SCP-760-JP
評価: +21+x

アイテム番号: SCP-760-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団内部で新たな申請書式を作成する場合、それがどのような手続きであっても必ず新規書式承認プロトコルに従う必要があることをCクラス以上の財団職員全員に定期的に教育し徹底させます。
SCP-760-JPは現在収容されておらず、今後も収容は困難であると推測されますが、出現範囲が財団内部に限定されることから現状を維持しています。カバーストーリー"記入例"を適用し、SCP-760-JPに関する情報の漏出を防止して下さい。

説明: SCP-760-JPは財団内で使用される申請書類に対して発生する異常現象です。何らかの事由により申請書式が作成された場合、即座に「SCP太郎」なる人物(以降、SCP-760-JP-1と呼称)により手続きが行なわれ、実際にその申請内容が有効化されます。上長捺印に代表される手続き中の承認フローはその全てが適切な権限により承認された状態となっていますが、該当する承認者はいずれも財団内に実在しておらず、SCP-760-JPの特異性により情報改竄が行なわれているものと推測されています。財団内の申請処理は原則として「行為の開始手続き」と「行為の終了手続き」のセットにより構成されるため、新規書式承認プロトコルに従う限りSCP-760-JPによる被害が発生することは極めて稀です。
SCP-760-JP-1実体はこれまでに確認されたことは無く、その特性を利用した収容作戦が過去██回実行されていますが、いずれも成果を得られていません。記録が全て正しいとした場合SCP-760-JP-1はそれぞれ矛盾する複数の経歴を保有することになり、複数の収容施設や非公開オブジェクト情報へのアクセス権を有するなどレベル5相当の極めて強力な権限を所持している可能性が指摘されています。

以下はこれまでに発生したSCP-760-JPの代表例です。詳細な記録については別添文書を参照してください。

SCP-760-JP発生記録

申請書式: サイト-8181入館申請書

申請者: SCP-760-JP-1

概要: サイト-8181内の低セキュリティ区画への入館申請

補遺: 申請書内の退館記録によれば入館してから120分後に退館したことになっているが、監視カメラや警備員はSCP-760-JP-1の存在を一切認知していない。サイト-8181内の収容区画への影響は確認できず。

申請書式: 休暇取得申請書

申請者: SCP-760-JP-1

概要: 20██/██/██から連続30日間の休暇取得申請

補遺: 申請は受理されているが、財団内の職員管理システムには該当する職員の登録が存在しないためエラーとなっている。休暇取得申請書は当時の新規書式承認プロトコルの対象外だったため対となる終了の手続きは作成されていなかった。収容違反防止のため、以後は全ての申請書式を再評価して新規書式承認プロトコルの遵守を徹底することとなった。

申請書式: Dクラス職員登録申請書

申請者: SCP-760-JP-1

概要: SCP次郎(以後、SCP-760-JP-2として管理)なる人物をDクラス職員として雇用する手続き

補遺: 該当するDクラス職員は確認できず。SCP-760-JP-2は本申請と対となるDクラス職員終了報告書により18時間後に終了されている。この18時間のタイムラグは登録申請書と終了報告書の新規書式承認プロトコル通過時刻の差と一致していることから、対となる申請書式は同時に新規書式承認プロトコルを受けるよう改定済み。

申請書式: サイト-81██ レベル4セキュリティクリアランス権限登録書

申請者: SCP-760-JP-1

概要: SCP花子(以後、SCP-760-JP-3として管理)なる人物にサイト-81██におけるレベル4セキュリティクリアランスの権限を付与する申請

補遺: 本申請の1分後に対となる権限抹消申請が登録されている。本手続きの影響による情報流出は確認できず。

申請書式: 収容開始登録書

申請者: SCP-760-JP-1

概要: SCP-760-JP-3をSCP-[編集済]-JPとしてサイト-81██に収容するための手続き

補遺: 本手続きの直後に収容終了手続きが行なわれている。アイテム番号をはじめとして収容開始登録書の記載事項と一致する情報は財団データベース上には存在していない。

 


 
財団が██県██市内に保有する貸し会議室をサイト-814█に指定し、専用利用書式によるSCP-760-JPの発生実験を実施しました。この実験は20██/██/██より開始され、現在も継続中です。
 
SCP-760-JP実験記録

 
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。