロシア政府はエージェントを派遣しましたが72時間以内に報告が帰ってくることはありませんでした。財団による接触調査のさいに、小規模な軍分遣隊が該当地域に派遣され、速やかに撤退しました。

SCP-610の影響を受けた地域は南シベリアのバイカル湖付近に位置します。既知の"感染"区域は、地図はここに示しています。青色で引かれた線が封鎖区域の境界線であり、現時点において"感染"区域はこれ以上詳細には分かっていません。封鎖区域を調査する時は、事前報告・探査中の連絡・帰還報告が必須です。

SCP-610は初期症状においては皮膚病に酷似し、湿疹・痒み・過敏症などの症状がみられます。そして三時間以内に腕部・胸部などに重度の傷跡に酷似する組織が形成され、次の一時間のうちに傷跡は脚部・背部にまで及び、五時間以内に感染者を完全に食い尽くします。高温において傷跡の侵食は迅速に進み、最小で五分間で"感染"が完了したことが記録されています。

"感染"の完了次第、感染者は死んだように動かなくなりますが、およそ三分ほどの停止期間を過ぎると突然起き上がり、通常の人間より三倍ほど活動的になります。続いて、被害者についた傷跡が自発的に動き出し急速に成長していきます。"感染"がここまで及んだ時点で通常の人間としての生命活動は消滅していきます。この変異が発生するに至る経路はおおよそランダムのようです。この段階まで進んだ感染者には、腕部・脚部などを三本以上持つもの・自身の頭部を奇怪に細長く引き延ばすものなどの記録があり、感染者から新たに肉枝が弾けて芽生えるようです。この段階の"感染"の期間がどれほど続くかは不明で、すべての感染者が次の段階に進むわけではないようです。

条件は不明ですが、"感染"が完了した感染者の中には、移動を止めてその場に根付く個体があります。この段階まで進んだ感染者は、周囲のすべてのものに侵食し肉枝を伸ばし広げていきます。前段階の感染者のように他の生き物に対して"感染"させることはありません。これらと長時間接触した結果は、この文書の後半に記録を掲載します。この段階まで進んだ感染者は、蠢く感染者にとって心地よい空間を演出し、健やかな成長を助けます。

スタッフによって直接にSCP-610の感染者を観察することは不可能です。初期症状の感染者は、自然な情動として助けを求めて回り意図しないながらも感染を拡大します。次の段階の蠢く傷跡となった感染者は、活動的かつ積極的に外部へと"感染"を拡大しに行きます。視覚がある感染者は、非感染者を見分けて襲うことが確認されています。もし感染者が視覚を失った場合、およそ30m以上離れれば安全であると考えられています。

SCP-610に感染した集落の観察は、遠隔操作機器などによる方法が確立されています。この観察によるデータと積極的な感染拡大の性質の相乗効果によって、SCP-610はKeterとして分類されました。しかし、"感染"区域における出入りが長い間皆無だったことによって、脅威はなくなっていると考えられます。感染者の集落に複雑に入り組んだ地下洞窟が発見されたことが懸念されており、この分野における研究者を現在募集中です。

探査記録:
SCP-610-L1 - サイトAへ失踪者探索のために小さな遠隔探査機を送り出した
SCP-610-L2 - サイトCへ感染者となったクラスDの職員をビデオ機器を持たせ送り出した
SCP-610-L3 - サイトAに洞窟を発見
SCP-610-L4 - サイトAの洞窟の無人探査
SCP-610-L5 - サイトAの洞窟の有人探査
次の探査記録の閲覧にはクラスA以上の権限が必要です。このファイルの不正な閲覧は固く禁止されており、財団との契約違反や国際法違反とみなされます。
SCP-610-L6 - オペレーション'Source Point'における探査記録

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。