SCP-680-JP
評価: +25+x

アイテム番号: SCP-680-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-680-JPは縦7m、横7m、高さ3mの磁気遮断処理が施された特別収容ユニット内に収容されます。収容ユニット内の中心には超電導磁石で構成された幅40cmの円柱と外部から操作可能な強磁場発生装置が配備され、磁力によって強制的にオブジェクトの固定が行われます。ユニット内に立ち入る職員は電磁波防護服の着用が徹底され、原則的に発声は認められ無い為に筆談で意思の疎通を行って下さい。

説明: SCP-680-JPは未知の素材で作られた物品と粒子で構成された物体群です。精密検査により金属に近い素材である事が判明していますが、その硬度から切削が不可能であり、素材の特性と思われる原因によって電子を吸収する性質を保持している為に正確な分子構造は特定されていません。
また、当該オブジェクトは視覚的には光沢の無い完全な黒色として観測されますが、これは塗装によるものではなく素材そのものの色ではないかと考えられており。上述した性質の為、詳しい理由は明らかになっていません。

SCP-680-JPを構成している物体群はSCP-680-JP-aからSCP-680-JP-cまで割り振られて指定されており、これらは説明不可能な力によって重力を無視して自律的な動作を行います。この動作の法則性は明らかになっていませんが、SCP-680-JPに関する情報や感想を述べた人間を優先的に追跡し攻撃を行う事が確認されています。実験記録の結果から対象となる発言の範囲は極めて幅広いと考えられており、特別収容プロトコルの一部改訂が行われました。


SCP-680-JP-aは長さ2m、幅が最大20cm、厚みが最大0.3mm、重量220kgの三日月を象った形状をした刃物です。刃は曲線の内周部分に存在し、外周部分は丸みを帯びる形で研磨が行われていますが、刃の部分は極めて鋭利な刃状に加工されています。確認されている動作として刃を水平に保った状態で回転すると共に、大きく曲線を描きながら移動する事が確認されていますが攻撃対象となった人物の行動に合わせて垂直に上下した事例も確認されています。また、移動を行う際は対象を基点とした半径5m以内を旋回しながら不規則に対象に向かって接近し攻撃を行います。

SCP-680-JP-bは厚さが最大0.5cmの五角形の星を象った形状をした物体で全ての辺が刃となっています。幅20cm重量75kgの物が3個、幅12cm重量45kgの物が5個、幅3cm重量12kgの物が15個の合計23個が存在しており、厚みの最小部位はSCP-680-JP-aと同様の検査結果が報告されています。確認されている動作として水平に回転しながら空中に静止し、不規則に対象に向かって最大5m程の直線的な移動を行います。

SCP-680-JP-cは煙・あるいは霧状の気体として視認可能なおよそ200nmの大きさの粒子です。これらの粒子は菱型あるいは二等辺四角形に近い形状をしており、鋭角の部分は上記の物体群と同様の特徴を示しています。正確な濃度は不明ですがSCP-680-JP-aとSCP-680-JP-bの位置の中心部を基点とした半径3m以内に充満しています。また、上述した反射光に対する性質の為、充満している範囲内は光源の有無にかかわらず暗所と同様の状態となります。SCP-680-JP-cは基本的には範囲内を流動するのみで攻撃的な動作を行う事はありませんが、その形状の為に範囲内に立ち入った対象の肉体に対して細胞間の拡張からなる損傷と、その拡大を引き起こします。

SCP-680-JPに対して、その性質を探る実験が行われています。詳細は以下のファイルを参照して下さい。

収容経緯: SCP-680-JPは2014年9月16日に、██県██市内のマンションの一室で発見されました。当室はアトリエや作業場としての物件として貸し出されており、近辺で活動を行っていた芸術活動を主にした団体「██市を彩る会」が使用していた事が確認されました。室内からはSCP-680-JPと共に14名の男女の死体と1名の生存者と複数の芸術品と思われる物品が発見されており、遺体が所持していた名簿等から同団体のメンバー全員が同室に集っていたことが判明しています。なお、この団体は定期的に個展を開く等の活動を行う一般的な芸術文化団体として周知されており、メンバーも学生や主婦、学校教師等の民間人によって構成され、各メンバーの身辺調査の結果からも異常な点が発見される事はありませんでした。

オブジェクトの発見に繋がったのは周辺住民からの悲鳴に関する通報によるものであり、██県警から「内部に踏み込んだ警官からの通信が途絶え、応援に駆け付けた人員が黒い煙と刃物に襲われた」との連絡が財団に通達された為、財団の収容チームによって収容が行われました4。また、室内から発見された作品はいずれも一部が欠損しているか何らかの形で損傷が加えられた形跡が見つかっていますが、これらが芸術品としての特徴の一つであるのか、オブジェクトによって加えられた傷であるのかは不明です。

以下は、SCP-680-JPが本来設置されていたと思われる台座の前に置かれていた紙片です。内容から、SCP-680-JPに関連した記述である可能性が示唆されており、重要資料として当該報告書にコピーが添付されます。

回収された最後の紙片はSCP-680-JPが収容された当日の物である事が判明していますが、記述されていた文面に関して、広範囲に付着した血痕や回収された周囲の状況から団体のメンバーがSCP-XXX-JPによって殺害された後に書かれた物である可能性が高いと考えられています。なお、唯一生存していたメンバーの証言からはそのような筆記が行えた人物はその場にいなかったとの情報が得られており、現在も調査が続けられています。

以下は生存したメンバーの証言記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。