SCP-710-JP-J
評価: +216+x
アチョー.jpg

練習に励む職員たち

アイテム番号: SCP-710-JP-J

オブジェクトクラス: Achoo!

特別収容プロトコル: SCP-710-JP-Jを記した巻物は収容ロッカーへ施錠して保管します。AからCクラスのあらゆる職員は門外不出のSCP-710-JP-Jを記した巻物のコピーを自由に入手することができます。

収容環境または危険なタスクに対する職員の生存率の向上のために、SCP-710-JP-Jの習得が推奨されています。許可を得た職員は就業時間のうち1日3時間までをSCP-710-JP-Jの訓練に費やすことができます。また、職員はそれぞれの作業着や白衣の代わりに道着を着用することが認められています。

説明: SCP-710-JP-Jは科学的根拠に基づく財団秘伝の徒手武術です。科学的に証明された技と体系的なトレーニング法が確立されており、現在では多くの財団職員が日々訓練を積んでいます。また、現在でも研究が行われており新たな技が開発されています。

当初、財団職員の████博士が独自に科学的見地から有用な拳技をまとめていました。19██年、Dクラス30人の脱走が発生した際、████博士がたった一人で、SCP-710-JP-Jを用いて暴走を鎮圧しました。この功績によりSCP-710-JP-Jが財団内部で広く知られることになりました。最初は多くの研究員がSCP-710-JP-Jに懐疑的でしたが、後にSCP-710-JP-Jの術理が科学的に証明され、非科学的性質はないことが認められました。

以下はSCP-710-JP-Jの技の抜粋です。

  • 共振パンチ: 共振現象を引き起こすことでより硬い物体を破壊する
  • 共振遠当て: 手を振動させて音波を発し、共振現象で離れた場所にある物体を破壊する
  • テレポ遠当て: 量子もつれ現象を用いて離れた場所にある物体を破壊する
  • 爆風キャンセリング: 正拳突きにより発生する衝撃波の波形を爆風と合わせることで、衝撃を相殺する
  • 確率論的回避: 確率的に軌道を予測することで銃弾を回避する
  • 量子歩法: 特殊な歩き方でトンネル効果を発生させ、壁をすり抜けたり物体を回避したりする

インタビュー記録-710-JP-J: 20██/██/██、新しく財団に雇用された████博士がSCP-710-JP-Jの存在を執拗に否定しました。何らかの記憶影響・ミーム汚染が考えられるために、████博士へのインタビューが行われました。

対象: ████博士

インタビュアー: ██研究員

<録画開始>

██研究員: ████博士、どうしてあなたはSCP-710-JP-Jの存在を否定されるのですか?

████博士: こんなことはあり得ないからだ。

██研究員: SCP-710-JP-Jの技は全て科学的に証明されており、疑う余地はありません。あなたも資料をご覧になったでしょう?

████博士: あんなもの屁理屈だ! 確かに固有振動数の求め方は合っているが、物体の重さやばね定数を目測で調べることなんて不可能だし、人間が正確に10Hzの打撃を撃ち込めるわけがない!

██研究員: 共振パンチ!

[██研究員が115Hzの打撃を撃ち込みデスクが四散する。5秒間の沈黙]

██研究員: ええ、実際にご覧になってもまだ信じられませんか?

████博士: 嘘だ……まだオカルトの方が信じられるぞ。

██研究員: オカルトではありません。そんなものは敵対組織に任せておけばいい、我々は科学的知識に基づいて仕事をするのですから。あなたもここでのやり方に慣れてください。

████博士: こんなの……私は信じない……。

[窓ガラスの割れる音。直後にエージェント███が飛び込んでくる]

エージェント███: 大変です! カオス・インサージェンシーが攻めてきました!

██研究員: 機動部隊で鎮圧できないのですか?

エージェント███: それが今回の連中はなかなかの手練れで、しかもSCP-710-JP-J伝承者を名乗る一人は、レベル4の職員でも太刀打ちできないのです!

██研究員: まさかそんなはずは……。

エージェント███: とにかく加勢をお願いします!

██研究員: わかりました。████博士は危ないのでここで待っていてください。

[割れた窓ガラスの向こうへ飛んでいく██研究員およびエージェント███]

[一人残される████博士]

<録画終了>

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。