SCP-684-JP
評価: +18+x

 
アイテム番号: █CP-684-JP
 
オブジェクトクラス: █afe
 
特別収容プロトコル: █CP-684-JPは実質的に収容が不可能な事象であり、致命的な影響の封じ込め、または人体に累積する認識災害的効果リセットの恒久的な実施という形で対処されています。現行に於いては執行プロジェクト-U2が処理を担当しており、詳細情報の申請は当該プロジェクト責任者に対して直接行ってください。
 
現在は、█CP-684-JPに対する広範囲的なミーム処理による対処が完了しています。しかしながら、処理手順の更新と█CP-684-JP現象の再発防止に要する措置、実験のために本報告書は特殊保護指定されています。█CP-684-JP現象の再発が確認された場合に備え、本報告書の閲覧が、セキュリティクリアランスレベル3以上の全職員に対して義務づけられています。
また、本報告書添付のクリアランス5レベル項は█CP-684-JP現象の大規模な再発が確認され次第、O5権限の自動的な発動に伴い全セキュリティクリアランスレベルに対して完全解除されます。
 
説明: █CP-684-JPは「アルファベットのエス」が人類に対して及ぼす不可思議な認識災害的現象です。本現象の存在は19██年に開発された、地域ごとの死因環境情報統合プログラムによる統計的データの算出によって、明らかに統計的に不自然な平均寿命データが継続して観察されたことによって調査が開始されました。
そして2█年間に及ぶ実験と統計の採取の結果、本現象が「アルファベットのエス」に起因する累積型の認識災害であると結論付けられ、財団による対処が決定されました。
 
█CP-684-JPは「アルファベットのエス」を認識する度に人間の記憶容量に累積するダメージです。「アルファベットのエス」の形状に類する認識がなされる度に█CP-684-JPは個人に累積し、累積量が17628回の暴露相当に達した時、その個人の肉体が一切の生命活動を停止します。
これは「アルファベットのエス」を直接視認した場合であっても、形状を正確に83%まで思い浮かべた場合であっても累積します。
この効果は言語としての「アルファベットのエス」に相当する認識ではなく、「アルファベットのエス」の形状そのものに原因があると見られているため、「アルファベットのエス」に似た形状の存在を認識する事によっても効果が累積すると推測されています。
█CP-684-JPの累積が肉体的な死を引き起こすメカニズム、または直接な因果関係は解明されていませんが、生命活動の停止という形で現象が完結する点から、非実在的な効果ではなく何らかの実体的な要因であると見なされています。
 
█CP-684-JPはその性質から、古来より多くの人類に影響を及ぼしてきたと考えられますが、これまで人間の死に関する情報の統合が困難であった点、歴史レベルでの長期間の暴露が継続してきた点、異常の原因の特定が技術的に困難であった点によって、発見がここまで遅れたものと思われます。
また「アルファベットのエス」が多くの文化に定着し、拡散している状況が常態化していることから、要因の根絶、もしくは情報的な収容は絶望的であるとの見方が強く、収容に拠らない対処法が現在検討されています。
 
補遺: █CP-684-JPの個人への累積に対抗する手段の研究の一環として、多様な認識効果への暴露実験が行われた結果、特定の視覚もしくは皮膚刺激パターンの認識に█CP-684-JPの累積をリセットする効果が認められました。
この結果に基づき、█CP-684-JPの危険性と影響力を考慮した上で、全人間社会に対する潜在的なミーム撒布処理が実行されました。█CP-684-JP対抗ミームは全人類を対象に撒布され、効果の継続のための執行プロジェクト-U2がO5-6によって組織されました。
執行プロジェクト-U2は█CP-684-JP対抗ミームが人類社会から自然的に、または人為的に消滅することを防ぐ機関として、複数のフロント企業を利用しての█CP-684-JP対抗ミームの各デザインへの埋め込みと流通の監視、潜在的な協力団体への間接的経済支援等を専任業務としています。
 
 
 
 
 
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。