SCP-701
評価: +14+x
scp-heritage-v3.png
SCP-701.jpg

SCP-701-19██-AよりSCP-701-1の静止画像

アイテム番号: SCP-701

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-701に関するすべての材料は、貯蔵サイト██の三重ロックを施された書庫に保管されます。これらは現状以下のアイテムから構成されています。2部の現存する1640年版のクォート版のコピー。27部の1965年版の大型ペーパーバック。10部の1971年版のハードカバーのコピー。21部のフロッピーディスク([削除済]に掴まれ襲われるデータから成る)。1本のS-VHSビデオカセットテープ(SCP-701-19██-Aに指定)、1本の起源不明の鋼鉄製のナイフ(SCP-701-19██-B)これらのアイテムはいずれも、決してこの部屋から持ちだされてはいけません。エリアへのアクセスは重度の監視を受けます。どんなことがあろうとも、書庫へのアクセスにはL████, R█████ ,J██████博士からの直接の許可を得る必要があります。

説明: SCP-701、吊られた王の悲劇は五幕からなるチャールズ1世時代(1625年 - 1642年)の復讐悲劇です。劇の上演は、観察者と参加者との間で発生する突然の精神病的、自殺的な振る舞いだけでなく、謎の人物(SCP-701-1と指定)の出現と関係しています。█████人から█████人以上の人々の命が、過去三百年間に奪われたと見積もられています。

吊られた王の悲劇の上演は必ずしもSCP-701の発生を意味しません。██回発生した公演のうち、██回(36.78%)のみがSCP-701の発生に繋がっています。歴史的な記録の調査によると、これらの発生には一般的に同じパターンを辿ります。

  • イベント1-2週間前(7-14日): ドレスリハーサルの間、出演者たちは自発的に出版された台本から逸れ始めます。即興の結果台本を離れるというより、むしろ俳優が新しい台本の版に従っているように、台本からの逸脱は整然と首尾一貫しています。キャストと裏方はその変化に全く気づいていないようです。また、もし仮に変化が彼らの注意を引いたとしても、もともとそういう台本であったのだと答えます。
  • イベント2-3時間前: 発生は一般的にオープニング·ナイトの間、そうでなければ最も出席者の多い公演(一般に開演から一週間以内)に起こります。
  • イベント1-2時間前: 第一幕の最後のシーンで、SCP-701-1がステージに現れます。たいていは舞台の脇、あるいは背景に現れ始めます。SCP-701-1は舞台へ上がる際も降りる際も舞台裏を通っているようには見えません。舞台からはただ単純に消えます。役者たちは少なくとも最初の頃はSCP-701-1について注意を向けたりコメントしたりはしません。
  • イベント: 第五幕の晩餐会のシーンでSCP-701-1は吊られた王として演劇に現れます。役者たちはお互いに殺しあったり、自殺します。しばしば独りでにに舞台に現れるように見える小道具を使います。観客席でも暴動が発生し、観客たちはそれまでの人間関係に関わらず目の前の相手を誰でも無関係に攻撃します。
  • イベントの後: もし生き残った観客たちがいれば、彼らは劇場を出るかもしれません。その場合、彼らはランダム、あるいは日和見的な暴力行為に関与し続けます。犠牲者たちはこの場合鎮静、あるいは抑制を必要とします。犠牲者達の本来の人格は"イベント"のおよそ24時間後に戻り始めます。生き残った犠牲者たちは通常、心的外傷を示す徴候を見せます。何人かはイベントの記憶を失います。残りは永久的な昏睡状態、あるいは精神病に陥るでしょう。

典型的な発生事例の研究には、インシデントレポートSCP-701-19██-1を参照してください。19██年の█████████████, ████における高校の演劇発表会でSCP-701がイベントに至るまでの分析がなされています。出版された台本の詳細については文書SCP-701-1640-B-1を参照してください。

端的に言ってしまえば、SCP-701は自己進化するミーム的なウイルスです。劇の台本は未知の手段によって発信されます。L████ 博士は[削除済]とSCP-701の"イベント"に関連があるとの仮説を立てました。衛星による観測の結果、19██事件の発生した████における██████レベルの突出は[削除済]との一致を指し示しているというものです。

財団のエージェントはSCP-701が出版されたり上演されたりせぬように絶えず監視して抑制しています。しかし、我々のその足取りを追跡する最高の努力にも関わらず、異なったタイトルでアップロードされた台本がオンラインで入手できるままとなっています。これらのコピーの起源を探ったり、孤立させるすべての試みは失敗しました。台本の出版を抑制するために、1971年の学術版のコピーの殆どを拡散前に破棄する試みにはほぼ成功していました。にも関わらず、1965年版の大型ペーパーバックのコピーは、大学と高校の図書館で若干の規則性を含む出現をしました。エージェントはもし可能ならばいつでもこれらのアイテムを確保するか破壊することになっています。

歴史: 吊られた王の悲劇は1640年にクォート版として出版されたことが知られています。台本の作者は書かれていません。出版社の一つであるウィリアム・クックはその後すぐに歴史から姿を消しました。奇妙なことに、テキストはロンドン書籍出版業組合の記録には現れませんでした。

既知のうち初めてのSCP-701"イベント"は18██年、アメリカ合衆国の██████,████,██での演劇公演で起こりました。それ以外の重要な事件としては、19██年の██████,████,██における小劇場での公演、1964年の██████████,███████████,の██████████大学による公演、財団によって初めての抑制に成功した19██年の██████大学での公演、19██年の██████,CAにおける学生グループの公演、そして19███年の██████████放送によるテレビへの適応(財団が放送前に差し止めることに成功しました)、そして、SCP-701-19██-1事件として指定された████████████████における19██事件があります。

出版履歴:

  • オリジナルの1640年版のクォート版(既知のコピーはすべて財団所有)
  • 1733年版の二つ折り版(1790年再版)
  • 1813年版のケンブリッジ大学出版局版
  • 1965年版の大型ペーパーバック版
  • 1971年版のハードカバー版

エージェントは台本のコピーがしばしば異なったタイトルやスペルで誤った場所にファイルされることに注意してください。さらに、1965年版の写真複写が、アメリカ合衆国の大学演劇部によって合衆国、及びイギリスにおいて流通していることが発見されました。

追記:

  • 私の推測では、[削除済]の可能性が高まっています。私はSCP-701をKeterにアップグレードすることを再び推奨します。SCP-701のミーム的ウイルスは侵略シナリオの最前線である可能性が非常に高いのです。さらにまた、 [削除済]。 - L████博士、1237116060。
  • 提案は拒絶する。我々はSCP-701がXK-クラスシナリオを起こしうるといういかなる情報も持たない。事実に直面しよう、ドクター。長い間これに関しての秘密は漏れていたのだ。そして、我々の業務において、10年おきに100人程度失うだけなら我々はラッキーだと判断せざるを得ない。 - O5-█、1237197060。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。