SCP-666-JP
評価: +16+x
666-JP02.jpg

SCP-666-JPの今の胴体と同じ外見のパジャマ

アイテム番号: SCP-666-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別職員要件: 指定されたSCP-666-JP担当部門に割り当てられる職員は、大前提として、SCP-666-JPの顔写真の確認による試験を継続的にクリアしている人間に限られます。

また、SCP-666-JPに関しては、その収容違反への対策として確保用拘束ボックスと大型トラックを用いた特別再確保・再収容手順が定められており、前述の職員にはその手順に基づく定期訓練への参加も義務付けられています。

特別収容プロトコル: SCP-666-JPの収容コンテナは、サイト-8141の最下階に設けられた地下ユニット内に配置します。SCP-666-JPはコンテナの中で、天井から下りる鎖に両手首を拘束され、宙吊りとなって、足が床から50 cm以上離れた状態で収容されています。

コンテナの床に堆積していくSCP-666-JP-1は定期的な清掃により取り除かなければなりません。

説明: SCP-666-JPは現在は長袖のパジャマ上下一式、白い軍手、黒い革靴に見える外皮を持っており、機械の観測と「大多数の」人間によれば、首にあたる部分から上には何もありません(補遺666-2参照)。

SCP-666-JPは常に、足(靴)の裏からSCP-666-JP-1に指定される半固形物を分泌し続けています。通常時のSCP-666-JP-1は小麦粉、鶏卵、牛乳等を主な構成要素としており、特に害は見られません。しかしSCP-666-JPに「踏まれ」る: SCP-666-JP-1が床、壁、紙面などに一度付着し、その状態から更にSCP-666-JPの足の裏と接触すると、SCP-666-JP-1は赤く変色して凝固します。

「踏まれ」て変質したSCP-666-JP-1に関しては、接触すると非常に多彩な損害および被害(大体は致命的な内容)を発生させ、それから多くの場合は消失する、という事の他には殆ど何も分かっていません。接触した人間は「カチッと鳴った」「光った」等の証言を残す事がありますが、客観的な観測はできていません。分析の試みは常に、観測や検査の機器および研究者の損失により失敗しています。接触時の事例は数多く記録されていますが、もたらされる損害や被害の多様性について、その限界を推測する事はできていません。

SCP-666-JPは野外に存在させ続ける事ができません。詳細な条件は解明されていませんが、SCP-666-JPは建物の外に「そのまま」連れ出されると消失し、翌日の午前0時以降にランダムな家屋の中へ出現します。今のところ日本国外におけるSCP-666-JPの出現や逃亡の事例は確認されていません。先述の特別再確保・再収容手順はこの段落の特性を元に考案され、現在も特に支障なく運用されています。

補遺666-1: SCP-666-JPが収容されて2ヶ月が経った頃から、ごく少数ながら、SCP-666-JPの頭部が存在すると主張する者が現れ始めました: 彼らの証言はまちまちで、原則として一致を見せる事はありません。安全のため、特別職員要件が定められ、SCP-666-JPの頭部を見たとする職員によるSCP-666-JP担当業務への関与は禁止されるようになりました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。