SCP-753-JP
評価: +17+x
SCP-753.png

SCP-753-JP

アイテム番号: SCP-753-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-753-JPは標準的なSafeクラスオブジェクト収容ロッカーに鍵をかけられ、保管されます。全ての研究員は現在あらゆる使用実験が中止されていることに留意すべきです。

説明: SCP-753-JPはダンボールと厚紙、その他装飾に使われたカラーテープや油性マジックを使い幼児が作ったような外観をしているボタンです。██県に配置されたエージェントが一帯での不審なポルターガイスト現象を財団に報告し、調査された時に████家の屋根裏部屋で発見されました。家主の夫婦は妊娠する能力を持っていなかったため、子供はいません。当初側面には「がれーじ」と黒く書かれた文字がありましたが、SCP-753-JPの特性によりこれらは変更されています。

SCP-753-JPは、上部にある赤いボタンを押すことで、側面に現れた文字から推測されるシステムのアクティブ/非アクティブを反転する能力を持っています。発見当初表示されていた「がれーじ」は発見された████家のガレージのシャッターを開けることに成功しています。しかし、周辺地域で他の家に異常性が見られないことから、効果を発揮するのはひとつの事例のみに限られると見られています。非アクティブになると表面の文字はその他のランダムなものへと変化しますが、実験記録4より使用されなければ他の文字へ変化する特性を示しています。

現在全ての実験は禁止されています。

実験記録1 - 日付2000/6/13
この実験は半径10 kmの範囲で監視されながら行われる。

表示された文字: 「えあこん」
結果: 観測できず 範囲は財団の初期想定を超えているものとみられる。

実験記録2 - 日付2000/6/15
この実験は半径20 kmの範囲で監視しながら行われる。

表示された文字: 「あんぷ」
結果: 現地で開催された音楽グループのライブ会場のアンプの電源が切れる、ただの偶然であるのか分類不能。

実験記録3 - 日付2000/6/18

表示された文字: 「けーたい」
結果: 観測不可能。財団は一般人のPHSの電源動作が人の手であるかオブジェクトの効果なのか判別できませんでした。

実験記録4 - 日付2000/6/24

表示された文字: 「みさいる」 [実験中止]

追記: 一週間と3時間後に表示が沈むように消え、文字が浮かぶ様子が観測される。
実験記録5 - 日付2000/6/30

表示された文字: 「とびら」
結果: サイト██のメインゲートの開放を確認。職員の███████がゲートを開放する姿が確認され、尋問を行いましたが「なんとなくそうしたかった」との証言を繰り返し処分は保留されています。
メモ: 「とびら」の表記が何故財団施設のメインゲートを指していたのか、その理由について現在研究中です。

実験記録5の後、「いじわるきらい」という文字が表示されました。

インタビュー記録 - 日付2000/7/2:

対象: SCP-753-JP

インタビュアー: █████博士

付記: 表示された「いじわるきらい」の文字から筆談による意思疎通の可能性を探るべく実験を行いました。筆談はオブジェクト側面に鉛筆で記入すると、記入した文字が消え、返答と思わしき文字が浮かび上がることで成立しています。インタビューに際してこの間、スイッチを押すことによる異常な装置の作動などは観測できなかった。

<録音開始, 2000/7/2>

█████博士: 「なにがしたいの?」

SCP-753-JP: 「こーえんにいきたいの」

█████博士: 「こーえんでなにをしたいの?」

SCP-753-JP: 「ぶらこんにのりたいんだ」

█████博士:「なにがいじわるなんだい?」

SCP-753-JP: 「おじさんたちはぼくのこときらいなんでしょ?」(文章の改行がなく側面を超えて他の面まで届いている)

█████博士: 「そんなわけないじゃないか」

SCP-753-JP: 「うそ」

█████博士: 「なんでうそだっておもうんだい?」

SCP-753-JP: 「みんなうそつくんだ!ぼくはびょうきじゃなかったのに!」

█████博士: 「なんのことだい?ぼくたちはきみをしらないんだ」

SCP-753-JP: 「うそだ!みんなそうやってきたんでしょ!おぼえてないだけだ!」

█████博士: 「おかあさんのことかい?」

SCP-753-JP: 「おかあさんはびょうきじゃなかった!なのにびょうきだっていわれたんだ!」

█████博士: 「███のこと?おかあさんはびょうきでしかたなかったんだ」

SCP-753-JP: 「うそついたんだ!おとうさんが!」

█████博士: 「おとうさんはうそなんかついていないよ」

SCP-753-JP: 「うそだきみはおとうさんじゃないくせに」

█████博士: 「どうしてわかるんだい?」

SCP-753-JP: 「おとうさんはそんなこといわない!」

█████博士: 「おとうさんにあいたい?」

5分13秒返答なし

SCP-753-JP: 「あいたい けどみんなきらい」

<録音終了>

終了報告書: これ以上の返答はなく、対象はこの後19時間休止状態に陥りました。

実験記録6 - 日付2000/7/3
これより全ての実験を禁止

表示された文字: 「█████」
結果:[未使用] 現在まで表示は変化せず
補遺:█████は米国政府の保有するICBM世界同時展開の最終起動スイッチであると推測されています。これ以降の筆談の試みは全て失敗に終わっています。

実験記録7 - 日付2014/4/8

表示された文字: 「いま」
結果: ██████████████
財団は現在自体収束に向けて尽力していますが収集の目処は付かず、抜本的な収束案があれば誰でも█████博士へ提案してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。