SCP-659-JP
評価: +38+x

アイテム番号:SCP-659-JP

オブジェクトクラス:Euclid

cbd277abae3e35a5b0cdd89735846199_s.jpg

エージェント██自宅のリビングから回収される直前の
SCP-659-JP

特別収容プロトコル:回収されたSCP-659-JPは各国のサイトへ協力の要請を行い各サイトにつき1点のSCP-659-JPをサイト内の厳重な施錠と防火設備が完備された収容倉庫に保管してください。いかなる場合でもSCP-659-JPを同一のサイトに3点以上収容することは禁止されています。

SCP-659-JPを用いて実験を行う際はセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の承認が必要です。現在SCP-659-JPの破壊・損傷が発生する可能性がある実験は禁止されています。

説明:SCP-659-JPは████社によって製造されたポリエステル生地の手すり付き4人用ローソファーです。SCP-659-JPは製造時から劣化の兆候を見せておらず当初の使用感を保持しています。SCP-659-JPは使用者に対して眠気を誘発しますが、これはSCP-659-JP本来の使用感の心地よさから起こるものであり異常性はありません。

SCP-659-JPの異常性はSCP-659-JPの上で人間(以下使用者と表記)が30分以上の睡眠をとった場合に発生します。SCP-659-JPの上で睡眠を30分以上行った使用者は即座に金縛りの状態となり一切体を動かすことができなくなります。同時に使用者の意識は金縛りになった時点で覚醒します。この金縛りは使用者が第三者によってSCP-659-JPから引き離されない限り回復することはありません。目を開けることが出来ないため視界は塞がれますが聴覚や嗅覚、気配などで周りの様子を知覚することは問題なく行うことが可能です。

金縛りの発生後、使用者は自身の意思に関係なく寝返りを打ち体の体勢を変え始めます。寝返りの結果、使用者の顔はSCP-659-JPの背もたれ・座面・手すり・SCP-659-JPの上に置かれているクッション・自身の腕などに押し付けられるような形となり呼吸が阻害されます。その後約10分ごとに身をよじらせ徐々に呼吸が不可能な体勢へと移行します。この特性により使用者は通常より長い時間をかけ窒息死することになります。通常の窒息と異なり痙攣・失禁・脱糞などの症状が起こらないため後述する異常性と合わさり周囲の人間が使用者の異常に気が付くことは困難です。

異常性が発生している間、周囲の人間はSCP-659-JP上で使用者が不自然な体勢・呼吸を行っているのにも関わらず、使用者が熟睡・安眠していると認識します。そのため多くの場合使用者はSCP-659-JPの影響下で放置されることになります。この効果は極めて弱いものであり他者からの命令や使用者を起こす必要性が出た場合は問題なく使用者の目を覚まさせるための行動をとることが可能です。使用者が窒息する前に第三者によりSCP-659-JPから引き離された場合、使用者を救出することが可能です。しかし第三者の行動がが使用者の体勢を変えるのみに留まり、使用者をSCP-659-JPから引き離さなかった場合、使用者は再び寝返りを打ち呼吸が困難な体勢へと戻ります。

SCP-659-JPは国内で不慮の事故による窒息死が多発していることに対して調査を行っている最中、調査に関与しているエージェントの息子である██ █が「ソファーで幽霊に殺されそうになった」との証言を行ったことが報告されました。その後の██ █に対するインタビューを経てSCP-659-JPの異常性が発見、本格的な収容作業が開始されました。

SCP-659-JPの製造元である株式会社大林家具は経営不振により200█年に倒産しており、製造されたSCP-659-JPは大林家具の倒産に伴い商品として販売される以前に複数の中古家具店・オークションサイトへと売却されたことが判明しました。大林家具、およびSCP-659-JPを製造した工場の関係者に異常な点は確認されませんでした。どの時点でSCP-659-JPに異常性が発生したのかは現時点では不明です。

製造記録によるとSCP-659-JPは計1██点製造されており、現在財団では██点のSCP-659-JPを保管しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。