SCP-721-JP
評価: +41+x
natsubi.jpg

探査ドローンによって撮影されたSCP-721-JP-α上空の画像

アイテム番号: SCP-721-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-721-JPの出入り口双方には鉄製の施錠扉が設置され、さらにその周囲をフェンスで囲むことで民間人の侵入を防ぎます。隣接する施設にはSCP-721-JP-αに投入された探査ドローンから送信される情報の処理を行う人員として2名以上の職員を常駐させてください。SCP-721-JP-αへの人員の投入を行う際にはレベル3以上の職員による承認と、通信機器および進行距離を計測可能なメーター等を装備させることが要求されます。オブジェクトの性質が解明されたと判断されるまで廃棄物処理施設の建造計画は無期限に延期されます。
プロトコル更新(19██/█):計画の凍結解除がサイト-81██管理者によって承認されました。それに伴いカバーストーリーの適用等、民間人の立ち入りを防止するためのプロトコルが一部強化されます。

説明: SCP-721-JPは██県██市郊外の旧道に存在する下り坂へ続くトンネルです。SCP-721-JPはヒトが下り方面に向かって進入した場合に限りその異常性を発現させます。トンネル出口を通過した人物(以下、被験者)は特定環境への急激な変化を知覚するとともに、外部からはその姿が完全かつ瞬時に消失する様子が確認されます。この現象が時間軸の切り離された異常領域への侵入によって引き起こされるものなのか、現実を模倣した異常空間への転移によって引き起こされるものなのかは判明していません。
SCP-721-JP-αと指定されたこの空間内で観測される景観および環境は常に一定に保たれており、現実空間における変化の影響を受けることはありません。SCP-721-JP-αにおける天候、気温、湿度、風速、雲量、太陽高度、および北東方向上空に残存する航跡雲1などといった情報は、19██年8月██日██時██分時点でその環境が固定されている可能性を示唆しています。またセミの鳴き声2や動物の生活に依存する植物や真菌といった兆候が見られるにも拘らず、現在までSCP-721-JP-α内で動物の存在が確認されたことはありません。

SCP-721-JP-α内では、被験者がSCP-721-JP-αに対して抱く主観的な認識や感情に応じてその度合いを変化させる特異な空間的異常を呈していると考えられています。現在SCP-721-JP-α内では少なくとも█████████%を超える極めて顕著な空間拡張が発生しており、この拡張率はSCP-721-JP-α内に新たな被験者が侵入することで上積みされる形で加算されます。Dクラス職員の投入実験から得られた一人あたりの加算率の平均はおよそ0.17%です。
またSCP-721-JP-α内では時間の経過や活動とともに通常発生するあらゆる物質的、精神的な変化や消耗が表れません。その影響から被験者は時間や空間を把握する能力の極端な低下を経験し、SCP-721-JP-αの性質を認知した上で意識を向け続けない限り空間内での時間経過や進行距離に対して無関心であり続けます。

SCP-721-JPは19██年、廃棄物処理施設の最終建造候補地の視察に訪れた民間人により偶発的に発見されました。狼狽した様子で夏に変わる道があるとの証言を行う人物の情報を、付近に潜伏していた財団エージェントが捕捉し調査が行われました。
現在、SCP-721-JPの近隣地域一帯を所有していた有真██氏がオブジェクトの起源に何らかの形で関与していたと見られています。有真氏はナショナルトラスト運動3を中心とした環境保全・自然保護活動に従事する、とりわけ開発事業に批判的な活動家として知られていました。彼がその青年期にディープエコロジーに類する複数の過激な自然保護団体を渡り歩いた後、ニューエイジの神秘主義を主張するカルト宗教に傾倒したという経歴はオブジェクトの起源を推し測る上で注目すべき点です。有真氏はSCP-721-JPの存在が発覚する█年前に消息を絶っており、ほぼ同時期に行方不明となっていた氏の実子二名とともに捜索願が提出されていました。財団による捜索が行われましたがその所在は現在に至るまで不明です。

SCP-721-JP-αは現在も少年ら二名によって拡張され続けているものと考えられています。投入された探査ドローンによる両名への接触が成されるには███年を要すると見積もられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。