SCP-669-JP
評価: +62+x
ヒルみたいな画像.jpg

収容時に撮影されたSCP-669-JP

アイテム番号: SCP-669-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-669-JPはサイト-8169の低危険性生物収容ユニット内に設置された高さ60cm幅、奥行きが80cmのアクリルケースにて収容されます。給餌の際は人体がケース内に入らないように注意を払いながら、保管期限の過ぎた廃棄予定の輸血用血液をシリンダーにて与えて下さい。また、SCP-669-JPは有害な物質を発生させる可能背がある為、直接の接触を行う職員は防毒マスク等の装備が推奨されます。

追記: 1日に1回、SCP-669-JPの精神状態の悪化を防ぐため心理鑑定士によるカウンセリングを兼ねた心理状態のチェックを行い、変化の見られた場合は担当研究員に報告して下さい。

説明: SCP-669-JPは環形動物門ヒル綱(Hirudinea)に類似した特徴を持つ全長15cmの生物です。外見的には摂食時に赤褐色に変化する事を除けばヒル類との相違点はありませんが、通常の種類には見られないクチクラ質の微細な歯と高い知性を持ち、未知の方法で中年男性の物と同質の音声で会話することが可能です。また、SCP-669-JPは自身の事を「吸血鬼の王 クレイグ・シュライベル」と称しており、「かつて吸血鬼の王として君臨し[削除済]との戦いの果てに世界を放浪を続け200年前に日本に移り住んだ」と主張していますが、そのような事実と合致する歴史的な記録等は確認されておらず、妄想性障害及び演技性パーソナリティ障害の可能性が指摘されている事を関係職員は留意して下さい。

SCP-669-JPは常に全身を覆う粘膜から未知の幻覚成分を含んだガス状の体液を噴出させる事によって、限定的かつ局所的な視覚の混乱を引き起こすことが可能であり、その事についてSCP-669-JPは「この幻術は我の秘術の欠片だ」と主張しています。SCP-669-JPは食料として人間の血液以外を摂取する事が不可能であると主張しており、人体からの直接な吸血による感染症等のリスク状の観点から保管期限を過ぎた廃棄予定の輸血用血液が与えられます。1

SCP-669-JPはナミウズムシ(Dugesia japonica)に見られるものと同等の再生能力を保持しており、細かく裁断された場合に置いても断片の何れかを起点として極性を持った再生を行います。この再生能力によってSCP-669-JPが複数再生した場合では、一匹の個体のみがSCP-669-JPの意識を持ったまま通常のサイズへと再生を完了し、他の個体は5cmから10cmの小型の個体へと再生します。再生を終えた小型の個体は知性を有する様子を見せず不規則に移動を行うか一切の行動を行わないまま、およそ3時間程で溶解しアミノ酸を含んだ液体へと変化しますが、SCP-669-JPと接触した場合は癒着した後に縮小を行いSCP-669-JPへと吸収されます。この吸収によってSCP-669-JPの重量は一時的に増大しますが外見的な変化はほぼ見られず、数期間後には重量も元の状態へと戻ります。この性質を用いる事でSCP-669-JPへの給餌を行う事も提案されましたが、再生自体にSCP-669-JPが疲労を見せた事、吸収によってSCP-669-JPが栄養を得ている様子が見られなかった事から、無意味であると判断されました。

再生実験を行った際の組織の断片を検査した結果から、SCP-669-JPからはヤマビル(Haemadipsa zeylanica japonica)とヒトの遺伝子の他に複数種の未知の生物の遺伝子情報が確認されている他、SCP-669-JPの粘膜及び体液からは上述した幻覚物質の他に複数の酵素や電解質が含まれており、最も近い存在としては唾液の成分が挙げられています。なお、体内から脳組織や臓器の存在は確認されず、大腸組織に似た構造の細胞と乱雑な神経組織のみが確認されており、それと同時に長さ3cm、幅2mm程の空洞が頭部付近から確認されていますが、この空洞はどのように損傷し再生した場合に置いても意識を持つ個体の頭部に存在します。

以下はSCP-669-JPに対して行われたインタビューの中でも重要だと思われる部分を抜粋したものです。

発見経緯: SCP-669-JPは房総半島沖に位置する████島内の廃屋から発見されました。財団は当時████島の付近で発生した沈没事故の調査及び遭難者の救助を補助しており、近辺に位置していた████島の調査を行っていた際に無人島であるにも関わらず洋館が存在した事が職員の注意を惹きました。洋館の探索を行っていた職員からの「巨大な蝙蝠に襲われた」「何かが動いたと思ったら黒い影が現れて怒鳴られた」といった報告があった為、各種装備を行った収容チームが向かった所、洋館内部にて「一匹のヒルに怯える救助班員」の姿を目撃した事により、事態を把握した職員によって迅速な収容が行われました。

洋館に関してSCP-669-JPは自身の城であると証言していますが内部調査から明治██年に貿易商の手で建設され放棄された建築物である事が判明しており、内部の様子やSCP-669-JPが洋館内の設備をほぼ使用せず内部を詳細に把握していなかった事から、オブジェクトと洋館自体は無関係である事が判明しています。

補遺1: SCP-669-JP自身の収容に対する協力的な態度、及び保有する情報の提供を促す観点からSCP-669-JPに血液を与え「呪い」の解消を試みる事に問題は無いと判断されました。実験は隔離された実験棟で行われ、万が一の事態に備えユニット内外に合計12名の警備スタッフと戦闘訓練を積んだエージェント4名を待機させた状態で開始されました。

この姿に変えられて200年…..ようやくこの時が訪れた。貴様等、いや貴殿等には本当に感謝している。この借りは返しても返しきれぬ程の楔をこの身に打ち込んだ。我が本来の力を取り戻した暁には貴殿等にありとあらゆる秘術と知識を持って協力することを約束しよう。…..括目するが良い、我が真なる力を!真なる姿を!さぁ、博士!実験とやらを始めてくれ! -実験前のSCP-669-JPの発言記録より 

補遺2: 実験以降、SCP-669-JPは協力的な態度を崩してはいませんが著しく落ち込んだ様子と軽度の欝の兆候を見せ、血液の摂取を拒否する等の行動も報告されています。インタビューに対しては積極な姿勢を見せず、過去の経歴に関する有益な発言も見られてません。自己終了の可能性も考えられている為、定期的なカウンセリングを行いSCP-669-JPの精神状態の改善が試みられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。