SCP-646-JP
評価: +151+x
Public_telephone+.jpg

回収時のSCP-646-JP

アイテム番号: SCP-646-JP

オブジェクトクラス: Keter Neutralized

特別収容プロトコル: 現在、SCP-646-JPはサイト-81██の高危険度物品保管室に保管されています。担当者は定期的にSCP-646-JPの異常特性について、再評価を行なってください。

説明: SCP-646-JPは██████社によって運営されていた19██年製のデジタル公衆電話です。同型の公衆電話と外見上/構造上の差異はなく、通常通りの手順で通話を行うことが可能です。また、SCP-646-JPを収納している電話ボックス内部には1枚の紙が張られており、そこには「変えてほしい方はこちらまで」という文章とともに11桁の電話番号1が書かれています。

SCP-646-JPに上記の電話番号を入力した場合、電話はSCP-646-JP-Aと指定される特定の人物へと繋がります2。SCP-646-JP-Aと通話を行った者(以下、被験者)はSCP-646-JP-Aの声を男性のものと報告しています。この男性の声は受話器を取った被験者のみにしか聞こえず、他の人間には単調なノイズ音として認識されます。なお、被験者との通話にSCP-646-JP-Aは日本語のみを使用し、被験者が日本語以外の言語を用いた場合やSCP-646-JP-Aとの会話を試みた場合は全て無視します。

通話開始とともに、SCP-646-JP-Aは被験者に対して「変えたいものは何だ」と尋ねます。この問いに被験者が「"特定の物体/事柄A"を"別の物体/事柄B"に変えてほしい」という形で回答を行った場合、数秒から数分間の沈黙の後で、SCP-646-JP-Aは「それは変えられない」もしくは「分かった」とだけ返答を行い通話を終了します。返答結果が前者だった場合、SCP-646-JPの異常特性は発揮されません。一方で返答結果が後者だった場合、通話終了と同時に被験者が回答した通りの「"A"を"B"に変える」という形で現実改変が行われます。この現実改変について、被験者以外の人間が変化に気付くことはなく、違和感を抱くこともありません。また、改変された物体/事柄の周辺においてヒューム値の変動は確認されず、これは後述する改変経緯のためと考えられます。

現実改変の完了後、改変を受けた事柄について調査を行うと、過去に不明な男性(以下、SCP-646-JP-B)がその事柄に関与していた事実を必ず確認できます。それに加え、SCP-646-JP-Bがその当時に取った何らかの行為の結果として、全ての事柄が現在の形に改変・再決定されていたことが明らかになっています。以上のことから、SCP-646-JPによる現実改変事象は、SCP-646-JP-Bが行なった過去改変の結果として齎されていると考えられています。なお、目撃者の証言やSCP-646-JP-Bを直接記録した映像から、SCP-646-JP-Bの外見はスーツを着た30代ほどの日本人男性であることが確認されており、一部ではSCP-646-JP-AとSCP-646-JP-Bを同一視する意見も挙がっています。

SCP-646-JPは20██/09/21に██県██市███で発見、回収されました。調査より、19██/07/06にSCP-646-JPを当該地区に設置したとする記録が確認されています。しかし、設置当時には異常特性や張り紙が存在しなかったことから、最近になって異常特性が付与されたものと推定されています。回収当時、SCP-646-JPは物質/事象再構築型の現実改変を発生させるオブジェクトとして扱われていましたが、実験記録646-JP-8から得られた潜在的な危険性を鑑みた結果、現在のオブジェクトクラスへと分類されました。事案646-JPの後にNeutralizedへと再分類されました。

付録: 以下はSCP-646-JP実験記録の抜粋です。

事案646-JP: 20██/██/██に行われた実験において、D-8164601は事前に指示されていた文章ではなく、SCP-646-JP-Aに対して「俺を自由にしてくれ」と回答を行いました。D-8164601は即座に拘束されたものの、その騒動の際にSCP-646-JP-Aとの通話が途切れたことで、現実改変の有無を確認できませんでした。その後、D-8164601に見た目上の変化が見られず、D-8164601自身がSCP-646-JP-Aと通話を行なったことを記憶していたことから、SCP-646-JP-AがD-8164601の回答を了承しなかったものと一時的に判断されました。

後日、実験は別のDクラス職員を用いて再開されました。しかし、SCP-646-JPに上記の電話番号を入力しても、SCP-646-JP-Aへと接続されず、入力した電話番号が存在しない旨を知らせる機械音声が流れるだけであることが報告されました。その後に行われた███回の検証実験から、SCP-646-JPの異常特性が完全に消失したものと判断され、再分類が行われました。

追記: 20██/██/██の事案後、D-8164601自体が記憶/人格ごと他者と入れ代わっている可能性を考慮し、D-8164601の経歴について詳細な調査が行われました。その際、D-8164601は自身の前科・犯罪歴の中に、身に覚えのない殺人罪が追加されていることを報告しました。当時の供述書によると、D-8164601が初めて行なった強盗事件の際、突然見知らぬスーツの男が家屋に上がり込んできて揉み合いとなり、その時に持っていたナイフで男を殺害したという内容でした。また、強盗被害者の証言書には、スーツの男はしきりに「悪いことは止めるんだ」「考えなおせ」「まだ間に合う」などの言葉をD-8164601に投げ掛けていたと記述されていました。

上記の殺害された男性は身元不明人として扱われ、19██/08/24に地元自治体によって行旅死亡人として処理されました。現在、男性とSCP-646-JPについての関連調査は継続中であり、男性の身元調査の一環とした遺体掘り起こしも検討されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。