SCP-757
評価: 0+x
757.jpg

モモの実をつけた状態のSCP-757

アイテム番号: SCP-757

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-757は生物サイト-103の菜園区画に移植されました。この区画は常時監視下に置かれます。このSCPへの接近にはレベル3職員からの許可が必要です。収容区画内は月に2回、腐敗した果実を取り除き綺麗にします。また、それらの果実は現地で焼却処分されます。

説明: SCP-757は3.63メートルの高さのPrunus perisica(一般的なモモの木)によく似た果樹です。木材の質感や、折れやすい、傷つきやすい、また容易に燃えるなどの特徴は、リンゴの木と同一です。葉は一般的なモモの木のものと同一です。

夜明けごとにSCP-757は新たな果実をつけ、これらは総称してSCP-757-1と呼ばれます。果実は平均して5分で成長しますが、果実の大きさがその成長時間に比例します。果実は日中は枝についた状態で存在し、日没時に地面に落下し、ほぼ瞬時に腐敗します。SCP-757-1の腐敗にかかる時間はその大きさに比例します。SCP-757になった状態のSCP-757-1を人間が目視すると、SCP-757-1を食べたいという軽度の欲求が表れます。その味は例外なく「非常に甘く」、「おいしい」と報告されています。

人間がSCP-757-1を一口でも食べると、その人物の腹部前面に新たな臓器が形成されます。この過程は非常に強い痛みを伴うことが報告されています。一週間の間に、消費したものと同じ種の果実が腹部前面の臓器内に形成され、さらなる痛みや目視できるほどの腫れを引き起こします(また、果実が非常に巨大な場合は、内臓組織の損傷が確認されました)。果実が成熟した際、強制的に食道に繋がる管が形成され、口から果実を射出できるように生体組織が変形させられます。これによりほぼ常に果実が通過した生体組織は恒久的な損傷を受けますが、排出の過程で果実自体はある程度の変形しか受けません。排出された果実は常に正常なものであり、消費された果物の種に完全に一致します。排出された果実にSCP-757-1の特性は確認されていません。

SCP-757が生成する果実は頻度が高い順に以下の通りです。桃、プラム、リンゴ、ナシ、スイカ、バナナ、パイナップル、イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、キンカン、キウィフルーツ、レモン、(1事例のみ)カボチャ。

現在SCP-757の引き起こす症例に対する治療は存在しません。果実が排出される前に形成された新しい臓器を外科的手段で切除した場合、切除された部分に初めと同じスピードで新しい臓器が再形成されます。これらの症例の物理的、科学的、遺伝子的、また外部からの原因を特定するための研究は保留されています。またSCP-757-1のジュースがその特異な効果を保有しているかどうかを判断する実験の承認は保留されています。SCP-757をSCP-1147と配合させる提案は却下されました。

SCP-757は地元の新聞に果物を吐き戻す住民の記事がいくつか掲載された後、██████, ████████において回収されました。最終的にSCP-757は廃屋の裏庭で発見されました。その地下には大量の腐敗した果実が、数体の栄養失調の死体とともに発見されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。