SCP-705-JP
評価: +6+x

アイテム番号: SCP-705-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-705-JPはサイト-81██の三層に分けられた生物収容室の第三層に現在███匹飼育されます。収容室には財団指定の防疫服を身に着けて入室し、退室時には第二層目に備え付けられた液槽に8分間浸かり、付着しているSCP-705-JPを窒息死させて下さい。収容室に毛皮製品を持ち込むことは許可がない限り禁止されています。実験を行った後には使用した毛皮製品を必ず燃却して下さい。SCP-705-JPが第一層目まで脱走した際には、そのSCP-705-JP群に対して燃却処理プロトコルを開始して下さい。
外部でSCP-705-JPが発見された場合には当地に燃却部隊が送られます。燃却部隊がSCP-705-JPの処理を終えた後、現場は後述の「再出現」のため、監視されます。実際に再出現が発生した場合には目撃者にはBクラス記憶処理が行われ、現れた実体は近隣のサイトに送られます。

説明: SCP-705-JPは異常な飢餓、薬剤耐性を持つコロモジラミ(Pediculus humanus corporis)です。通常は他の異常性を示しませんが、毛皮製品に寄生した場合にさらなる異常性を発現します。SCP-705-JPに寄生された毛皮製品は人間に使用された場合にその人間(以下被験者)を消失させます。後に大多数の被験者は消失から最短49分、最長█ヶ月間の期間を経て消失地点に再出現します。

帰還した被験者の内、87%には全員、以下の項目全てが認められます。

  • 頭部への複数回の打撲痕
  • 項周辺の切創
  • 首への極度の圧迫痕
  • 声帯と両腕の切除等の外科的な手術痕
  • PTSD等に該当する心的外傷

下の2つが主な原因となり、これらの被験者へのインタビューの試みは成功していません。

残り13%はSCP-705-JP-Aへと変質しています。SCP-705-JP-Aは被験者と同一の個体で、消失中の記憶を保持していません。それにも関わらず、SCP-705-JP-Aは共通して毛皮製品は非人道的で使用されるべきではないという認識を持ち、毛皮に関連した話題が出てきた際に極端な言動と行動の変化が観察されます。

その変化からSCP-705-JP-Aは毛皮製品を使用することを嫌悪し始め、毛皮製品使用への批判、不買運動、さらには反毛皮団体への入団又はその創設を行います。この行動は過激化していき、最終的に毛皮関連企業に対しての銃撃、爆撃、██等の武力行為に発展します。
この行動について、SCP-705-JP-Aへの尋問では、「動物がかわいそうだから」「やらなくてはいけない」「義務なのだ」等と回答します。なぜやる必要があるか、何からの義務なのかという質問に対して明瞭に答えられる個体はいませんでした。

また、SCP-705-JP-Aが接触した毛皮製品の表面にはSCP-705-JPが約███匹出現します。この性質から、現在確認されているSCP-705-JP-Aは全て拘束されています。

消失後、再出現していない被験者は本稿執筆時点である現在まで消息が判明していません。

補遺1: SCP-705-JP-Aへの検査の結果、数種の向精神薬と未知の薬剤、並びに財団において旧世代に使用された█クラス記憶処理薬1が投与されていたことが判明しました。
このことから、SCP-705-JP-Aに対して坑█クラス記憶処理薬を投与することで消失現象中の出来事の解明を行うことが提案、承認されました。


補遺2: 記録調査の結果、19██年1█月█日、█クラス記憶処理薬を含めた医療品がサイト-██への輸送中に「動植物の解放戦線」を名乗る団体に強奪されていたことが判明しました。 現在、「動植物の解放戦線」についての調査が進行中です。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。