SCP-718
評価: +2+x
Bloodshotka1.jpg

SCP-718

アイテム番号: SCP-718

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 長期間のSCP-718の観察は禁じられています。全ての観察と接触は5から10分の期間に制限され、24時間毎に職員を交代させます。SCP-718に対しては最大限の注意が掛けられ、防護服は全職員に課せられた義務です。SCP-718への損害は可能な限り早く報告しなければなりません。

推奨期間より長くSCP-718を監視または接触している職員は排除され、場合によっては武力も伴います。奇妙なまたは暴力的な行動をしている職員は異動されます。

説明: SCP-718はおおよそ野球ボールの大きさの目です。長く細い、腱と血管で出来た軸で支えられています。高さは1.22m(4ft)あり、栄養を必要としなければ、排泄もしません。目は視界に入る生物に向いて追いかけます。軸は限定的な動きが可能で、生物を短距離追いかけます。生物が存在しない場合、SCP-718は収容エリア内の機材を見つめます。SCP-718は他の動物よりも人間を凝視することを好みます。

SCP-718に見つめられると即座に不快感とパラノイアが誘発され、しばしば見られた人物はSCP-718の破壊を試みようとします。目は損害を受けると爆発し、粉になる前に全ての近くの表面に透明の流体が降り注ぎます。流体に触れた物体は透明の水膨れのような泡を発達させてゆっくりと黒くなります。24時間後、"水膨れ"は破裂して20.32cm(8in)のSCP-718の複製が現れ、数日でフルサイズに増大します。これは全ての有機物と多くの無機物で示されました。

生きた対象ではSCP-718の複製は永久に付属します。除去は可能ですが、外科的なSCP-718の除去の試みは対象に対し甚大な痛みを引き起こします。漠然かつ持続的なSCP-718の他の複製を破壊したいという欲求を除き、宿主が除去後に悪影響を受けることはありません。

SCP-718が生きた対象から除去されなかった場合、実験では対象はSCP-718を通じて'見る'ことができることが示されています。SCP-718での視界は独特で、通常の視覚を失う代わりに、[削除済]を見ることができます。これは対象に対して非常に有害な影響を及ぼし、精神安定が大幅に揺らぎ、しばしば自殺に至ることもあります。宿主の死亡はSCP-718の破裂を引き起こします。

現在86体のSCP-718が収容室に収容されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。