SCP-767-JP
評価: +39+x
ZNOMkc5V.jpg

初期収容時のSCP-767-JP。内部には溺死したSCP-767-JP-1が入っていた。

3968881655_459b787727_o.jpg

SCP-767-JP-1と同品種のウサギ。

アイテム番号: SCP-767-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-767-JPはサイト-81SGの第3規格静止物収容室に収容されます。SCP-767-JP-1の発生が収容室に設置した4台の監視カメラによって確認され次第、SCP-767-JP-1は検査解剖の後に焼却されなければなりません。SCP-767-JP-1を摘出する際、SCP-767-JPの部分的な解体が認められています。

いかなるクラスの記憶補強薬(Mnestics)1を服用している職員も、一切のSCP-767-JPに関する業務に割り当てられることはありません。

説明: SCP-767-JPは一缶の極度に劣化した18L缶2であり、周囲の大気からは常に2-ノネナール3が検出され、それに伴う悪臭も確認できます。SCP-767-JP内部には特に強い悪臭のみが観測されるものの、SCP-767-JPは一般的な空の18L缶より大きな重量を持ち、比較して1.0kgの差が認められます。

突発的にSCP-767-JPとその内部が変容し、内部にSCP-767-JP-1と定義されるネザーランドドワーフ種のカイウサギ(Oryctolagus cuniculus)の老年期死体が確認される事象が発生します。現在までに確認されたその死因のリストは以下の通りです。

  • 鋭利な刃物を用いて行われたと推測される複数回の刺突による死亡(57例)
  • SCP-767-JP側面中央に発生した衝撃に起因する多数の骨折と内蔵破損(189例)
  • 内部への液体充填による溺死。全ての事例において液体は特に老年期のヒト唾液と分析された(209例)
  • タオルによる絞殺。タオルに異常は認められない(378例)
  • 肝リピドーシス4(1例)

発生したSCP-767-JP-1はその後自身へ段階的な自己隠蔽性の情報侵襲を発生させ、72時間程度で各SCP-767-JP-1実例に関して提供された情報は消滅するか、認識できなくなると推測されています。この自己隠蔽は侵襲が完了する前にSCP-767-JP-1の体組織を熱的に破壊することで無力化されます。SCP-767-JPはこの熱的破壊か、情報侵襲が完了した時自己とその内部環境を復元します。情報侵襲が完了した後、SCP-767-JP-1がどのような状態となるのかは不明です。
 
SCP-767-JPは大阪府の老人介護施設近辺で、内部のSCP-767-JP-1と共に回収されました。該当の施設はいくつかの経営的・人的問題がみられたものの、異常は認められませんでした。

実験記録767-JP-14 - 2008/06/17

対象: 選抜されたエージェントで構成される部隊

実施方法: クラスW記憶補強薬を服用した部隊に交代でSCP-767-JPを監視させ、その異常性質を調査する。

結果: [削除済/情報災害キャリア]

分析: 調査は凍結されます。収容手順の変更は必要とされません。

探査ログ:767-JP:[削除済/情報災害キャリア]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。