SCP-671
評価: 0+x
camponotus671.jpg

プラスチック土台から木材ペーストを剥がすことに精力的なSCP-671個体

アイテム番号: SCP-671

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-671はセクタ-██にある最低でも10m×1m×1mの透明プラスチックテラリウムに収容しなければなりません。そのテラリウムは熱溶接のみで組み立てられなければなりません。それには最低でも湿度を██.█%に保った砂質土400kgを入れなければなりません。週ごとに適切な食料がハッチから供給されます。出入りはエアロックを通じて行い、それは開け閉めする度に人間には無害な殺虫剤で充満されます。最も内側のパネル自身より奥のドアは収容ルームの内側からアクセスしてはならず、全ての室内の備品は密閉されるか、壁に組み込まれていなければなりません。

SCP-671個体がテラリウムの外側にいる限り、室内へ入る職員はSCP-671をトリガしない服のみを着用するか、強力な虫除け剤を使用するか、全ての衣服の上に密閉されたつなぎを着用するかのいずれかを行います。簡単な物品以外は全て密閉された透明なプラスチックバッグか殺虫剤や虫除け剤で同様に保護されたものの中に入れなければなりません。実験手続きの外でSCP-671個体がテラリウムより逃げ出した時は、部屋に殺虫剤が充満されます。

解体される可能性のあるSCPはセクタ-██には収容されず、SCP-671をそのようなSCPが収容されている施設に持ち込んでは行けません。

説明: SCP-671はスペインオオアリ(Camponotus cruentatus)の大きなコロニーであり、約30,000の個体から構成されます。SCP-671は複雑な人工装置に直面すると、コロニーを構成する個体達はそれを最も単純な構成物へ解体しようと試みます。(有機物や生きている/死んだ生物はこの行動を引き起こしません。)蟻は食料源として人工装置に引き寄せられているようです。ネジは外され、ホチキスや釘は取り外される、という具合です。この過程において、1匹のSCP-671個体でさえ通常のC.cruentatus1匹より数百倍強い力を使用することが可能です。多数の蟻が協力する時、それらは驚くほどの技巧を発揮することができます。

SCP-671の解体行動を引き起こさないようである人工物の組み合わせのただ1つの種類は、2つの同じ、またはよく似た素材が、別の似た素材でできた接着剤を用いて結合された物です。この例には、石とセメントをコンクリートにしたもの、糊でくっつけられた紙(ただし製本のように、糊が厚く別の"パーツ"とみなされないものに限る)、はんだ付けされた金属、完全に別の素材を覆っている素材、などが含まれます。蟻は解体の際、オブジェクトのパーツが損傷しないように多大な労力を割きます。しかしながら、結合の役目を果たしている素材(糊、モーター、鋲など)はこの過程において破壊される可能性が大きくあります。

SCP-671はオブジェクトを最小の自然な構成物に解体します: 織物の様なオブジェクトやロープなどの生地は構成している一本一本の糸となります。共同して働く15,000匹のSCP-671個体は、48時間でセダンを、また1ヶ月で鉄骨フレームの10階建てビルを解体することができます。それらは解体に最低限必要な知能以上の知能をほとんど示さず、考えなしに自身やコロニーを大きな危険に晒して、稼働中の機械や毒の入った容器を解体しようと試みます。スペイン、アルカナにある████の████の中で、SCP-671のある集団が走行中のタンクローリーのモーターを解体し、[削除済]という結果となりました。そのように、もし必要であるなら、コロニーの近くに殺虫剤や腐食物質の入った複数のパーツから成る容器を放置しておくことで、収容を再確立することが可能な場合があります。

補遺: 事件671-Aを受け、適切な"全ての衣服の上を密閉するつなぎ"は足も必ず覆わなければならないことが職員に再通知されました。他のいくつかのSCPに対して使用されるような個別の足カバーのある防護服は、SCP-671との接触には適切ではありません。 — ジーグラー博士

事件671-A: エージェント・ソーントンはSCP-███に関する実験の直後、彼の密閉された防護服は次のSCP-671との仕事に十分なものであると考えた。しかしながら、コロニーの収容室へ入るとすぐさま、蟻は彼の軍式ブーツを解体し始めた。彼が離脱の準備をした時、ほどかれ、部分的に解体されていた靴紐に躓き、地面に倒れ、膝の捻挫と肩の脱臼の怪我を負った。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。