SCP-690
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-690

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-690はセクター-7 Euclid SCP格納施設内で摂氏10℃を超えないよう冷却され施錠された容器内に保管されます。SCP-690へのアクセスはレベル2以上のアクセス権限を持った職員に制限されます。SCP-690に関する実験は、開始前にレベル4クリアランスを持つ職員の許可を得る必要があります。

切り傷、擦り傷、その他の肌の傷がある職員のSCP-690へのアクセスは制限されます。権限のない職員がSCP-690の絆創膏を使用した場合は、違反職員を取り押さえるためにセキュリティ職員が直ちに呼ばれ、絆創膏を取り除いて生体廃棄物として処分します。

説明: SCP-690は一般的な市販の絆創膏ケースに見え、現在47枚の絆創膏が入っています。ケースのロゴには「アンチ絆創膏(1箱64枚) - イタズラ好きな方へ!」と書かれており、供給元は「あなたの友人、ファクトリーより」となっています。

SCP-690の絆創膏が傷に貼られれば、自然治癒を妨げて傷の悪化と感染症の原因となります。絆創膏の分析では特異な性質を示す結果にはなりませんでした。絆創膏は石綿と繊維ガラスで形成され、体熱に反応して溶解するマイクロカプセルが染みこんでいました。このマイクロカプセルは、高濃縮された抗凝血剤(ヘパリン、ヒルジン、ブロジファクム)と非常に毒性の強い(が異常ではない)連鎖状球菌エルシニア菌ブドウ球菌クロストリジウム属菌の混合液で構成されています。

SCP-690の特異性とは、傷の深刻さにかからわず絆創膏を取り出してその傷に貼ろうとする衝動を、近くの傷付いた人間に対して与えるものです。更に、いったん傷に絆創膏が貼られれば、影響を受けた使用者は、その絆創膏が傷の回復を助けていると信じてそれを取り除くことを拒みます。その衝動は暴力へ駆り立てるほど強力ではないですが、影響を受けた対照はSCP-690を使うもしくは使い続けることに非常に固執します。詳細は実験記録690-A参照。

補遺: 発見時、SCP-690は64枚の絆創膏が入っていました。収容後、17枚の絆創膏が実験目的で使用され失われました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。