SCP-742-JP
評価: +39+x
16592440438_58ce40750f_z.jpg

SCP-742-JP-2。

アイテム番号: SCP-742-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-742-JPはその性質上、封じ込めは行われておりません。ただし来店客が1名以下にならないよう22時から翌02時の間、常に財団エージェントが2名以上、日替わりで入店し待機している必要があります。また、待機中は周囲の来店客に不信感を与えない為に、酩酊しない程度の飲料、あるいは食料を注文してください。 インシデント742-JP-01発生以降、このオブジェクトは特異性を示しておりません。そのため、補修の上通常のカウンターとして使用が継続されています。SCP-742-JP-01のある店舗は、現在財団のフロント企業が買い取り、職員向けのバーとして機能しています。

説明: SCP-742-JPは樹齢推定100年の杉材で構成された鍵型の幅4m、奥行き60cmのバーカウンターです。SCP-742-JPには8脚の椅子が備え付けられていますが、特異性の発現にはこの椅子は関係していないものと思われます。

SCP-742-JPの特異性は日本標準時間22時から翌02時の間に、バーテンダーの████████氏(SCP-742-JP-1)1と二人きりで店内にいる時にSCP-742-JPを介して飲料が提供されると発現します。SCP-742-JPの特異性が発現するとSCP-742-JP-1がその注文にあった飲料を提供しますが、提供された飲料はひと塊の氷を浮かべた透き通った褐色の液体、SCP-742-JP-2に変化します。2

SCP-742-JP-2はアルコール飲料の摂取が出来ない被験者であっても「美味しい」と報告しています。また、未成年者を実験対象とした場合、SCP-742-JPの特異性は発現しませんでした。加えて、一度SCP-742-JP-2を摂取した事のある対象は、発生条件を整えた環境であっても、二度目の実験以降、特異性は発現しませんでした。

SCP-742-JP-2を摂取すると、対象は自身の後悔、あるいは不安について独白し始めます。SCP-742-JP-2は対象が自身の独白を終えるまで無くならず、独白が終了すると同時にグラスを残して消失します。独白が終了すると、対象は概ね10分から15分の深い睡眠に陥り、これと同時に特異性は非活性化されます。

実験の結果、特異性の発現にはSCP-742-JP-1が関係しており、SCP-742-JP-1以外から提供された飲料では発現しないことが確認されています。SCP-742-JP-1を検査のため10日間、サイト-██の低セキュリティヒューマノイド収容エリアに留置した後に改めて実験を行った際、SCP-742-JP-2は約20%の確率でしか発生せず、翌日改めて実験を行った際には70%の確率で発生しましたので、SCP-742-JP-1をSCP-742-JPから引き離した場合に特異性が徐々に無力化されてしまうものと思われます。以上のことからSCP-742-JPが完全無力化されてしまうことを防ぐ為、担当研究員の司馬博士により現状の特別収容プロトコルが設定されました。SCP-742-JPは201█/██/██以降、無力化が確認されています。特別収容プロトコルは改定されました。

補遺01: 本実験では、SCP-742-JP-2を摂取したほぼ全ての被験者が、精神的な満足感及び安定感を得た、と報告しています。これは中度以上の鬱病、あるいは心的外傷後ストレス障害を罹患した被験者であっても同様で、本実験後、それぞれ快癒に向かいました。また、同時期にそれぞれの被験者は精神面、行動面共にポジティブな行動を取るようになりました。詳細は実験記録742-01号を参照してください。

実験記録742-01号 - 日付200█/██/██

被験者01: サイト-██職員(35歳男性、インシデント:SCP-███-██により重度の躁鬱病、及び解離性人格障害を発症)
独白内容: 複数の人格による入れ替わりでの独白。
結果: 実験後「他の人格を受け入れられた」と報告。その一ヶ月後、快癒し現職に復帰。


被験者02: D-00579(52歳男性、特に精神の疾患なし)
独白内容: 自分がこれまで送ってきた人生に対する後悔と、今後に対する漠然とした不安。
結果: 実験後に「最高の一杯だった、ありがとう」と財団職員とSCP-742-JP-1に対して礼を述べた。

特記: 対象はSCP-742-JPへの移送中、反抗的な態度を示していましたが、実験終了後は従順になりました。後にD-00579は定期解雇を拒絶し、財団への貢献を行っています。


被験者03: サイト-██管理者 ██博士(62歳女性。多忙に伴う軽度の不眠症及び鬱病を発症)
独白内容: サイト-████職員、██████研究員との密かな恋について。
結果: 「何もかも満ち足りた気分」と述べた。また翌日、不眠症が快癒した旨の報告があった。

特記: 実験の数ヶ月後、████博士は██████研究員と婚約しました。


補遺: SCP-742-JP-2を摂取した対象は、皆口を揃えて「次に飲む時には、素面で最高の気分の時に飲みたい」「落ち込んでいる時じゃ、もったいない程に美味しかった」とSCP-742-JP-2を摂取した時の印象について報告しています。依存性について研究が行われておりますが、現状詳細は判明しておりません。

補遺02: SCP-742-JPはNeutralizedクラスに分類されましたが、司馬博士は現在もSCP-742-JPの研究を行っています。その結果、SCP-742-JP-2に類似する事象を起こす可能性がある一人のバーテンダーを発見しました。彼はSCP-742-JP-1の一周忌に店舗を訪れ、この店で働きたいと申し出ると同時に、バーテンダーとしての知識と技術を披露しました。彼は一時期、SCP-742-JPによりバーテンダーとしての技術的な指導を受けたと語っています。現時点ではSCP-742-JP-2、または類似した特異性を発生させるに至っておりませんが、司馬博士の提言により、SCP-742-JPのある店舗にてレベル0職員としてバーテンダー業務に従事しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。