SCP-739-JP
評価: +13+x

アイテム番号: SCP-739-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-739-JPはサイト-8107にある低温収容チャンバー内に-20℃で保管し、完全に活性を失った状態を維持してください。

日本全国の医療施設における受診記録から、新たなSCP-739-JPの発生の兆候がないか常に監視してください。新たなSCP-739-JP感染者が発見された場合、発見地点に最も近い財団所有の施設において対バイオハザード設備付きの収容室内で治療し、感染者の体内からSCP-739-JPが消失し、感染のリスクがなくなったことが確認でき次第、通常の症状であればクラスB記憶処理、後述する特異症状の場合はクラスC記憶処理を施して開放してください。該当地域にはカバーストーリー「新型インフルエンザ患者の隔離と治療」を適用した上で対ウイルス装備のエージェントと研究員からなるチームを派遣し、感染源の特定と感染拡大の阻止を目的とした活動が開始されます。

説明: SCP-739-JPは人間に感染するウイルスです。外見的特徴はヒトライノウイルスに酷似しています。SCP-739-JPに感染した人間には発熱やせき、鼻水などの症状が現れます。これらの症状の重さには若干の個人差が認められますが、一般に「風邪」と呼称される症状とほぼ一致しており、同様の手段で治療することができます。

SCP-739-JPの特異性は感染した人間の一部に現れる症状にあります。(この症状を「特異症状」と呼称します。)通常、特異症状の発症率は5%程度ですが、感染者が生物学、化学(特に生化学)の研究をした経験を有している場合、発症率はおよそ80%にまで上昇します。発症者は自分自身を「日本生類創研」の構成員であると認識するようになり、特定の場所に行きたいという欲求を生じます。「特定の場所」は感染が確認された█件の事例で全て異なりますが、日本生類創研関連の施設が存在していたという点で共通しています。体内からウイルスが消え、発熱などの症状が治まってもこの特異症状は継続しますが、クラスC記憶処理によって治療可能であることが判明しています。

SCP-739-JPの特異性の起源を探るために遺伝情報の調査が行われましたが、財団の所有するいかなる機器を用いても塩基配列の読み取りは不可能でした。読み取りを阻害する未知のシステムで守られているものと考えられており、そのメカニズム及び解除の方法について現在研究が進められています。

SCP-739-JPは██県██市で発生した風邪の大流行と現地の██大学にて生物学研究室に所属する教員、学生たちの奇妙な言動が報告されたことから発見され、収容に至りました。調査の結果、██市の歩道沿いにて日本生類創研のラベルが貼られた小瓶が発見され、これがSCP-739-JPの発生源であると判明しました。付着していた物質を解析したところ、SCP-739-JPと複数の香料の混合物で、甘い匂いを発していました。発見した子供が匂いを嗅いだことから感染し、家族や学校の友人等を介して広まったと考えられています。

補遺1: 特異症状発症者へのインタービュー記録


インタビューの結果を受けて、██山には調査員を派遣し、放棄された日本生類創研の施設が発見されました。内部には発見の2日前に行方不明となっていた███氏が昏睡状態で発見され、保護されました。███氏の職業は近隣のコンビニエンスストア店員で、過去研究活動に携わっていた経歴はありません。███氏の衣服のポケットから以下の文書が封筒に入った状態で発見されました。

補遺2: SCP-739-JP感染事例-200█/██/██

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。