SCP-745-JP
評価: +36+x
Scp-745-jp.jpg

SCP-745-JP(収容以前)

アイテム番号: SCP-745-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-745-JPはサイト-8115の対時間異常収容房い-1に収容され、設置したXACTS1は月毎に整備されます。SCP-745-JPは基本的にはレベルⅢ過去改変能力者と同様の規定された収容環境が与えられますが、筆記用具と著作物の提供は許可されません。SCP-745-JPには如何なる形であっても指定された格納エリア外での思考の伝達は行わせないように努めてください。現在SCP-745-JPを用いた実験には碓氷博士の事前の承認が必要です。

説明: SCP-745-JPは収容以前までは日奉樹(Isanagi Tatsuki)として知られていた日本人男性です。7歳の時に養子として引き取られるまでは児童養護施設にて育ち、収容当時(2013/09/12)は26歳だったと記録されています。収容後の精神鑑定では「演技性人格障害」の可能性があると診断されていますが、それと後述の異常性を除けば精神肉体共に通常の人間と変わりありません。
SCP-745-JPは世間的には████関数の一般化や、████████の定理の研究などで多くの業績を生み出し、若くして世界的に注目されていた数学者の一人です。2013年4月に████予想を単独研究で証明し、国際数学連合から異例の特別賞を受賞したことで広く知られています。現在は収容に伴ってカバーストーリー「虚血性心疾患による急死」が流布されており、公的には死亡しています。

その異常性はSCP-745-JPが既存の著作物2を「剽窃」することで発生します。この場合の剽窃とはSCP-745-JPが対象となるものの写し(SCP-745-JP-1と識別)を作成し、「SCP-745-JP-1は自身が独自に考え出したものである」といった旨を何らかの形で他者に提示することです。SCP-745-JPが剽窃を行うと、対象となった著作物やアイディアなどはその時点で「今まで存在していなかったもの」となるように過去改変が行われます。SCP-745-JPとSCP-745-JP-1だけはその改変に伴う再構築の影響を受けません。この能力の対象となるのは人の手で作られたものに限られるようですが、確実な研究データが得られておらず3、対象となるものの条件などは未だ不明瞭です。しかし、過去の事例からこの能力は対象の「写し(SCP-745-JP-1)」と、他者への「提示」が発動に必要不可欠であると決定付けられています。加えて、過去改変の効果流の起点となるのはSCP-745-JP本体であることが収容後の検査で判明しており、現在はこれらの条件を前提にした特別収容プロトコルが適用されています。

2009年の時点でSCP-745-JPによるものと思われる過去改変は、財団の時空間異常制御部門に検知されており、世界規模の起点捜索が実施されていました。2013年9月に過去改変前後記録比較調査の導入によって異常起点と特定され即座に回収が行われました。

補遺1: SCP-745-JPは財団の標準数学適正試験にて112点4を記録しました。

補遺2: 文書:745-JP/インタビューログ群

付録:覚書

診察の結果、SCP-745-JPは演技性人格障害であると断定できます。この人格障害の罹患者は注目されることが何よりの快感であり、それを得るためならば手段を選ばずに嘘を重ね続けるといった行動傾向をとります。SCP-745-JPの場合、今はもうその偽りの人格になりきってしまい、嘘をついている自覚すらもなくなっていると思われます。SCP-745-JPは「若き天才と謳われた自分の死に、世界各国から惜しむ声がある」という今の状況に満足しているのかもしれません。おそらく、彼を希少な過去改変能力者として我々が注目していることも、彼にとっては快感なのでしょう。

過去改変能力を自覚する前のSCP-745-JPは、いたって真面目で優秀な大学生であり、友人も多かったと聞きます。もし過去改変能力を行使しているうちに強い自己顕示欲が表面化し、その人格が歪んだものへと変化してしまったのならば、SCP-745-JP自身も、SCP-745-JPが保有する特異性の被害者の1人であると言えます。

-賀茂川カウンセラー

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。