SCP-625-JP
評価: +44+x
scp625jp.jpg

SCP-625-JP

アイテム番号: SCP-625-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-625-JPはサイト-8169にて標準大型哺乳類収容プロトコルに従って収容してください。飼育管理担当職員には最低2名を割り当て、SCP-625-JP全個体の飼料の摂食量との体調を記録させてください。収容エリアおよび開放エリアには10km2ごとに電圧感知素子および低周波集音機を設置し、研究担当職員はSCP-625-JPの発した信号の記録を行ってください。既知のパターンでない信号が確認された場合には主任担当者と飼育担当者に報告し、要因の調査を行ってください。
SCP-625-JPが寿命またはそれ以外の要因で死亡した場合、SCP-625-JPらによる"合唱"が終了したことを確認してから適切な死体の処理を行ってください。

説明: SCP-625-JPはアジアゾウ(学名: Elephas maximus)に似た外見を持つ大型の草食哺乳類の総称です。収容初期の1970年代には31頭が収容されていましたが、寿命により個体数を減らし現在は11頭を収容するのみとなっています。残った個体もそのほとんどが高齢であり絶滅の危険に晒されており、財団の調査では野生のSCP-625-JPは完全に絶滅したことが確認されています。SCP-625-JPの生態は一般的に知られている象のそれに準拠しますが、その体構造に2点の異常性が確認されています。
SCP-625-JPは頭部前面に巨大な眼球状の器官を備えていますが、この器官に視力は存在しません。解剖の結果、この器官は前頭葉が発達し露出したものと判明しており、後述のSCP-625-JP同士の信号によるコミュニケーションを行なうために脳が発達したと考えられています。更にSCP-625-JPは脚部付近に発電細胞を持ち、発生させた微弱な電気を信号として地表に流すことで個体同士のコミュニケーションに用いることが挙げられます。通常の象が鳴き声による低周波を足裏で感じ取りコミュニケーションを取るように、SCP-625-JPは足裏の神経細胞によって他のSCP-625-JP個体の発した電気信号を約30kmの距離から感知することが可能です。

SCP-625-JPが時折発生させる電気と音波の混合信号は、SCP-625-JP以外の生物には五感に作用する幻覚として知覚することができます。この現象を便宜的に"歌"と呼称します。"歌"を知覚した被験者は、「周囲の風景が一瞬にして変わり、まるで別の場所に移動したように感じた。風や雨が当たる音や感覚、空気の匂いや味まで感じられる」と証言しています。この"歌"は人工的に再現可能であり、電気信号と低周波音波の混合音波が催眠術のように働きかけ、生物としての原初的な記憶を呼び起こすことで幻覚を見せているものと結論付けられています。この技術を用いることで、財団の所持する無力化装置や対音響兵器などの開発に更なる進展が期待されています。
"歌"を発するケースは様々であり、求愛行動や危機の伝達等のほか、SCP-625-JP自身の感情によって様々なパターンの"歌"が発せられます。興味深い点としてSCP-625-JPは高い社会性を有しており、群れの中に子孫が生まれた時や個体が死亡した時などには対象の周囲にSCP-625-JPが集合し"合唱"を行うことが確認されています。この"合唱"時にはより強く幻覚を感じられることが確認されているほか、被験者からは「非常に心地よい」「不安感や悩みが消える」といった証言が得られています。

以下はSCP-625-JPの"歌"を記録した表です。

実験記録A-625

対象: SCP-625-JP(識別番号1~11)

実施方法: SCP-625-JPの生態を観察すると共に、発された"歌"を記録する。

結果: SCP-625-JPの発する"歌"によって見えた内容を、そのときの状況と共に下記表にまとめた。

概要 状況 "歌"の情景
危険 SCP-625-JP放牧エリアにて落雷による火災が発生し、現場に一番近い個体が発した。 周囲が薄暗く感じられ、前方の足場が崩れ落ちる映像。高所に対する根源的な恐怖を感じた。
威嚇 新規担当職員が施設管理の為、収容舎内に立ち入った際に発された。 腰部まで達する水流に押し戻される映像。被験者は水の感触や温度、幻覚の水流に押されて倒れこみ、水を吸い込んだときの息苦しさや溺れる感覚まで感じられた。
求愛 オスのSCP-625-JP個体からメスの個体に向けられて発された。 [編集済み]
祝福 財団の収容下で新たに誕生したSCP-625-JP個体に対し、他のSCP-625-JP個体(平均6個体)による"合唱"が行なわれた。1990年代に2回観測されている。 日の出前の明るさの緑色の空から小雨が降り注ぐ映像。雨が身体に当たる感覚はあるものの寒さは感じられなかった。
鎮魂 寿命で死んだSCP-625-JP個体の葬儀と見られる行動で、SCP-625-JP残り全個体による"合唱"が行なわれた。198█年から201█年現在まで計22回観測されている。 快晴の青空と見渡す限りの花畑の真ん中に立っている情景。微風が吹くのを感じ、身体が非常に軽く感じられた。

追記: 200█年、SCP-625-JPの飼育担当のDクラス職員(D-78638)に親愛を示す行動が行われたほか、SCP-625-JP全個体から"歌"が贈られました。D-78638は元・動物園勤務であったことと勤勉な性格が買われ、約10年間にわたりSCP-625-JPの飼育担当を勤めていました。

概要 状況 "歌"の情景
感謝 収容舎に入室したD-78638を取り囲むようにしてSCP-625-JP全11体が"合唱"を行なった。 暖かな日差しと数種の花の香りが感じられた他、多幸感を感じた。

ああ、久しぶりだ、この感覚。やはり私にはこの職が合っている。 — D-78638

下記インタビューはSCP-625-JPの習性の情報についての記録です。

 
追記: 201█年、SCP-625-JP研究主任の黒瀬博士による実験が行われました。実験内容は下記の通りです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。