SCP-692-JP
評価: +27+x
dish.jpg

SCP-692-JP

アイテム番号: SCP-692-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-692-JPは、サイト-81██の低危険度物品用ロッカーに保管されます。SCP-692-JPの実験はクリアランスレベル3の職員2名の許可を得た上で日が昇っている時間帯に行ってください。SCP-692-JPの発光は、肉眼なら夜間にかろうじて観測が可能な程度のため、実験を昼に行うことで民間への情報漏洩を防止します。

説明: SCP-692-JPは直径25cmの陶磁器の破壊不可能な皿です。デザイン・形状は██製陶株式会社の販売する製品と一致しますが、██製陶株式会社及び██製陶株式会社のSCP-692-JP以外の製品からは現時点では異常性は発見されていません。

SCP-692-JPを皿回しの要領で回転速度が毎秒1回以上になるよう回転させると、発光しながら回転を維持します。この状態では、SCP-692-JPの回転を止めることはできません。
SCP-692-JPは回転速度が毎秒41回を超えると回転と発光を保ちながら浮遊し、高度400km付近を飛行しながら特定の地点(以下、SCP-692-JP-a)へ向けて移動します。SCP-692-JP-a上空に到達したSCP-692-JPは、上空でSCP-692-JP-aの周囲をゆっくりと浮遊します。

SCP-692-JPがSCP-692-JP-a上空に到着後数分で、SCP-692-JPを飛ばした人物(以下、SCP-692-JP-b)の付近に、SCP-692-JP-a付近で食べることが可能な料理を乗せた状態で出現します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。