SCP-640-JP
評価: +50+x

アイテム番号: SCP-640-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

188188

収容直後に撮影されたSCP-640-JP-1

特別収容プロトコル: SCP-640-JPは現在サイト-81██の収容ロッカーに収容されています。SCP-640-JPはその異常性のため、実験以外での持ち出しを禁止します。SCP-640-JPを持ち出す際には、実際にSCP-640-JPの異常性が現れなかったと判明している人物か、異常性の効果が及ばなくなった人物によって移動させてください。

SCP-640-JPは現在無力化が確認されたため、サイト-81██の収容ロッカーにて保管しています。

説明: SCP-640-JPは、150mm×105mmの白色の封筒(以下SCP-640-JP-1と表記)とその封筒に付属された、説明書きのなされたB5用紙(以下SCP-640-JP-2と表記)です。SCP-640-JP-1のベロ部分にはハートマークのシールが付属されています。SCP-640-JP-1及び2は物理的な干渉による破壊が不可能であることが認められています。

SCP-640-JPの異常性は、人間の手によってSCP-640-JP-1が持たれた場合に、SCP-640-JP-1内部に官製ハガキサイズ(100mm×148mm)の便箋が現れることです。この便箋に書かれている内容は、持っている人物に対する恋愛感情、または敬愛感情を抱いているものが差出人となった「ラブレター」と呼ばれるものです。1この異常性の効果は実際にその感情を抱いているものがいる場合にのみ発動し、恋愛感情を抱かれていないものが手にした場合には異常性が見られませんでした。差出人は意思を持った生物であれば人間以外であっても該当します。文字は差出人の直筆の文字と一致しており、人間以外の差出人であれば、明朝体の文字で印刷されたように書かれています。この便箋は物理的な干渉により破壊可能です。

SCP-640-JP-2は、SCP-640-JP-1の異常性の説明が書かれたB5用紙で、内容はこう綴られています。

恋愛をしたいと思っているけれど失恋をするのが怖いと思ったことはありませんか?そのような悩み事は誰しもが思っているはずです。さらに、実際に会って告白するなんて恥ずかしくてできない!といった恥ずかしがり屋な乙女もいることでしょう。
そのような方々の悩みを解消したい!という理念のもと完成したのがこの『ラブレター』です。
恋文というのはご存知ですね?昔から自身の気持ちを伝えるために使われてきた手法です。この『ラブレター』はその恋文を基につくられたもので、貴方の気持ちを簡単に想い人に伝えるものです。自分が恋愛したいというときにも使えます!
使用方法
この封筒を触らないように好きな人に送ってください。自分で使う場合は何もしなくてOK!
あとはこの封筒の中身を確認するだけです。この封筒は手に持った人に対して恋をしている人物の恋文が現れるのです!これで自分の想いを簡単に伝えることができます。また、自分に対して好意を持っている人物が簡単にわかります。
注意点
この封筒は最大4枚まで恋文が封入されます。4人以上から好意を持たれている人物に対しては、想いが強い順に上から4人選ばれます。もし、自分の想い人がモテモテだとしてもこの『ラブレター』を使い自分の想いの強さを証明しましょう!

SCP-640-JPは、██県██市内で「恋が叶うラブレター」として噂されていたことが財団の目に留まり、発見に至りました。最後に所有していたのは██高校の女子生徒で、先輩から譲り受けたと話しています。話を聞く限り何度か使用されていることが確認されたため、カバーストーリー「都市伝説」を流布させました。

事案640-JP以降SCP-640-JPの異常性の消失が確認され、Neutralizedに再分類されました。詳しくは補遺の記録を参照してください。

補遺イ: 事案640-JP - 日付201█/██/██
SCP-640-JP-2の内容が以下の文に変化していました。

SNSの隆盛によりラブレターの需要が低下したので廃止します。今後の製品にご期待ください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。