SCP-635-JP
評価: +24+x

アイテム番号: SCP-635-JP

オブジェクトクラス: Euclid

kfDOmBAuFBv9N0t1487949447_1487949466.jpg

SCP-635-JPが発見された██山の山林内。

特別収容プロトコル: SCP-635-JPは西経██度、北緯██度の地点にある半径2kmの範囲に隔離されます。
対象は併設された管理施設にて管理され、施設周辺および管理施設は財団所有の電力会社の変電所に偽装されます。周辺警戒中のセキュリティー担当者は一般人の接近を阻止してください。

説明: SCP-635-JPは年齢57歳 身長176cm 体重50kgの日本人男性です。対象は本名を██ 邦義と言い、戸籍調査を実施した結果身元が判明しました。SCP-635-JPは24年前の東京都品川区近辺での目撃情報を最後に失踪しており、しかし、失踪届や捜索願などが提出されていなかったことから財団に発見されるまで全国を放浪していたと思われます。対象自体にはある一点を除いて何ら体質的な異常性は見られず、通常の人間と大差ありません。しかし、その異常性から屋外での収容が必須であり、現在SCP-635-JPが発見された区画を封鎖して収容体制を維持しています。

SCP-635-JPの異常性は一日に一回観測1され、対象の半径5m範囲内の上空から成人女性の遺体が落下してきます。
遺体の身元は19██/11/7 に自宅マンションから飛び降り自殺をした██ 良子氏本人であることが判明しており、遺体は着地後も消失することなく存在し続けます。その為、SCP-635-JPがそれらを消費しない場合は同様の容姿やDNAを保有した遺体が増加し続け、SCP-635-JPが消費すること以外で対象を処分することは出来ません2

SCP-635-JPのもう一つの異常性として、常に空腹状態でありかつ落下してきた遺体以外の摂食が制限されるという物があります。もし、SCP-635-JPが遺体以外の物を摂食しようとした場合、それらの物品は全て口内で汚泥へと変化し、対象は即座にそれを吐きだします3。結果、SCP-635-JPは常に落下してきた遺体のみでしか栄養補給が出来ず、偏った栄養摂取の為外見は大変痩せています。またそれらを摂食したとしても空腹状態は継続され、その為かSCP-635-JPは遺体の骨以外の部位全てを摂食します。

現在、これらのメカニズムの解明および死体出現の瞬間などを捉える試みは失敗しています。しかし、着地時の遺体の状況などから、およそ12mの高さからの落下であることが判明しており、これらは██ 良子氏の飛び降りたマンションの高さと完全に一致しています。

補遺: SCP-635-JPは 2016/3/18 に██山を散策していた一般人によって発見されました。当時、その付近では猿人が出現するという噂が広まっており、当初は財団もそれに該当する実体の調査を行っていました。その後、財団エージェントと研究員が対象を発見。捕獲した際に調査を進めた結果、前述の異常性が発覚し即座に収容体制が確立されました。

現在、SCP-635-JPには人体摂食(特に脳の摂食)に伴い発症するクールー病と類似している症状が見られます。それらの症状は主に、手足の震え、発音障害やどもり、歩行不可能なほどの運動失調等が該当し、また、眼球の不自然な挙動や妄言、突如笑い出すなどの症状から脳への障害も伺えます。

これらの症状はクールー病における第二段階目に該当しており、本来であるならば既に死亡している段階であるにも拘らず、SCP-635-JPの症例はそれらとは異なり第二段階の状態を常に維持し尚且つ重度の症状を抱えながらも生存し続けています。現在これらの病例に関しては、クールー病も含め治療法が確立しておらず、これらの治療を行うための研究も並行して行われています。

以下はSCP-635-JPとの間で行われたインタビューの映像記録です。

補遺2: 2017年現在、SCP-635-JPのホルモンバランスの変化が伺えます。現在、対象の男性ホルモンは減少傾向にあり、それに反比例して女性ホルモンの分泌が増加しています。その為、対象の男性器の縮小や少なからずの乳房のふくらみ、頭髪の成長などの外見的変化が見られます。またそれに伴い若返りも見られます。

SCP-635-JP担当研究員はこれらの変化を記録し経過を観察することが担当委員会により決定しています。これらの記録を閲覧する場合は主任研究員の沼間博士の許可を得たうえで閲覧してください。

追記: 以下の記録は担当職員でかつクリアランスレベル3以上の職員のみが閲覧可能です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。