SCP-618-JP
評価: +29+x
oriduru.jpg

異空間内部の神社と思しき施設にて撮影されたSCP-618-JP-1-c

アイテム番号: SCP-618-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-618-JPの存在する区域は、カバーストーリー「土砂崩れ」を適用し、一般人の侵入を防ぐために警備員による巡回を行ってください。侵入者は即座に拘束し、クラスA記憶処理を施した上で解放してください。SCP-618-JPの内部を調査する場合、level3以上の職員3名以上の許可を取った上で、日本国籍を持たない日本滞在年数3年未満のDクラス職員を用いて行ってください。

説明: SCP-618-JPは、アメリカ合衆国███████州█████の山地に存在する5m×5mの区域です。普段は特に異常はなく、不活性状態にあります。SCP-618-JPを、日本国籍を持たない滞在年数3年未満の人物(以下被験者と表記)が通過した際にSCP-618-JPは活性化し、異空間を作り出します。このとき、被験者は強制的にSCP-618-JPの作り出した異空間の内部に引きずり込まれることが判明しています。人数の上限は、現在の実験段階では██人ですが、実際にはそれ以上の人数が引きずり込まれるであろうと推測されます。また、被験者の所持しているGPSの信号はSCP-618-JPの近辺を指し示しますが、該当地点に被験者の姿を認めることは不可能です。

SCP-618-JPの作り出す異空間の内部は現在半径10kmの円形となっており、円の外部へと出ようとすると視認の不可能な壁のような物体に阻まれます。被験者が現れる地点は無作為であることが判明しています。円の中心には富士山に酷似した山が存在しており、その周囲に江戸時代のものと推測される建造物江戸時代から現代までの特徴を有する様々な建造物が乱立しています。北部には無風状態でも高波が発生する海が確認されており、西部の上空2000m地点には空中浮遊する姫路城らしき城郭が視認できます。

空は白く、太陽は赤い丸として観測され、日没することはありません。ただし時間経過は現実世界と同期しており、3時間の経過もしくは異空間内で死亡することで被験者は強制的に現実世界へと排出されます。この際、映像を記録していた場合は不自然に途切れることが確認されています。また、映像記録が途切れてから現実世界に排出されるまでには、最長5分程度のラグが確認されています。排出される地点は被験者が引きずり込まれた箇所に限定されており、被験者が排出されてから3時間の間に、再びSCP-618-JPが活性化した例はありません。

異空間の内部には、人型を含む多数の実体(以下SCP-618-JP-1と表記)が存在しており、それぞれが「日本」を強く想起させる特徴を持ち合わせています。SCP-618-JP-1に対する接触による現実世界への影響は確認されていません。また、SCP-618-JP-1に対してインタビューを行う試みは現在成功していません。

SCP-618-JPは、█████で19██/██/██に発見された身元不明の遺体の遺留品のカメラに、不自然な風景の写真が残っていたことから収容するに到りました。初期収容の際、日本国籍を持っておらず、日本における滞在経験のないエージェント██名がSCP-618-JPの作り出した異空間に一度に引き込まれる事案が発生しています。その後の調査で活性化の条件が明らかになると、SCP-618-JPは日本支部の管理下に置かれることとなりました。

補遺: 以下の映像記録は20██/██/██にSCP-618-JPの作り出した異空間内で撮影されたものです。

映像記録618-██

被験者: D-618-12(カナダ出身、日本滞在歴2年3ヶ月)

オペレーター: 鳴蝉博士

付記: 資料の会話内容は英語を日本語訳したものです。

<記録開始>

鳴蝉博士: 聞こえますか、D-618-12。周囲の状況を報告してください。

D-618-12: 聞こえています。……私は今、森の中にいます。人の気配はありません。

鳴蝉博士: では、開けた場所に出るまで移動してください。

D-618-12: 了解しました。[映像が大きくぶれ、周囲が急に暗くなる]うわっ。

[銅鑼のものと推測される金属音が3回記録される]

鳴蝉博士: どうしましたか、D-618-12?

D-618-12: 分かりません。急に大きく揺れたと思ったら、暗くなりました。

鳴蝉博士: 周囲の状況を報告してください。

D-618-12: 了解しました。[10秒の沈黙]……[短い悲鳴]

鳴蝉博士: D-618-12?報告を……

D-618-12: [息を切らす音]あ、あの、[金属の衝突音]が[軋み合うような巨大な音]しています!

[正体不明の鳴き声らしき音声]

鳴蝉博士: 何があったんですか!?D-618-12!

D-618-12: [悲鳴]

[D-618-12が映像機器を放棄、全長25mを越すと推測される人型の機械と、それに相対する爬虫類に酷似した外見の巨大な生物が映し出される。その後2時間に渡って両者の戦闘する映像が撮影された]

<記録終了>

終了報告書: 映像が撮影された後、SCP-618-JPにて激しく損傷したD-618-12の遺体が回収されています。映像で確認された実体は今までの調査では報告されていなかった存在であり、新たにSCP-618-JP-1-rおよびSCP-618-JP-1-sと分類されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。