SCP-706-JP
評価: +54+x
sloth.jpg

発見当時のSCP-706-JP

アイテム番号: SCP-706-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-706-JPはSCP-706-JP専用ユニットにおいて一般的生物オブジェクトと同様の収容を行ってください。ユニット内にはクリアランス3以上の研究員から許可されない限り、一切の物品の持ち込みを禁止します。ユニット内は6時間ごとに800℃以上の高温状態におき、SCP-706-JPの殺害を行ってください。この条件が満たされない場合、保全部隊によって即時SCP-706-JPの殺害を行ってください。

説明: SCP-706-JPは、雌のノドチャミユビナマケモノ(Bradypus variegatus)です。生物的条件の一切は、後述の異常性を除き、通常のノドチャミユビナマケモノと差異は認められていません。

SCP-706-JPは同種の個体と比較して非常に高い好奇心を持ち合わせています。SCP-706-JPは初めて見る物品に対し、非常に機敏な動作で接近し、多くの場合その使用方法を理解することに専念します。使用方法の理解にはおおよそ8–48時間を要し、使用方法を把握するまで食事を含む一切の生理的行為を行いません。

SCP-706-JPが物品の使用方法を理解する1と、誤った使用法で物品を使用、あるいは誤った使用法に遭遇します。その使用は現在時点で全てがSCP-706-JPの死亡に繋がる事件を引き起こす結果に終わりました。SCP-706-JPが明確な知性、あるいは自死願望を持ち合わせているかは不明です。

SCP-706-JPは死亡後、約1時間後に死亡した箇所の周囲1m以内に再出現します。再出現した個体はDNA検査の結果、死亡したSCP-706-JPと同一個体であることが判明しています。この現象はSCP-706-JPが自死した場合に限定されません。また、SCP-706-JP個体の死体は、死亡後、約1時間程度で消滅します。

以下はSCP-706-JPの死亡記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。