SCP-746-JP
評価: +20+x
Scp-746-jp.jpg

SCP-746-JP(A形態)

アイテム番号: SCP-746-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 実験やインタビューの対象として用いるためのSCP-746-JPは、A形態(後述)を維持させ、サイト-8114の保安型上級収容房ろ-1を用いて収容します。基本的にはレベルⅢ特異再生能力者と同様の規定された収容環境が与えられます。
B形態に変態させたSCP-746-JPを同サイトの長期生物学的保管ユニットち-1を用いて凍結保存しています。SCP-746-JPを取り扱う場合は、HMCL主任碓氷博士の事前の承認が必要です。

説明: SCP-746-JPは収容以前は日奉椋(Isanagi Ryou)として知られていた日本人男性です。元は児童養護施設に預けられていた孤児であり、5歳の時に養子に引き取られ、収容当時(2013/07/10)は24歳だったと記録されています。収容後、公的身分は交通事故で死亡したように偽装されました。身体的構造に通常の人間との差異は見られません。

第一の特異性はその異常な再生力です。SCP-746-JPは全体のおよそ99.2%を損失した状態から全身を復元させることが可能です。最も大きな損傷を受けたケースでは、手の中指のみの状態から徐々に失った肉体を形成していき、およそ2時間で元の状態へと復元しました。肉体の一部を切り離した場合はその肉片を中心に再生が開始され、結果的には独立したもう一体のSCP-746-JPが形成されます。この新しく生まれたSCP-746-JPは元のそれと同じ人格、組成、特異性、切り離される直近までの記憶を保有した完全な同一個体です。

第二の特異性はSCP-746-JPが死亡した際に発揮されます。SCP-746-JPが死亡すると、前述の再生を経て復活した後、その体表のあらゆる箇所から過剰量の身体各部位が枝分かれ式に発生していき、最終的には全長15mの人型が形成されます。この形態は通常時のA形態と識別され、B形態と称されます。
B形態の形状はその大きさを除けば標準的な男性の体格に近似しており、外見はSCP-746-JPの各部位が密集して構成されているように見えます。B形態の全体の大部分を占めているのはSCP-746-JPの頭部であり、それぞれ個別の意識を保有しています。この時、各SCP-746-JPは完全にB形態の構成物と化しており、B形態は明らかにSCP-746-JPとは異なる人格が制御しているかのように観察できます。B形態は主に近辺に存在する人間に攻撃を与えるなどして、人類に敵対的であるかのような振る舞い1を見せます。B形態を制御する人格とのコミュニケーションは今まで成功していません。
現在までにB形態が同時に複数発生した事例はありません。例えば2体以上のSCP-746-JPが同時に死亡した場合、B形態を発現させるのはその内の1体のみです。B形態が既に存在している状態で他のSCP-746-JPが死亡したとしても、その個体が変態することはありません。B形態の今のところの実行可能な終了方法は、焼却などの手段でB形態を構成しているSCP-746-JPを全て消滅させることです。

補遺1: SCP-746-JPは2013年2月10日に岩手県████市██工業団地からの「妖怪が暴れている」といった旨の通報を発端に初期回収が開始されました。SCP-746-JPはこの時すでにB形態に変態しており、建物を破壊しながら近くの市街地に向かっておよそ時速30~40kmの速度で移動していました。攻撃鎮圧完了後、戦闘の際に散開した肉片から███体のSCP-746-JPが形成されていたため、その全てを確保しました。それらが全て同一の個体であることを確認した後、最も精神状態が安定していたものだけを残して他は焼却処分されました。

補遺2: 文書:746-JP/インタビューログ

日付: 2013/██/██
対象: SCP-746-JP
インタビュアー: 碓氷博士


《記録開始》

インタビュアー: まず、自身の持つ特異性について最初に自覚したのはいつですか。

SCP-746-JP: 俺はあんなことが起きるまでは、自分は普通の人間だと思い込んでいました。ちっちゃい頃から他の人よりも怪我が治りやすい方だとは思ってましたが……い、今まで大きな事故とか病気とかに合ったことはないし、それが普通じゃないことだなんて、分かりっこなかったんです。本当……です。

インタビュアー: 「あんなこと」というのは、2月10日の工業団地での出来事ですか。

SCP-746-JP: はい。あの日、俺はいつも通り工場で働いてました。仕事が終わって、バイクで家に帰る途中、対向車線から急にはみ出してきたトラックを避けようとして派手に転倒したんです。それで気絶して……いや、死んで……目が覚めたら血まみれなのに何処にも怪我がなくて、驚きました。そして[沈黙]

インタビュアー: お話頂けますか。

SCP-746-JP: [少し間が空く] そして、左腕が凸凹と気味悪く蠢き始めて、そしたらその部分が自分の顔になったんです。その顔は喋ってたと思いますが、なんて言ったのかは混乱してて覚えてないです。その後は、肩から腕が、指の間から新しい指が、右腕に自分の顔が、4つ、俺の、顔が、はえて[嘔吐]

インタビュアー: ドクター。

《医療班が対応に当たる。対象はインタビューの続行を希望。対象の容態が安定するまで30分間の時間を要した。》

インタビュアー: 配慮が欠けていました。申し訳ありません。

SCP-746-JP: いえ……でも、あれの一部になってたことは、もう、思い出したくないので、そのことについては訊かないで貰えますか。すいません。

インタビュアー: 分かりました。では、自身の持つ特異性の起源について何か思い当たることはありますか。

SCP-746-JP: [頭を振る] いいえ……全く。

インタビュアー: 工業団地の件のきっかけはバイクの転倒事故のようですが、その時の状況について詳しくお話頂けますか。

SCP-746-JP: ほとんど意識のない状態だったので、なんとも……でも、酷い怪我だったらしく、千切れた指が道路に転がっていたのを覚えています。

インタビュアー: [少し間が空く] 転倒事故に合ったのはどの地点ですか。

SCP-746-JP: 確か███公園と██川の間にある道路です。

インタビュアー: なるほど。[少し間が空く] 今回のインタビューは以上です。ありがとうございました。[警備員に向けて] 退室します。[椅子から立ち上がる音]

SCP-746-JP: あの、すいません。

インタビュアー: なんでしょう。

SCP-746-JP: [3秒間の沈黙] あの、親父が。

インタビュアー: はい。

SCP-746-JP: もしかしたら、親父が、少し、このことに関係しているかもしれません。

インタビュアー: 「親父」というのは、あなたの養父にあたる人物のことですか?

SCP-746-JP: はい。親父は俺たちを「恵まれた素質があるから」って言って引き取ってくれました。養子になった後も「お前には素質がある」ってしつこく言い聞かされました。でも、上京して教授になった兄貴や、頭のいい妹に比べたら、俺には何も素質があるようには思えなかった。でも、今になって考えてみると、もしかして、親父の言ってた「素質」っていうのは、ひょっとして、[発汗]

インタビュアー: 大丈夫ですか、鎮静剤が必要なら

SCP-746-JP: いえ、大丈夫です。あの、だから、親父が何か知っているかもしれません。俺のこの身体について、何かを。

インタビュアー: その人物は今どこにいるか分かりますか。

SCP-746-JP: [頭を振る] 分かりません。3年前に俺たち兄妹を放ったらかしたまま音信不通になって。

インタビュアー: その人物は他に何か示唆的な発言をしていませんでしたか。

SCP-746-JP: [少し間が空く] 参考になるか分かりませんが、「俺がお前たちを守る」が親父の口癖でした。それが親としての責務だって言って。

インタビュアー: その人物が失踪した原因についてお話頂けますか。

SCP-746-JP: [少し間が空く] 僕には、分かりません。

インタビュアー: そうですか。[2秒間の沈黙] それについてはまた詳しく聞きましょう。改めて今日はどうもありがとうございました。

SCP-746-JP: はい。こちらこそ、ありがとうございます。

《記録終了》

報告: 事故現場に自身の千切れた指が転がっていたという旨の発言が気がかりです。事故現場を調査した班の報告によれば、それらしきものは発見されなかったとのことです。その肉片がもし再生可能な大きさであったならば、我々の管理外にあるSCP-746-JPが存在していることになります。捜索隊の編成を進言します。- 碓氷博士

SCP-746-JPが「親父」と称する███氏という人物については、SCP-746-JPの特異性に関する何らかの情報を保有していると推測され、捜索が行われました。その結果、███氏に関する各種記録は全てあらゆるデータベース上から消失しており、公的な記録のみを参照すれば███氏という人物は存在していないことが判明しています。
今のところ、███氏に関する情報源は、彼が所有していたとされる物的なものか、彼と接触したと思しき僅かな人物の証言のみです。それらによれば、███氏はSCP-746-JPの供述通りに2010年4月9日の時点から現在まで行方不明とされています。

追記: SCP-746-JPがB形態の外見について、「体格や顔の作りが親父に似ている」と証言しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。