SCP-660-JP
評価: +22+x
scp-173-jp-kuma.jpg

回収された際のSCP-660-JP

アイテム番号: SCP-660-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-660-JPは額縁から外し布のカバーを掛けた状態で、サイト-81██の標準物品収納庫へ施錠して保管されています。SCP-660-JPの半径2m以内には、他のSCPオブジェクトを含め、人工物を近づけないよう注意して下さい。事案-660-Aを受け、移動や搬送等の場合はDクラス職員により25分以内に作業を終了させ、速やかにオブジェクトより2m以上離れて下さい。

説明: SCP-660-JPはルネサンス時代の絵画によく似た贋作です。贋作の対象はビデオ撮影を含め誰も観測していない間に変化します。また、オブジェクトを額縁に入れ壁に掛ける、イーゼルへ立てかけるなど水平方向から絵画部分を目視できる状態の場合、半径2m以内の「作品」に該当する物品の複製を生成(SCP-660-JP-A)します。元の作品の規模にもよりますが、これまでの実験では30分程度で複製を完了しました。
SCP-660-JP-Aはオブジェクトの絵画部分からずり落ちるように生成され、オリジナルとよく似ていますが、所々で相違が見られます。1000円札を元としたSCP-660-JP-JP-Aは札の肖像画が別人となり、機械物品を元としたSCP-660-JP-Aはその殆どに機能的欠陥がありました。

SCP-660-JPの複製能力はSCP-660-JP-Aにも引き継がれます。放置しておいた場合、元の「作品」や他のSCP-660-JP-Aを元とした別のSCP-660-JP-Aを際限なく生成する事に注意をして下さい。しかしSCP-660-JP-Aは元となった「作品」に準じた破壊方法で容易に無力化が可能です。

補遺: 事案-660-A

実験のため██研究員がオブジェクトを搬送し、実験室へ設置後メモを取っていたところ、SCP-660-JPから██研究員の複製(SCP-660-JP-Bとします)が生成されました。SCP-660-JP-Bは呼吸、鼓動など生命活動はしているものの、知性や意識といった物は見られず、焦点の合わない瞳で宙を見つめていました。SCP-660-JP-BのDNA検査および解剖をしたところ、姿こそ██研究員と酷似していましたが、DNAに相違は見られず、また片方の腎臓欠落、大腸および肺の萎縮が見られました。
SCP-660-JP-Bの生成現場に居合わせた██研究員は、現在長期療養中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。