SCP-619-JP
評価: +65+x

アイテム番号: SCP-619-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-619-JPに指定される区域への立ち入りは管理者の許可を得た上で行われます。現在停止されています。エリア上空への一般航空機及び飛行機器の侵入を防ぎ、区域内の視覚情報の流出を防いでください。自治体などの外部からの情報提供の要請には虚偽のデータが使用されます。

説明: SCP-619-JPは長野県山間部、███市と██市の境界線上に存在する半径600m程の区域です。区域内は未整備林地帯となっており、平坦な土地であるもののこれまで人が住んだ記録は残されていません。目視ではこの場所の異常性は確認できませんが、この区域内を何らかの手段により映像記録として観測した場合、そこには現実のSCP-619-JPとは異なる光景が映し出されます。これをSCP-619-JP-Aと指定します。

SCP-619-JP-Aは外見上寂れた小規模山間集落であるように見え、区域正面を通る未舗装道路と、その片側に沿って並ぶ小規模商店街の形態を成した家屋群が観測されています。家屋の多くは明りがついており、なおかつ壁面やポール・広場に存在する簡易ステージといった建造物を繋ぐように点灯された提灯コードが掛けられています。SCP-619-JP-Aの光景は実際の気候や時間帯に依らず、常時12月31日の夜間1とみられる環境を維持していると考えられます。

SCP-619-JP-A内部には、行動能力を持った人型の実体(SCP-619-JP-1と指定)が存在します。SCP-619-JP-1は現在約400体の存在が確認されており、そのほとんどは主に中高年から老年とみられる男女の姿をしていますが、現在これらの人物の特定には至っていません。これらの存在はSCP-619-JP-A範囲内においては現行人類と同様の行動が可能であると判明しています。SCP-619-JP-Aとの意思疎通は、映像機器による撮影時に使用者が口頭で発話する事により、録音音声を仲介して行う事が可能です。SCP-619-JP-1はこちらからのコンタクトには友好的に応じるものの、自発的に探索者への接触を行う事はありません。詳細は以下の資料を参照してください。

探査ログ:619-JP-α-5

記録資料619-JP-β-21

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。