SCP-751-JP
評価: +59+x
efy02.jpg

収容前のSCP-751-JP

アイテム番号: SCP-751-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-751-JPはサイト-81██の専用収容チャンバーに保存されています。収容チャンバーの壁に20枚の手のひらを模ったマークが印刷されている紙片を貼り、毎日一度それらのマークを確認してください。それらの内一枚にでも変化が発生した場合、Dクラスを用いて貼り換えおよび変化した紙片の処分処置が行われます。また、サイト-81██では、手の形を模ったシンボルマークの使用が禁止されており、またそれらが印刷された物品も持ち込みが禁止されています。
未収容のSCP-751-JPが発見された場合、直ちに同専用収容チャンバーに収容して下さい。

説明: SCP-751-JPは、高さ1.8mの中指だけを立てた手を模った像であり、その主な材質はパラフィンで特別な性質は確認されていません。また、台座の部分には小さく「EVERYBODY,FUCK YOU No.3」と刻まれています。

SCP-751-JPが存在する地点から一定の範囲の中(最大でSCP-751-JPから6.8km離れた地点での発生を確認)において、4日~38日の不定期間隔でSCP-751-JP-1が発生します。SCP-751-JP-1は中指を立てた手を模ったシンボルマークであり、その他の手の形を模ったシンボルマーク1から変化する形で発生します。近い距離に手の形を模ったシンボルマークが存在しない場合に何が起こるのかを検証する実験は行われていません。

efy3b.png

██専門学校のテキストから発見されたSCP-751-JP-1

任意の人間(以下、被検体と呼称)がSCP-751-JP-1を近距離(約4~5m以内)から視認すると、極めて強い怒りの感情と共に記憶の混乱が発生します。これらは一時的なものであり、視認から8週間が経過した頃には通常の人間と比較して目に見えるほどの差異は無くなります。また、被検体にAクラス記憶処理を施す事でも症状は完治します。また、被検体に影響を与えたSCP-751-JP-1はその時点で異常性を失い、他の人物が視認しても影響を受けなくなります。

2011年9月頃より急増した████市における傷害事件の調査の中で、SCP-751-JP-1が発見され、その後██駅前のSCP-751-JP本体の特定に至りました。近隣住民にはSCP-751-JPは気づいたら出現していた、という認識しかなく、その出現の瞬間についての情報は得られませんでした。

サイト-81██への収容後、一度のみ研究員がSCP-751-JP-1を視認してしまい、他の職員に対する暴力を振るう事故(インシデント-751)が発生しました。影響を受けた研究員は拘束され、記憶処理を受ける前にインタビューが行われました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。