SCP-705-KO
評価: +5+x

アイテム番号: SCP-705-KO

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-705-KOは現在無効化されている状態です。Dクラス職員を少なくとも8人以上SCP-705-KOの周辺100m以内に配置し、無効化状態で現れるデルタ/A9精神汚染(デルタ/A9精神汚染のリストは別添文書705KO-δ/A-9を参照)が存在するか否かを確認します。配置されたDクラス職員は96時間ごとに交代されなければならず、もしもデルタ/A9精神汚染に打ち勝つことが出来ず、脳死や昏睡状態などの精神的崩壊を起こした場合には即座に射殺されなければなりません。

もしも配置されたDクラス職員がデルタ/A9精神汚染を起こさなかった場合、その原因を即座に究明しなければなりません。この現象における原因要素のほとんどは該当者が壊れた神の教団の狂信的、呪術的な信仰を持っています。もしもデルタ/A9精神汚染が起きない原因が96時間以内に究明されなかった場合、これはSCP-705-KOの活性化が発生したものと見做します。その後、SCP-705-KO周辺5km以内を迅速に封鎖して外部からの出入りを阻止し、配置された全てのDクラス職員は死亡者と見做されます。

SCP-705-KOがどのような状況で、どの程度で活性化されるかはまだ知られていないため、現象を通じて状況に合う規約を実行します。もしもSCP-705-KOを包んだ霧が薄くなったり、特定の形状を成した場合はアネリオス-1規約を実行します。もしもSCP-705-KO周辺5km以内に設置した録音機やカメラが非正常的な幻覚や幻聴を観測したり、その範囲にいるDクラス職員以外の人間がデルタ/A9精神汚染を起こした場合にはアネリオス-2規約を実行します。最後にSCP-705-KO内部に存在する形、つまりSCP-705-KO-1が実際に活動する姿を見せた場合には直ちにアネリオス-3規約を実行に移し、O5評議会に報告します。これら以外の現象が発生した場合には収容担当者に判断を一任します。


アネリオス-3規約が失敗した場合、XK-クラス地球滅亡シナリオが発生したと見做されます。この時に備えるための特別収容プロトコルは未だ存在していません。

説明: O5評議会の決議により全て機密処理とする

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。