SCP-704-KO
評価: +4+x

アイテム番号: SCP-704-KO

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-704-KOはサイトのSafeオブジェクト用金庫に保管します。その異常性が発揮されるためには6時間程度の比較的長い時間がかかるので、収容プロトコルは承認された人物のみが接近できるようにすることで十分であると言えます。万一、以上の収容プロトコルに反し、異常性が発揮された場合、強制的に引き離し、その人物に鎮静剤を投与して最低24時間隔離および観察してください。

説明: SCP-704-KOは外観に特異な点が無い青色の布団で、布団についている商標からしてプロメテウス研究所で作製されたとみられます。SCP-704-KOは本来アメリカ、ニューヨーク州、[編集済み]で発見されたものと推定されています。以後民間密輸業者に渡されて、取り引きされ、韓国まで密輸された後に財団に回収されました。

SCP-704-KOの異常性は人間がSCP-704-KOを最低6時間以上被った以後から始まります。その時点以後から露出した人間は激しい疲労と闇に対する深刻な恐怖を訴えるようになります。このような恐怖は一種の恐怖症(phobia)で単純な心理的圧迫感からなるものです。すなわち露出した人物は闇を一種の物理的な事物と考えて”闇に対する接触”を忌避する態度を見せます。全身を布団の中に入れれば闇と自身の間に布団という障壁ができ、それによって保護されることができると考えます。実験により、この段階でSCP-704-KOを強制的に剥いだ場合、24時間程度安静をとるようにすれば正常な状態に戻すことができるということが判明しました。

しかし、そうせずにSCP-704-KOを約12時間程度被っていれば露出した人物の闇に対する恐怖症は非常に深刻になります。露出した人物はSCP-704-KO中に体を入れても布団の中にも同じように闇があるということで深刻な恐怖を訴え、布団の中に入れる懐中電灯や電球のような光源を要求します。また、光源のために必然的に生ずる若干の影も完全になくすために布団の中の空間を隅々まで明るくしようとします。照度を被験者が自由に調節できるようにした実験の結果、被験者は30,000ルクス(lux)まで照度を上げました。これによって露出した人物は睡眠を全く取ることができません。

それに加え、露出した人物はブランケット症候群1の患者らと似た症状を見せます。露出した人物は24時間SCP-704-KOを被ってそこから抜け出さなくなります。食事、読書、勉強、排泄などすべての活動をSCP-704-KOを被ってするようになります。被験者はSCP-704-KOを剥ごうとする試みに暴力的に抵抗するため、大人用おむつをつけたり、着替えさせようとする試みは今まで成功しませんでした。これによって露出した人物の衛生状態は非常に悪化します。

ただし相当な物理的力により露出した人物を横になっている状態で移動させることはでき、そうした場合、ニカブ2のようにSCP-704-KOを被って動くことがあります。

異常性の最後の段階はSCP-704-KOを被って約24時間が過ぎれば現れます。この段階でSCP-704-KOは素早く被っている人物の体をぐるぐると巻き始め、同時にSCP-704-KOの内側とその周辺が急激に暗くなり始めます。これは如何なる強力な光源があったとしても関係なく現れ、露出した人物がいくら抵抗してもSCP-704-KOを剥ぐことはできません。布団がこれ以上闇に対する”障壁”にならないため被験者の恐怖は非常に大きくなり、呼吸困難などの症状を見せることがあります。物理的力によって強制的にSCP-704-KOを引き離そうとする試みは今まで成功していません。

さらに約2時間が過ぎれば被験者は失神して、深刻な昏睡状態に陥ります。その後にSCP-704-KOを平凡な布団のように引き離すことができます。露出した人物が昏睡状態から回復した比率は今まで25%程度です。

この段階まで経験して回復した被験者は共通して布団や毛布に対する深刻な恐怖症を表しました。現在までこれは回復不可能であるとみられますが、これが異常性によるものかは判明していません。

付録704-KO-1
SCP-704-KOは2014年大韓民国、ソウル市、江南区、[編集済み]の家庭で発見されました。その家の両親は下記の広告を見てこれを購入することになったと述べ、大学入試を控えた娘の睡眠時間が非常に長いことが心配になったためだと話しました。

下記の広告はプロメテウス研究所で直接作成され、密輸業者はこれを翻訳して利用していたものと思われます。

SPECIAL PROMOTION

あなたの子供が布団の中に閉じこもってゲームだけして心配ですか? ”布団の外は危険”と同じことを言っていますって?
最新の心理学理論に基づいた強大な治療道具、疲労の布団がここにあります!
Guthrie博士はすでに彼の疲労法3理論により、相談とトラウマ治療に途方もない成果を出しています! スキナー博士をはじめとする全ての行動主義者などが彼を支持しています!
先着順100個、今販売します!

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。