SCP-624-JP
評価: +16+x

アイテム番号: SCP-624-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-624-JP-1は全て、サイト-8183に併設されている冷凍保管ユニットにて保管されます。冷凍保管ユニット内はSCP-624-JP-1の腐敗を防ぐため、-20℃前後に保って下さい。

新たにSCP-624-JP-1が発見された場合、担当職員が即座に回収、検死、保管して下さい。SCP-624-JP-1の目撃者にはAクラス記憶処理を、第一発見者にはBクラス記憶処理を施して下さい。Bクラス記憶処理を施し、1~3日の間に精神障害が再発した場合のみCクラス以上の記憶処理を施して下さい(SCP-624-JP-1-19出現記録を参照)。なお、SCP-624-JP-1をレベル4担当職員1名以上の許可なく解剖、処分することは認められません。

説明: SCP-624-JPは財団の元Dクラス職員、D-57793の死体の複製が出現する現象です。SCP-624-JPによって出現するD-57793の死体の複製は、SCP-624-JP-1に指定されます。20██/██/██現在、19体のSCP-624-JP-1が発見、収容されています。

SCP-624-JP-1の身長は173.2cm、体重は65.9kgで、左腕に切創痕が二ヶ所確認できます。これらのデータはD-57793死亡時のデータと一致します。指紋照合及びDNA鑑定の結果、SCP-624-JP-1の指紋とDNAはD-57793と一致することが確認されました。

SCP-624-JP-1は不定期に、生前のD-57793と関係のある場所に裸体で出現します。SCP-624-JP-1-01~19の状態はそれぞれ異なりますが、左腕の切創痕以外に、必ず外的要因による痕跡が見受けられます。また、SCP-624-JP-1の第一発見者は、SCP-624-JP-1を発見してから3分以内に何らかの精神障害を呈します。大半はBクラス記憶処理を施すことで回復しますが、回復後再発した可能性のある例が一件報告されています。

補遺: D-57793は20██/█/██、████裁判所にて殺人罪で死刑判決を受けた後、財団に徴用されました。彼は財団に好意的で問題行動は一切ありませんでしたが、20██/█/██、██████にて行われたSCP-███-JPの実験に参加し、[編集済]により死亡しました。D-57793の死体は二日間冷凍保管された後焼却処分される予定でしたが、SCP-624-JP-1が出現したため、身体データの比較用に永久保存することが決定しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。