SCP-611
評価: 0+x
scp-xxx.jpg
SCP-611の休止、巣にいる状態

アイテム番号: SCP-611

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-611は常に指定の格納装置に封印されていなければなりません。SCP-611には週に1度、基準栄養値の腐肉1切れを与えなければなりません。現在の情報では大体2週間室温で腐らせた牛タンが繁殖を制限するにおいて最も適した栄養になります。

昆虫専門の技術員が格納装置をメンテナンスしなければなりません。格納装置内のメンテナンスを行う技術員は寄生を可能な限り防ぐために完全バイオハザード防護服を着用しなければなりません。SCP-611の活動レベルを著しく低下させるためにメンテナンス中は温度を10℃まで下げなければなりません。メンテナンス終了後、バイオハザード防護服は完全に殺菌洗浄しなければなりません。

インシデント611-1後、SCP-611は低レベルに再配置されました。食品をSCP-611と同収容レベル上に持ち込むことは禁じられています。

説明: SCP-611は20██年にニューメキシコ州の██████で初めて発見されました。最近███████から戻ったばかりの旅行グループが歯と顎の激しい痛みを訴えて地元の歯科医に連絡しました。医師が寄生を発見するとアメリカ疾病管理予防センターに報告し、その時点で財団へと引き継がれました。幼虫を旅行グループから摘出したあと、財団オペレータは1ヶ月以上知らずに寄生源となっていた██████████レストランまでSCP-611の跡をたどりました。所在していたすべてのレストラン従業員と寄生の宿主にクラス-A記憶処理が施されました。幾つか重傷を負う結果になりましたが、殆どの幼虫は後に除去することが出来ました。その後の寄生で██を超える死因を発生させたと推測されます。

SCP-611は発見されていなかったヒトヒフバエ属ヒトヒフバエの亜種です。自身を一般的な爪楊枝に擬態し、近くに着陸したり、実際に爪楊枝に混ざろうとし、この時羽を落として不活性状態になります。生命活動が停止するまでに最高40日間この休止状態を続けることができます。使用されるとSCP-611は対象の歯茎に卵を産み付けます。宿主は寄生の兆候に気付くことはなく、4~7日後に卵が孵ると顎を掘り進み、ひどい不快感を引き起こします。

幼虫は鋭く慢性的な痛みを引き起こし、処置を施さなければ寄生により傷口は広がり死につながります。幼虫が十分に餌を摂取すると他のウマバエでは見ない蛹状態になります。身体が硬くなり延びると、最終的に宿主の皮膚を貫きます。この時点でSCP-611は外へと出て他のつがいを探します。SCP-611の成体での基本的な寿命は最大72時間で、以前考えられていたものより大きな███████のSCP-611の存在を示唆しています。

scp-xxx2.jpg
人間の口内に寄生虫のSCP-611

SCP-611は種族間でオス・メスを見分ける違いがなく、雌雄同体だと推測されます。雌雄同体のみ昆虫は殆どおらず、SCP-611が自然発生した種ではない可能性があります。

数百年程度の発明品にSCP-611が高度に特定の性質を適応させたことも可能性を強くしています。これは自然に促された進化なのか、人工的な種なのか測定するさらなる実験が推奨されています。


インシデント報告611-1: 20██年、█████ ██でバイオハザード防護服の適切な殺菌処置が完全には確認されず、SCP-611格納装置の3人が収容所を脱走しました。2人は格納装置監視室のガラスに繰り返し叩いているところを発見され、明らかに再収容を求めていましたが、3人目は13号休憩室に向かうまで発見されませんでした。

初期感染で█人が死亡し、██人を超える重大な下顎傷害が発生しました。SCP-611はその後、偶発的に休憩室または食堂に露出しないよう低レベルへと再配置されました。違反の可能性を感じた職員は直ちに█████博士に口内検査と抗寄生虫剤の処置を受けてください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。