SCP-643-JP
評価: +17+x

アイテム番号: SCP-643-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: カバーストーリー「有害物質の含有」を適用し████油田への関係者以外の立ち入りを禁止しています。また採掘済みのSCP-643-JPは専用に設計されたドラム缶に入れてサイト8129の低危険度物品収容倉庫に収容されています。

現在、財団フロント企業を介して世界各地の油田の調査が進められています。

説明: SCP-643-JPは[編集済み]連邦に属する████油田に存在している推定██億バレルの原油および同油田から採掘された████バレルの石油です。

SCP-643-JPは通常の石油と同様に多種多量の炭化水素を含んでいるにも拘らず一切燃焼しません。

SCP-643-JPには複数種の未知の窒化合物(以下、SCP-643-JP-aと呼称)が多く含まれており、SCP-643-JP-aを中心とする化学反応のほぼ全てが吸熱反応であるため、この性質がSCP-643-JPが燃焼しない主な原因となっていると思われます。

SCP-643-JPは19██/██/██、████油田の発見の際に採掘された石油が一切燃焼しなかったことから財団フロント企業に調査が依頼され、その異常性が確認されました。油田を発見、採掘した作業員らにはクラスD記憶処理が施されました。

財団による調査の中で、月潟-涸沢式年代測定法1を用いて油田が形成された年代を測定した結果、████油田はおよそ38億年前にはすでに形成されていたことが判明しました。この結果は一般に信じられている石油の形成過程2からは考えられない数値であり、現在より詳細な調査が行われています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。