SCP-731-JP
評価: +62+x

アイテム番号: SCP-731-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-731-JPは低脅威物品保管庫の小物用収納棚へ収容してください。この際、他の筆記用具との混同を防ぐため、SCP-731-JPの移送に携る・あるいはSCP-731-JPが収容されている保管庫へ立ち入る職員の赤ボールペンの所持は禁止されています。
実験の場合を除き、SCP-731-JPを用いて文字、図形などを筆記する事は禁止されています。また、実験の際においても屋外地面への筆記は厳禁とされています。
実験などによりSCP-731-JP-Aが出現した場合は、SCP-731-JP-Aに関する用件が済み次第SCP-731-JPを用いてSCP-731-JP-Aの出現している丸型を端から隙間なく塗り潰し、実体を消滅させてください。SCP-731-JP-Aが出現している丸型および紙に対するボールペン用消しゴムや薬品の使用、刃物などによる切断や手での破棄、焼却などは不可能であることが確認されており、SCP-731-JP-Aの抵抗により周囲へ危険を及ぼす可能性があるため、行わないでください。

説明: SCP-731-JPは、赤インクカートリッジのボールペンです。SCP-731-JPと同型のボールペンはこれまでの市販品からは発見されておらず、現在も製造販売元の特定作業及び同一品の捜索が続けられています。通常のボールペンと比べ外見・構造・インク成分の大きな違いはみられませんが、いかなる使用実験でもSCP-731-JPのインクの減少及びペン先の摩耗は確認されず、またペンのカートリッジ部の分解はできませんでした。なお、研究の結果SCP-731-JPの書き味は非常に良好であり、表面のつるつるした物や表面の粗い板、コンクリート、アスファルトなど通常のボールペンでは筆記困難な物体へも書き込み可能であることが確認されている一方、人の皮膚など生物には書き込めないことが判明しています。

SCP-731-JPによる異常現象は、SCP-731-JPを用いて丸と形容できる範囲の図形が描画された際に起こります。この時描画された線は閉じられている必要があり、閉じられていない描線は異常現象を発生させません。また、句点の「。」、数字の「0」、アルファベットの「O」や崩して書かれた漢字の「口」部分など、独立して丸型の線が描画される文字も異常現象の発生源となりうることが判明しています。一方、「す」や「d」などにみられる他の線を多分に含む丸型、四角など多角形、漢字の筆記中に発生する四角や三角の線に囲まれた面などでの異常現象の発生はみられませんでした。
SCP-731-JPを用いて丸型となりうる線を描画中、その周囲より小学校低学年ほどとみられる複数の子供のような声で「まーるかいて……」と絵描き歌の一節が聞こえます。描画者の周囲の人間にもこの声が聞こえる事が確認されていますが、音声の出所は現在まで判明していません。
丸型の線が閉じられた瞬間、「ドーン!」の声と共に丸型の内側より腕(以下、SCP-731-JP-A)が勢いよく発生します。SCP-731-JP-Aの出現する原理は現在のところ判明していません。厚手透明フィルムへの描画実験により、SCP-731-JP-Aは丸型に描画された面から発生し、紙または描画された物体の内部など他の部分には干渉していないことが確認されています。

SCP-731-JP-Aは、黒のボールペンで落書き風に描かれたような外観の、人間の手から肘周辺までの輪郭と、紙の色に合わせた色の肌で構成されている、実際に触れることが可能な立体的実体です。SCP-731-JP-Aは描画された丸型の大きさに沿ったサイズで出現し、力の強さも丸の大きさに概ね比例して強くなることがこれまでの調査により判明されています。なお、SCP-731-JP-Aの二の腕より上の胴体側とみられる部位の出現や一般的な人間の腕の長さから逸脱した伸長、描画された丸型から実体が自発的に離脱したケースは現在まで報告されていません。
SCP-731-JP-Aが出現している間、SCP-731-JP-Aの発生している丸型が描画されている物体および丸型の描線はボールペン用消しゴム、薬品、刃物、火気、水分などによる消去、破壊を受け付けないことが確認されています。(実験記録1-3を参照してください)

主な実験記録は下記のとおりです。

補遺: SCP-731-JPは██県██市の██中学校で20██年██月██日深夜、職員室に1人で残っていた██教諭が定期テストの採点を行おうとした際にその異常性を変則的ながら発現させました。これによりパニックに陥った教諭が近隣の病院に搬送されたことで財団職員が異常を感知し、財団による回収がなされました。関係者へは記憶処理の実施およびカバーストーリー「疲労による一時的パニック」の流布をもって対処しました。
この件においてSCP-731-JP-Aの発生は確認されませんでした。██教諭は丸印及び数字の0などの描線を閉鎖せず筆記する癖をもっていたため、SCP-731-JP-Aの出現が起こらなかったものとみられます。

以下は、病院に搬送された直後、記憶処理がなされる前の██教諭のコメントです。

「新しく買ったばかりの赤ペンで採点をしていたんです。そしたら、丸を…丸をつけるたびに声が、声が聞こえたんです。『まー』って。
丸をつけては『まー』、丸をつけては『まー』連続して丸をつけて『ま、ま、ま、まー』…最初は空耳かと思ったんですが、次第に『まー』が悔しそうな感じになってきて、最後には丸を書き終わると『まー』の後に『またー?』って…
私は…何か悪いことをしたのでしょうか?」

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。