SCP-754-JP
評価: +13+x
大洗市.jpg

富山県██町

アイテム番号: SCP-754-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: 襲撃作戦「鮭漁」以降、SCP-754-JPは確認されていません。SCP-754-JPが確認された際は、機動部隊ね-33("サーモンライダー")が派遣され、事態の収拾とSCP-754-JP-Aの終了が行われます。

説明: SCP-754-JPは日本生類創研の関与が確認されている、富山県██町1で発生した人体変異です。SCP-754-JPは██町へ滞在した時間の累計に応じて段階的に症状を発現します。この症状は不可逆的なものであり、SCP-754-JPの発現者(以下、対象)、並びにSCP-754-JP-Aを回復する試みはすべて失敗しています。また、元より██町に在住している人間には発現が確認されていません。
段階 累計滞在時間 症状
第1段階 6時~72時間 ██町に対して好印象を抱き、再度の来訪を望むようになります。この意識への影響は微弱な物であり、対象の人格を無視するほどではありません。
第2段階 72時間~168時間 ██町に対して郷土意識を抱きます。対象は██町を出身地だと公言するようになり、本来の出身地を忘却したような振舞をします。この意識への影響は強力な物であり、対象の人格や記憶を改竄します。
第3段階 168時間~ SCP-754-JP-Aへ変異します。この時点で、対象の人格は完全に破壊され、意思の疎通は不可能です。SCP-754-JP-Aへ変異した対象は、本来の出身地へ移動し、SCP-754-JP-Bを放出後、絶命します。

SCP-754-JP-Aは、第3段階まで症状が進行した対象が変異した姿であり、外見的な特徴として全長2mほどの鮭(Oncorhynchus keta)から人間の手足が生えた見た目をしています。河川や海洋を快速で遊泳でき、SCP-754-JP-Bを放出する能力を持ちます。

SCP-754-JP-Bは、外見的な特徴としてイクラ(ikra)に似た見た目をしており、薄膜の破裂時に発火する性質を持ちます。薄膜や内用液は未知の成分で構成されており、発火のメカニズムは解明されていません。

記録: エージェント・日野は、SCP-754-JPの最初の対象者です。新潟県███市の出身者ですが、██町出身を自称し始めたため、財団からの注目を集めていました。当時の記録はSCP-754-JPの再発生に備え保管されます。

補遺: 財団の調査の結果、██町の中心部に存在する工場施設が、日本生類創研の隠匿された研究サイトである事が判明しました。当時、工場施設の排気煙突からは未知の物質が放出されており、██町全域の大気を汚染していました。この物質が人体変異を引き起したミュータジェンと考えられていますが、詳細な研究成果を得るに至っていません。財団はこの工場施設への襲撃作戦「鮭漁」を計画、これに成功しました。襲撃作戦「鮭漁」以降、工場施設は機能は日本生類創研の自爆装置により停止し、SCP-754-JPは確認されていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。