SCP-700-JP
評価: +52+x

アイテム番号: SCP-700-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-700-JPは現在財団の収容下にありません。当該オブジェクトの奪還作戦メンバーに加えられた新たな職員はレベル3実戦想定訓練プロトコルとレベル4模擬実戦実弾使用プロトコルを受けてください。奪還に使用される資材の全ては財団総資産の0.000000009%の範囲内に収めてください。この額を超える資金の要求は財団経理課長の承認を得て前述の最大1.5倍までが認められます。当該オブジェクトの周辺に存在する住宅地への被害情報の漏洩を最小限に抑えるため、作戦実行前にプロトコル"集団記憶喪失"に当該住民を適応させてください。作戦の是非に関わらず作戦が終了した場合、カバーストーリー"爆竹による悪戯"・"直下型大地震"・"ハリケーン"・"津波被害"の内適切なものが適用されます。このカバーストーリーの適用に伴い、予想される死者数に応じて回収した民間人から規定人数の終了を行ってください。奪還に成功した場合、新たな警備体制と収容手順を作成し、Malchut評議会へ提出してください。

説明: SCP-700-JPは北緯 29度36分█秒・東経 C度1B分██秒41.902166, 12.453938に位置する地上0.5 mほどに浮かぶ直径1 mほどの二次元平面状の空間異常です。正面から観測した際、SCP-700-JPは別の空間へ繋がる穴のような振る舞いを見せ、その外周は常に不規則に発光しています。発見当初の記録によると非常に狭い部屋の内側に繋がっている様に見えると報告されています。正面180度以外の角度から観察した場合、SCP-700-JPは視認することが出来ません。SCP-700-JP内部に存在する組織1との検証の結果、当該オブジェクトの内部は既に発見されている特異点の接続先と異なっており、SCP-700-JPは新たに"一般的特異点-D"に割り当てられました。

SCP-700-JPを物体が通過すると空間差、あるいは次元差による物体への"変異"が生じます。これまでの実験の結果より、この変異の規則性は不明ですがSCP-700-JPを通して目視で観測される物の形状は、通過の前後で大きく変わる事が分かっています。この"変異"には意図しない物質の通過も含まれており、常時不規則に発光しているのはSCP-700-JP内部の光や大気が当該オブジェクトを通過した結果であると推測されています。研究の結果、SCP-700-JP内部へ変異しない健全な情報を伝達するには、単純で変異の少ない2進法を用いた非接触型電気信号が有効である事が分かっています。これらは後述の実験の全てにおいて、SCP-700-JP内部との情報伝達に用いられています。

SCP-700-JPの内部にはヒトと酷似した文化を持つ二足歩行の生命体が確認されています。これらから送られてきた文章の解読の結果、これらは財団と人類に対して非常に強い関心を示しており、SCP-700-JP内部にも財団と似た組織(以降この組織を"亜財団"と呼称します)が存在していることが確認されています。亜財団はSCP-700-JP内部に展開される独自の物理法則に準拠しない異常な特性を有する物体の確保、収容、保護を目的として設立された機密性の高い組織であり、最高理念は異常な特性を持つ物体の研究による科学技術の進歩であると主張しています。

7D7年█月█日までに行われた相互実験の結果、当該オブジェクト内部において存在する"元素"にあたる粒子の種類は、安定して存在し、なおかつ公表されているものが合計で70種類であると亜財団側は主張しています。また、送られてきた詳細な元素のデータのうちSCP-700-JP内部と共通する物質は"元素番号10番硫黄"だけでした。なぜ硫黄だけが共通するのか理由の解明には至っていません。SCP-700-JP内部の亜財団の存在する天体は、1つの恒星の周りを、公表されている限りD個の惑星が同一方向に周回している恒星系に存在します。亜財団の存在する星は、直径C27 kmで衛星を1つ持つ、恒星から見て3番目の惑星であることが分かっています。

物質相互投入実験1 - 日付7D7/█/█

要求: 両財団の存在する星において生物の生存に不可欠な物質の代表例を安全で開封が容易な容器に入れて投入

対象: 水1 Lを一般的プラスティック容器に入れ投入

結果: 直方体の容器に入った液体EA mL これらは人体に対し毒性がありませんでしたが人類にとって生存に不可欠な物質ではありませんでした。 その後の通信の結果、亜財団は投入した水に対し非常に強い関心を示し、投入した水が「赤色で既存の液体を際限なく侵食する人類に対して有害な物である」と主張しています。この特性の変質は次元差による変異であると結論されました。

備考: 交換されたこれら二つの物質は現在双方の財団で収容対象に指定されています。

物質相互投入実験2 - 日付7D7/█/█

要求: 両財団の存在する星において最も一般的な金属を代表する物質を最大限の純度で最も精度の高い加工技術を用いて規則的な形にし投入

対象: 純度FF.FF %の鉄を真球にして投入

結果: 非常に不規則な形に加工された未知の物質1 kgの形に関する質問を亜財団に提出したところ、"次元差による変化の範囲内である"と回答がありました。なお、亜財団の加工技術は断面の解析結果より人類より低レベルであると結論されています。また、亜財団は財団が投入した鉄に対して非常に強い関心を示し、それらが「危険な認識災害を伴う物質であり、似た形の物体を作成する無謀な努力を試みさせるものである」と主張しています。

備考: 交換されたこれら二つの物質は現在双方の財団で収容対象に指定されています。

相互人体投入実験 - 日付7D7/█/█

要求: 亜財団の職員の中から実験用の人物1名の投入

対象: 健康的なDクラス職員の中からD-3DEC6Dを選出し投入

結果: SCP-700-JPの外観より観測される内部に存在した二足歩行生物と全く形の違う生物(以降、SCP-700-JP-1と呼称)が排出されました。SCP-700-JP-1は中心から伸びる2Aつの突起物を持ち、それぞれの突起の末端部分は大小様々な膨らみを持っています。そのうち1つの膨らみを繋ぐ結合部を振動させることで声を発することが分かっています。この声は人間の可聴領域と不可聴領域の音を不規則に発しており、解読は困難です。排出からおよそ18時間でSCP-700-JP-1はそれまで行っていた移動や跳躍などの運動を止め、発声も見られなくなり、完全に活動を停止しました。この現象は死亡と推測されており、遺体はSCP-700-JPへ投入されました。 
亜財団はD-3DEC6Dの投入から3時間後に通信を行っており、内容はD-3DEC6Dが「非常に敵対的で自ら改変した歴史に自らを組み込み、人類に重篤な危害を及ぼす凶暴で強力な武力を持つ人型オブジェクトであった」とするものでした。亜財団へこちらの研究結果を報告した際の返信を鑑みて検証した結果、これらは次元差による変異だと結論されました。 

備考: 後の通信により亜財団は財団が投入したD-3DEC6Dの特異性のため財団への返還を希望していますが、それらは亜財団側の力では困難であるため、早急な返還は不可能であると主張するものでした。財団はこの通信に対して「困難であれば返還を要求しません。D-3DEC6Dの封じ込めが最大限であるならば亜財団に委ねます」と返答しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。