SCP-623-JP
評価: +7+x

アイテム番号: SCP-623-JP

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル: SCP-623-JPは分割されて、密閉された厚さ0.5mの金属製のコンテナにそれぞれ収容されます。コンテナの内部にはカメラが設置され、常にSCP-623-JPを監視します。何か異常が感知された時もしくはコンテナの摩耗が確認された場合、即時サイト管理者に連絡をしてください。コンテナの入れ替えを行う場合、SCP-623-JPの感知範囲より既存のコンテナを囲うようにして、新たなコンテナを投下してください。


収容違反事例より、実験は無期限に停止されました。全職員はSCP-623-JP収容コンテナの周囲4mに侵入してはなりません。SCP-623-JPの分断はすべて無人機によって実行されます。SCP-623-JPを分割する場合、常に本体を確認しながら、作業を遂行してください。

説明: SCP-623-JPは高さ約2.3m、幅約4m、長さ約5m、体積約4600万立方cmの泥の山のように見える実体です。SCP-623-JPの容貌は細部を除けばほぼ一定です。SCP-623-JPの表面はざらついていますが、わずかに水分を含んでいるような見た目をしています。SCP-623-JPの収容当時の質量は2,235kgでしたが、現在のSCP-623-JPの質量は約2,521kgに増加しています。SCP-623-JPの質量の増加量は実験に参加したDクラス人員の体重の量と同値でした。そのため、消失させた物質に応じて、SCP-623-JPの質量は増加すると推定されています。このとき、SCP-623-JPの体積は増加しません。

SCP-623-JPは常に約3km/hで移動しています。SCP-623-JPの接触した個所にはSCP-623-JPの構成物質が付着します。SCP-623-JPの移動に伴い、SCP-623-JPが接触した個所は摩耗していきます。SCP-623-JPに接触したDクラス職員および精神薄弱者(以下、対象)は瞬時に消失します。対象以外がSCP-623-JPに接触しても消失現象は引き起こされません。対象を消失させたSCP-623-JPは即時消失した対象の質量に応じて質量を増加させます。

SCP-623-JPは知性は有していませんが、知覚を有しています。この知覚能力には2種類があり、大まかに対象の場所を把握する能力と一定の知覚範囲に対象が侵入した時に活性化する能力です。前者の能力によってSCP-623-JPは対象の位置を把握し、自らを活性状態へと移行させる距離へと移動します。SCP-623-JPは対象以外に圧力を加えられても反応しません。

活性状態は対象がSCP-623-JPの知覚範囲から脱出するもしくはSCP-623-JPが対象を消失させるまで継続します。活性状態時のSCP-623-JPは約20km~200km/hで移動します。このとき、SCP-623-JPはその構成物質をあたりに分離しながら対象へと接近します。SCP-623-JPと対象の間に障害物がある場合、SCP-623-JPは構成物質を障害物に擦りつけて摩耗させます。この摩耗は非常に高速で行われ、障害物にSCP-623-JPが通るのに十分な穴が開くまで継続します。

分離された構成物質は活性状態時、3km/hで対象に向かって移動します。構成物質は非活性状態への移行と同時に200km/hでSCP-623-JP本体に回収されます。回収される構成物質に接触した対象は消失します。しかし、障害物によって回収が阻害されると、即時SCP-623-JPの構成物質は非活性状態に移行します。分離した構成物質が対象を消失させた時、SCP-623-JPの質量が増加します。

SCP-623-JPは能動的に分割することが可能です。さらに、分割されたSCP-623-JPはその知覚範囲を大幅に減少させます。しかし、活性条件に緩和は見られません。分割されたSCP-623-JPのなかで最も体積が大きいものが本体です。分割されたSCP-623-JPは非活性状態時でも本体同様に対象の方向を把握します。

SCP-623-JPは未知の物質と少量の人間の細胞で構成されています。細胞のDNAは██県に在住する現在行方不明の男性████のものと一致しました。████の調査を行ったところ、████およびその両親の消息は不明でしたが、████年█月█日、████によって、両親の行方不明届が提出されていたことが確認されました。






特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。